大河ドラマ 感想 真田丸 第25回「別離」

今週は利休の切腹だぁとおもって観はじめたら、石田三成や大谷吉継が利休の祟りだとかナンとか言って、すでに利休が亡くなっている前提で話が進んでいるので、1話分見逃したかとおもった(毎週欠かさず見ているっていうのに…)。


利休の死が、三谷大河特有のナレーション扱いかと思われましたが、鶴松君の病と絡めた展開になっておりました。


さて、鉄砲玉の原料になる証拠の鉛を見せられた利休(桂文枝)。
「戦は儲かりまっせ」とは、現代にも通じる死の商人のセリフでした。

そんな利休が信繁(堺雅人)に点てたドロリとした緑色の茶は、とても苦そうでした。


大徳寺の山門に置かれた利休像のエピソード。
”鶴松”と”利休の祟り”とを絡めるために大徳寺に預けるよう茶々(竹内結子)が進言したことになっていました。
清正の井戸の一件以来、なにやら、茶々が絡むとホラーテイストになりますね(笑)。


鶴松が死んで、寧(鈴木京香)の胸で大泣きした茶々。ようやく、感情が表に出てくるようになったのかな。これから迎える豊臣家崩壊の中でどういう感情がほとばしり出てくるのでしょうね? 信長のような気性の激しいところが出てきたら怖そうですけど…。



豊臣家は長く続かない。

そのへんの講釈を、何かと因縁のある昌幸父さん(草刈正雄)と家康(内野聖陽)で交互に語らせていました(笑)。慌ただしさが、豊臣政権内部でうごめくであろう駆引きの予兆のように感じられました。


一方、沼田では稲(吉田羊)の仏頂面は相変わらずです。信幸(大泉洋)に迫られると「人を呼びます!」って拒否る始末。まだまだ信幸や真田家に対して心を許していない様子。
そんなんで、信幸はおこうさん(長野里美)のところに行って癒しを求めちゃいました。

真田丸序盤で放っていたマイナスオーラが嘘のようで、とてもキラキラしていて、フラ~リと行ってしまう信幸の気持ちがわからんでもないです。


第26回


前回

"大河ドラマ 感想 真田丸 第25回「別離」"へのコメントを書く

お名前:[必須入力]
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント:[必須入力]