大河ドラマ 感想 真田丸 第14回「大坂」

上杉家の人質になっている信繁(堺雅人)が景勝と一緒に大坂に行くと知った”大名でもない”昌幸父さん(草刈正雄)は、秀吉を知る絶好の機会と大喜び。おまけに、人に好かれる才能を持つ信繁を褒めちぎり。

秀吉に関しては信繁に、家康に対しては信尹に丸投げ。”大名でもない”昌幸父さんって、外交面はからっきしダメなんだなぁ。

”大名でもない”昌幸父さんの弟の評価が高いので、兄の信幸(大泉洋)はへこんじゃいました。妻の膝枕で愚痴っているつもりが…そこは、母上の膝…(アワワ)。
愚痴るだけで、余計なことをしてなくてよかった。


先週、梅ちゃん(黒木華)の忘れ形見を「わたしが育てます」と誓ったきりちゃん(長澤まさみ)でしたが、自分以上に赤ちゃんの泣き声がうざかったみたいで、けっきょく赤ちゃんを作兵衛のところへ。

身軽になったきりちゃんは、父・高梨に命ぜられて信繁のもとに。もくろみ通りに(?)一緒に大坂へ行くこととなりました。
大坂編でも引っ掻き回し役は変わらないとのことで、さらなる迷惑ぶりを発揮してもらいたいところです(笑)。


大阪入りした信繁は、三成(山本耕史)にぞんざいに扱われたおかげで(?)茶々(竹内結子)と出会うことになった。

初対面の茶々に、「好きな顔」と言われちゃいました。
ちょっと、ドキッとしましたね。
何でかって、秀頼の父は秀吉ではないという説がありますから。大野治長じゃないかとか、別の人物だとか色々噂があがってます。

まさか、新説として信繁が…の前フリ?!
と、勘ぐってしまった。

それにしても、久しぶりに(役柄的に)キャピキャピ感ある竹内結子さんを見た気がします。


ようやく叶った秀吉(小日向文世)との謁見。と思いきや、秀吉様はかくれんぼの最中なのか、二人そろって屏風の裏へまわる慌ただしさ。
さんざん秀吉様登場を焦らされて、やっと出てきたと思ったところで、今週は終わり。オイ!

大坂編は登場人物も多く、賑やかかつ華やかで毎週あっという間に時間が経ちそうです。


第15回へ


前回

"大河ドラマ 感想 真田丸 第14回「大坂」"へのコメントを書く

お名前:[必須入力]
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント:[必須入力]