Shirota、2500安打達成 ['020 5月後半 OOTP 野球 架空リーグ 日記]

プエルト・プラタの Shirota 外野手(33)が2500安打、シェットランドの Kawazu 外野手(34)が2000安打、船橋の Kawashimo 外野手(24)がサイクル安打を達成。他に、浜名の Stahl 外野手(35)が脳震とうの影響で引退したことなど、5月後半のまとめ。


【 OOTP19 暦20年 5/16~5/31】


☆Shirota、2500安打達成
5/26
WS003786-T.JPG
プエルト・プラタ・バッカニアーズの Seiichi Shirota 外野手(33)が、インターリーグのシドニー・ウォンバッツ戦でヒットを打って、史上6人目のメジャー通算2500安打を達成した。

3番センターで先発出場した Shirota 選手は、2本塁打を含む5打数3安打をマークして、通算記録を2502に伸ばした。


*Shirota 選手の年度別打撃成績・通算成績

WS003787-A.JPG

■Shirota 選手の略歴
05年にドラフト1巡目でプエルト・プラタ・バッカニアーズに入団。滋賀湖畔高校卒。
メジャー期間14年目。年俸$3700万(37億円)。左打ち。東京都三鷹市出身。

17年2月にプエルト・プラタと7年総額$2億4600万(246億円)で契約を延長。

通算2502安打、打率320、本557、打点1514、盗塁29、三振1558、出塁率378、長打率606。

19年3/20に500本塁打、20年5/5に1500打点を達成。
最多安打4回、首位打者3回、本塁打王3回、打点王2回。
3冠王1回(11年)。

MVP2回、オールスター出場9回。


*歴代最多安打数トップ10

WS003788.JPG




☆Kawazu、2000安打達成
5/24
WS003784.JPG

シェットランド・シープドッグスの Yuu'to Kawazu 外野手(34)が、インターリーグのシドニー・ウォンバッツ戦でヒットを打って、史上46人目のメジャー通算2000安打を達成した。

6番DHで先発出場した Kawazu 選手は、4回表に逆転の2ランを放つなど3安打をマークして、通算記録を2002とした。


*Kawazu 選手の年度別打撃成績・通算成績

WS003785.JPG


■Kawazu 選手の略歴
04年、ドラフト1巡目で札幌ベアーズに入団。奥州大盛岡高校卒。
メジャー期間14年目。年俸$296万(2.9億円)。左打ち。岐阜県養老町出身。
11年オフに札幌と最大6年総額$1億2990万(129.9億円)で契約を延長。17年オフにFAとなり、シェットランドと3年総額$864万で契約。

通算2002安打、打率269、本352、打点1124、盗塁230、三振1399、出塁率372、長打率493という成績。

18年9/11に1000打点を達成。

タイトル獲得無し。
リーグMVP1回。オールスター出場2回。



☆Kawashimo がサイクル安打
5/28

WS003792-A.JPG

船橋フロンティアーズの Teruhide Kawashimo 外野手(24)が交流戦の浜名パイレーツ戦でサイクルヒットを達成した。

1番センターで先発出場した Kawashimo 。
第1打席で同点ソロを放つと、第2打席では出にくい3塁打を打って記録への期待を一気に高めた。そして、第3打席に単打を放って王手をかけると、満塁のチャンスで迎えた第4打席で走者一掃のツーベースを打って偉業を達成した。

この日は第5打席にもシングルヒットをマークして、6打数5安打・4打点という打撃結果だった。

15年ドラフト1巡目で船橋フロンティアーズに入団。晴海大自由が丘高校卒。
メジャー期間3年目。年俸$15万(1500万円)。左打ち。徳島県阿南市出身。



☆Stahl 選手、電撃引退へ
5/29
WS003794.JPG

歴代7位の安打数記録を持つ浜名パイレーツの Segfried Stahl 外野手(35)が引退することになってしまいました。
27日の試合の守備で脳震とうを起こし、今後の選手生活を送るのが困難と診断されたためです。

WS003795-A.JPG

今季はこれまで、安打数がスリーグ5位タイ(81安打)で、通算安打数も節目の2500まであと5本に迫っていたし、ケガによる突然の引退は残念。

FAなどで移籍が当たり前の中、浜名ひと筋のベテラン選手でした。


*Stahl 選手の年度別打撃成績・通算成績

WS003795.JPG

■Stahl 選手の略歴
03年、ドラフト1巡目で浜名パイレーツに入団。金鯱学園高校卒。
メジャー15年目。年俸$2640万(26.4億円)。左打ち。ドイツ出身。

通算2495安打、打率293、本359、打点1287、盗塁371、三振1408、出塁率374、長打率486という成績。

16年5/13にサイクル安打、17年4/12に1000打点、17年6/7に2000安打を達成。

タイトル獲得無し。
06年新人王。
リーグMVP1回。ゴールデングラブ賞7回。
オールスター出場6回。




☆その他の主なニュース

5/16
・Colin West 外野手(31 台南ドラゴンズ)
 新潟キングフィッシャーズ戦でヒットを打って、通算1500安打を達成。この日は2安打で、通算記録を1501に伸ばした。


5/17
・Tamenori Yokoe 外野手(32 倉敷マスカッツ)

WS003782.JPG

 船橋フロンティアーズ戦でヒットを打って、通算1500安打を達成。この日は2安打(1本塁打)で、通算記録を1501に伸ばした。


5/20
・山形ウルトラウィングス

WS003790.JPG

山形は9回表、クローザーの Ootsu 投手(29)が3点差を守りきれずに追いつかれる。延長10回表には、4番手のSenda (26)が勝ち越しを許した。
しかし、その裏1死2・3塁から5番 Walker 捕手(27)のヒットでサヨナラ勝ち。殊勲打の Walker は、リード面の失敗をバットで返せたと胸を撫で下ろす。


5/21
・Tokihide Tsuji 投手(36 神戸バイキングス)

WS003783.JPG

 交流戦のポートランド・ペンギンズ戦でセーブを記録して、両リーグを通じて20セーブ1番乗り。


5/27
・Moritsuna Shimosaka 外野手(23 長崎セインツ)

WS003791.JPG

 交流戦の東京エレファンツ戦で3塁打1本を含む5打数5安打、3打点の活躍でチームの勝利に貢献。




*5/31時点の個人成績(両リーグ統合)

WS003796.JPG



*5/31時点のスリーグ順位表

WS003797.JPG
L10=最近10試合の成績
strk=連勝/連敗 Wx=X連勝中、Lx=X連敗中

オーシャン地区は、スリーグ覇者の下関ディアーズが期間中9勝5敗で前回1差の2位から首位に立った。神戸バイキングスは7勝7敗の5割で首位の座を明け渡した。3位の湘南ホワイトシャークスも7勝7敗の5割。4位の信濃アプリコッツは4勝11敗と失速して上位争いから脱落。

マウンテン地区は、首位の上海コンドルズが10勝4敗で貯金を上積み。前回5ゲーム差の2位だった東海グリフィンズは8勝7敗で3位に後退。ゲーム差なしの2位だった徳島ロングホーンズは8勝6敗で2位に浮上も、上海の背中は遠くなった。4位のシドニー・ウォンバッツは4勝9敗で、2位グループからも脱落した。

フォレスト地区は、首位の金沢ゴールドリーフと2位のヴィラクララ・サンダーボルツがともに10勝5敗で差は変わらず。3位の山形ウルトラウィングスは6勝8敗と負け越して、上位2強との差がさらに3.5ゲームひらいた。



*5/31時点のサリーグ順位表

WS003798.JPG

オーシャン地区は、前回1.5ゲーム差の4位だった博多ビーバーズが期間中12勝3敗と大きく勝ち越して首位に立った。同率首位だったBCベルサイユとポートランド・ペンギンズは、8勝6敗で2ゲーム差の2位タイ。同じく同率首位だったソウル・ラクーンズは3勝11敗と大失速して7ゲーム差の4位に沈んだ。

マウンテン地区は、首位の琉球ドルフィンズが7勝6敗と1つの勝ち越しに終わった。2位の高知モナークスは6勝8敗と負け越して、首位との差がさらに1.5ゲームひらいた。9勝6敗だった札幌ベアーズは首位との差を1つ縮めるとともに順位を1つ上げた。前回3位の仙台フェニックスは5勝9敗で4位に転落。

フォレスト地区は、前回半ゲーム差の2位だったシェットランド・シープドッグスが10勝4敗で、再び首位を奪還。VLPB王者の新潟キングフィッシャーズは、8勝6敗と勝ち越しも2位に転落。3位の台南ドラゴンズも8勝6敗で、ライバルたちを追走している。



*ヴィラクララ・サンダーボルツの主な投打成績

WS003799.JPG



*新潟キングフィッシャーズの主な投打成績

"Shirota、2500安打達成 ['020 5月後半 OOTP 野球 架空リーグ 日記]"へのコメントを書く

お名前:[必須入力]
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント:[必須入力]