大河ドラマ 感想 真田丸 第45回「完封」

決戦を前に「赤備え」繋がりで来年の大河ドラマをネタとして突っこんでくるとは…(クスクス)。徳川軍を挑発するために、かつて幸村がやったアレを大介にやらせていたのも、懐かしくそして面白かった(笑)。あと、淀殿のフリルな陣羽織にも目がテン。


さて、タイミングよく城周辺の砦を落とされたんで、毛利勝永が内通者がいると察知しました。幸村には心当たりがあったようで、有楽斎のジジィにトラップを仕掛けました。

有楽斎のジジィ、あっさりと尻尾をだしましたわい。


信之は福島正則から兵糧を大坂城へ届けたいので協力してほしいと頼まれました。でも、徳川に忠義を尽くす手前、それはできぬ話。現妻の稲さんにも相談しましたが、当然のように反対されました。

しかし、元妻おこうさんは兵糧蔵を調べてくれていました。
でも、蔵にあるのが蕎麦の実で、蕎麦がきにすればって、相変わらずコメは無いんかい!


敵役の家康公。今週もネチネチといい塩梅(笑)。
関ヶ原の時に刃向かった上杉と、幸村の甥っ子・信吉に真田丸攻めを命じました。

佐助は信吉の陣に出入りしていたようで、この情報を幸村へ。

幸村は真田同士で戦うのを避けるために、ただちに徳川勢を挑発して開戦しちゃいました。

真田丸の仕掛けはエグいくらいに奏功して、打ち寄せた徳川軍を完膚なきまでにしました。

来週の予告では、淀殿の居室を狙って砲撃しそうで、家康のネチっこさが来週も見られそうです。


堺雅人さんの真田丸ロケ後のインタビューが公式サイトに載っておりました。
こちら



第46回


前回

"大河ドラマ 感想 真田丸 第45回「完封」"へのコメントを書く

お名前:[必須入力]
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント:[必須入力]