大河ドラマ 感想 真田丸 第37回「信之」

超高速参勤交代並みに(?)あっという間に終わってしまった関ヶ原。せっかく徳川秀忠軍に勝利したのに家康に降伏しなきゃいけなくなり、昌幸はへたりこんだ廊下の床を叩きながらくやしがりました。

犬伏での約束通り、勝った信幸が父弟を助けるべく、家康に命乞いをするため大坂へ向かうことに。お稲さんは反対しているご様子でした。

舅の本多忠勝は信幸の父子愛にほだされて、同道することになりました。
信幸は心強い味方を得られたのでした。


昌幸に裏切られたことをネチネチと根に持つ家康は、昌幸父子に死罪を命じるつもりでしたが、忠勝の徳川勢と1戦交えることも厭わない覚悟に軟化したようです。

父弟の命を守ることができてホッとした信幸でしたが、家康から親子の縁を切れと言われ、さらに信幸の「幸」の字を捨てろと命じられて、泣く泣く承知。「……かしこまりました」と返答するまでの一瞬の間に、信幸の苦悩と父たちとの思い出が頭のなかに巡ったのかもしれませぬ。


九度山に蟄居と決まった昌幸と信繁。
大阪城で家康と対面。

昌幸憎しな家康のドSっぷりが、ある意味よかったです。
死罪にするよりも、精神的に締めあげて生き地獄を味あわせるなんて、クライマックスに向けて悪役キャラが染みでてきましたわい(笑)。

「いつか、ぶちのめしてやるッ」と信繁は心の中で誓った瞬間かもしれません。

これから、豊臣家に対する家康のゲスッぷりが発揮されそうで、怖いような楽しみなような…。


淀殿は信繁が居ると聞かされても、会おうとはせず。
「いつか、また会える気がいたします」
って、1人スピリチュアルな世界にいるみたいでした。

もう少し家来を大事にしましょうよと思った次第です。


真田信之役の大泉洋さんのインタビューが真田丸の公式サイトに載っていました。
コチラです。



第38回


前回

"大河ドラマ 感想 真田丸 第37回「信之」"へのコメントを書く

お名前:[必須入力]
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント:[必須入力]