大河ドラマ 感想 真田丸 第42回「味方」

幸村の抵抗勢力として1枚岩だとおもっていた又兵衛と勝永でしたが、勝永の「格の違い」発言で2人が喧嘩になったりして(笑)、豊臣方の寄せ集め感がよく出ていました。


豊臣方の総大将をだれにするのか。

秀頼公に頼まれて、幸村が内定しておりましたが、案の定と言いますか、又兵衛が異論を唱えました。後からやってきた幸村の指揮に従うのが不満な様子。

すったもんだで、秀頼公の下、軍を5人の大将に預けて権限は平等に――、ということになりました。その5人の中に又兵衛も含まれていたので、又兵衛も納得。

何だか、声の大きな人の意見が通りました的な会議でありました。
そんな又兵衛らを説得することも、諸事きっぱりと決断できない大野治長でありました。

少し前に、三成がやっていた差配を今は治長が一手に引き受けていることを幸村との会話で出てきていましたが、こうして見ると三成の有能さが際立って見えましたね。

14年の歳月は、豊臣家から有能な人材が失われた日々でもあったようです。

10余万の兵――とはいえ、寄せ集め集団の豊臣方。
でも、幸村は個々の志の強さに勝機を見出しているようです。


さて、幸村が大阪城に入ったことに驚愕した家康。さっそく戦支度を始めました。
戦後、秀頼は遠国に追いやって静かに生活させようと考えていたようですが、阿茶は「豊臣家を滅ぼせ」と家康の尻を叩きました。いや~、怖いお人です。というか、ヒール役を家康に代わって阿茶がやろうというのですかね?(笑)


大坂攻めとなり、信之の息子2人が病気の信之に代わって参陣となりました。松の「危なくなったら、後ろに下がって声だけを上げていなさい」というアドバイスに一同失笑。

逃げるは恥だが役に立つ…ですかな。


佐助は幸村の手紙を持って信之のもとにやってきました。
幸村の大阪入城は信之にとっても由々しき事態だったようです。

佐助は別の用事を幸村から託されておりました。それは、堀田作兵衛を呼び寄せること。作兵衛は、すえの仮祝言を見てから大坂へ出立することにしました。でも、そのことで大坂行が信之にバレる結果に相成りました。

信之は作兵衛を斬ってでも大坂行きを阻止しようとしました。

年老いたとはいえ、信之の腕に作兵衛はかなわず。
(作兵衛は体格いいのに、意外と見かけ倒しでした(笑)。大坂に行って役に立つんかいな…)
「これまで」と思った瞬間、信之の持病である手のしびれが発症しました。

作兵衛はわざとそうしたのだと勘違いして、礼を述べて去っていきました。いやはや、緊迫感から一転、コミカルな主従の別れになりました。


次回は、抵抗勢力だった又兵衛らとは一致団結しそうな雰囲気ですが、今度は淀殿が最大の抵抗勢力として幸村の前に現われてきそうです。



第43回


前回

"大河ドラマ 感想 真田丸 第42回「味方」"へのコメントを書く

お名前:[必須入力]
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント:[必須入力]