大河ドラマ 感想 真田丸 第30回「黄昏」

朽ちていく秀吉様の最晩年話が長い。それで、お漏らしネタが再び…。今度は家康などの公衆の面前でした。今回は膝に抱いていた拾クンのせいにしておりましたわ。人が老い・衰えていくところを見るのは切ないものです。

色んなところが衰えたとはいえ、伴天連たちを処刑するなど鬼畜っぷりだけは健在です。



秀吉亡き後の世を心配する信幸兄さん(大泉洋)。秀吉の容体という最高機密を巡って信繁(堺雅人)とぎくしゃくしてしまいましたが、天下大乱を望んでいるのではないことを信繁に話して、歩み寄りを見せました。



歩み寄りといえば、お稲さん(吉田羊)も人の親となり、徳川のスパイから真田の家の者へと変わろうという兆しが見えはじめました。父・本多忠勝からの密書などを信幸に見せて、自分の役目を正直に打ち明けました。

真田を拒否る能面顔のお稲さんの姿勢は、もうこのまま変わらないんじゃないかとおもっていましたが、信幸との間に子ができたことが真田ひいては信幸に対して心を開くきっかけになっていくんですね、きっと。

今はお稲とおこうが対照的に描かれているので(大河序盤では母上様とおこう)、お稲さんが心を開いて明るくなっていくかわりに、おこうさんが昔のような暗いキャラに戻らなければいいのですが(笑)。

(暗いキャラ担当にきりちゃんがなりそうな嫌な予感もしますが…)



さて、秀吉の傍に仕える信繁は信繁で、豊臣への義と真田家との間で板挟みになって苦しんでいました。でも、大谷吉継の「自分の道を進め」というアドバイスで吹っ切れたようでした。


それで、信繁は信幸に秀吉の病状を正直に打ち明け、その情報がスパイ役だったお稲ではなく信幸自身の口から舅の本多忠勝に伝えられたようです。

信幸―信繁兄弟や信幸―お稲の間にあった小さな軋轢がなくなり、真田家には取りあえずメデタシな回になりました。

昌幸父さん(草刈正雄)が徳川の間者(吉野太夫)に鼻の下を長くしていたのはご愛嬌(笑)。




秀吉様の形見分けの場。

三成と片桐さんは形見を頂けたのに、今現在傍で仕えている信繁は「お前は知らん」と秀吉様に言われてしまい、形見分けはなし。

(片桐さんが自分と三成の物を比べて落胆するのはご愛嬌)

形見を貰う貰わないより、秀吉様の記憶から自分の存在が消えてしまっていることが悲しい信繁です。

(片桐さんが形見を貰えなかった信繁に優越感を感じていたのもご愛嬌)


が、秀吉様と初対面したときの場面が再現されました!
あのころは良かった…的なやつなんでしょうか。

観てるこちらは、先週に引き続きタイムリープ感覚。
秀吉も信繁もあのころと違って年を取っております。秀吉はもう、老い先短い――。
二人のやり取りの黄昏感が半端なくて、物悲しさが胸に迫ってきました。



第31回


前回

"大河ドラマ 感想 真田丸 第30回「黄昏」"へのコメントを書く

お名前:[必須入力]
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント:[必須入力]