大河ドラマ 真田丸 第4回  感想

おちゃらけた場面が多々入る真田丸ですが、織田と上杉宛の2通の書状を巡る昌幸と織田信忠・徳川家康とのやり取り、特に家康との化かしあいは、しらばっくれたりカマをかけてみたりと、見応えありました。

そして、ブーツを履き床を踏み鳴らして登場の九州の石炭王…じゃない…尾張の風雲児・信長も迫力満点でした。
信忠や家康など足元にも及ばぬ格の違いを見せつけられました。
しかし、大河4話目にして、早くも尾張名古屋…。


話は前後しますが、信長との対面前。

諏訪の織田陣にやってきた真田父子。
葵の紋を見て、三方ヶ原の戦いで家康の無様な姿を見たことがあるという昌幸父さん。徳川に対してどこか上から目線。
(敗走しながら、馬の背で脱糞したという話もあるくらいですから仕方ないか)

そのせいなのか、奇しくも徳川本陣で家康本人とは知らずに言葉を交わすことになった信繁。家康だと気づかなかったのかという問いに、
「もうちょっと下の方かと…」
(こういう、ジャブ的な笑いはたまらないです)

家康様、まだまだ風格が足りませなんだ。

傍にいた本田忠勝(藤岡弘、)はご立腹。
(逆に、こっちが風格ありすぎ)


忠勝の娘は信幸の妻となるんですね。
今回、信幸はお留守番なので、未来のお婿さんとの対面は、しばしお預け。

ところで、本田忠勝役の藤岡弘、さん。
役名に「、」があるんですね。かなり前に付けたらしいそうですが知らなかった。
スタッフロールを見た時、字幕にゴミでも付いているんかと、おもわず巻き戻して2度見してしまいました。



その一方で、松姉さんは信幸につけられているとは知らずに梅と共に夫、小山田茂誠の隠れ家へ。

茂誠を匿っているのだろうと問いただす信幸に、後からやって来た〔きり〕の機転で緊急戦国女子会を白々しく開催。
お題は「どうして踵がカサつくのか」。
(冬場になると特に踵がカッサカサです)
恋やお肌の悩みは、戦国も現代も同じ…ということで―。


はぐらかされた信幸。
でも、女子会が嘘だとちゃんと見抜いておりました。今週の信幸さんは、カッコいいです。


茂誠の件で機転を利かせた〔きり〕。
でも、父からは「家の格が違う」と地侍との付き合いをたしなめられる。

格といえば、穴山梅雪さん。
家康から、裏切り者でも格が違うとキツイ一言。



無事、織田家傘下に入ることが許された真田家。
でも、城を取られ、人質も差し出すことに。
信長、エグすぎる。弱小の悲哀が炸裂です。


そんなわけで、信繁は人質一行に紛れこませた茂誠と一緒に安土に行ったらどうかと松に提案。それは妙案と、松は大はしゃぎ。
(あの、人質なんですけどぉ)

さっそく昌幸父さんに人質志願する松。事情の知らないおババ様が私が行くと言い出し、
(格からいったら、松姉さんじゃないからね)
信繁と、最後は信幸までもが加勢。

そのうち、ぼろが出るんじゃないかとヒヤヒヤしながら、このやり取りを見ておりました。
なんせ、真田ファミリーのやることは読めませんので。


松や信繁たちが安土に来るのを待っていたかのように、本能寺の変が勃発。

事件を起こした明智さん。
ちょっとお公家さんぽいのが信長を討った武将のイメージと結びつかないかな。
男色は武将のたしなみな戦国の世。半沢直樹の黒崎のようなオネェキャラは別にいいかもしれないけど、今回の明智はちょっと弱弱しいかな。


とはいえ、今回もあっという間の45分。

来週の家康のドタバタぶりも面白そう。


第5回


前回

"大河ドラマ 真田丸 第4回  感想"へのコメントを書く

お名前:[必須入力]
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント:[必須入力]