大河ドラマ 感想 真田丸 第16回「表裏」

稲役の吉田羊さんがお目見え。薙刀振って凛々しい娘さん。着物といい、思いっきり若作りで、可愛らしくありました。が、毎度ながらこのときの登場人物の歳はいくつなんだ? と困惑半分(笑)。でも、旬な女優さんの登場で、楽しみが増えまするぅ~。


今回は井戸にまつわるホラーテイストな回。
貞子は出てきませなんだ。ただ、茶々(竹内結子)に好かれると、あの世行き~。

例の側付きの若侍・立花権三(吉田ボイス)が井戸に落ちて死んだとのこと。事件の裏に秀吉の嫉妬が絡んでいるとかいないとか(実行したのは加藤清正さん)。

どうやら立花権三は架空の人物のようで、そういう役回りの設定だったんですかね。清正さんの機転でどこかに匿われていたらいいんだけれど、退場するときはあっさりと退場するのが本作のようなので、期待薄なのかな。


そんなわけで、秀吉の嫉妬を買わないように茶々から距離を取ろうという信繁(堺雅人)ですが、”好みの顔”が茶々を引きつけちゃうみたいで、何かとお誘いの魔の手(?)が伸びてきます。
茶々絡みで消された人間が複数。彼女は魔性のオンナであります。


信繁から上田に帰れと言われたきりちゃん(長澤まさみ)でしたが、「信繁さまの傍に居たいから!」と、断固拒否。喧嘩にまでなってしまいました。でも、ただで起きないきりちゃんは、ちゃっかり寧(鈴木京香)のお側で仕えはじめておりました。

引っ掻きまわし役なきりちゃんですが、しっかりと豊臣家の中枢に入りこんでいて、これから転落していく豊臣家の裏事情を信繁に伝える役どころになるんだろうか。


さて、徳川による真田討伐が秀吉によって許可されちゃいました。でも、秀吉は本気で真田を潰そうと思っているわけでもなさそうで、すっかり大国同士の駆け引きのダシに使われてしまった感の弱小・真田家。

お家の危機を知った信繁は大慌て。秀吉や三成を探しに城中を駆けまわる。
そして目にしたのが、茶々の姿。
何やら策を思いついたような表情の信繁でしたが、色んな意味で怖い茶々にすがるんですかい。



第17回へ


前回

"大河ドラマ 感想 真田丸 第16回「表裏」"へのコメントを書く

お名前:[必須入力]
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント:[必須入力]