ドラフト会議とアマビエ選手作成 ['020 12月 OOTP 架空リーグ 日記]

ドラフト会議に先立って、アマビエ選手を作成(名前のエディット)。ドラフトの結果や Reyes 投手(30)が金沢と最大7年のFA契約を結んだこと、薩摩の Ihara 外野手(28)がサメに襲われてけがをしたこと、初開催のウインターリーグの話題も少々な12月のまとめ。


【 OOTP19 暦20年 12/1~12/31】


*アマビエ選手の作成

WS004065-T.JPG

VLPBは、間もなくドラフト会議。

ベスプレ00で平行してやっている(twitter 限定)NPBの仮想公式戦では、時節柄「収束祈念」としてアマビエ様をヤクルトの守護神に据えております。ふとVLPBにも登場させようと思いたって、リリーバーの中から上位指名されそうな投手をランダムに選んで、名前を変更いたしました。

NPBの方は外人設定ですが、アマビエに関して資料では「江戸時代に肥後の国でどうたらァこうたらァ~」ということみたいなんで、VLPBの方では熊本出身の日本人プレイヤーにしました。



☆ドラフト会議の結果
12/15
WS004075.JPG

都内のホテルにVLPB(Virtual League Pro Baseball)全36球団が集まって、ドラフト会議が行われた。各球団の指名数は10人。ドラフトは完全ウェーバー制で、1巡目指名の後にFA補完のための補足指名(Supplemental Round)も行われた。

鳥取サイクロンズが全体1位で19歳の高卒投手を指名したのを皮切りに、各チームが順次有望選手を指名していった。

VLPB王者のヴィラクララ・サンダーボルツ(スリーグ)は、Jose Resendez 1塁手(18 稲庭高校)を1位指名。サリーグ優勝のシェットランド・シープドッグスは Sadasuke Kanie 投手(21 伯備大学)を1位指名した。


*ドラフト1位指名と補足指名選手たち

WS004077.JPG
WS004078.JPG
WS004079.JPG

SP=先発投手、RP=リリーフ投手、CL=クローザー、その他は各守備位置


*Pick 1
・Toshinori Tateishi 投手(19 壇の浦南高校)

WS004080.JPG

 鳥取サイクロンズから全体1位で指名される。
 150キロ後半の直球が魅力。相手をねじ伏せる威力はまだまだだが、伸びしろは十分。


*Pick 2(野手1番目)
・Daijirou Maruo 3塁手(18 御堂筋学園)

WS004081.JPG

 エトルリアから野手として最初(全体2位)に指名される。
 粗削りだが、選球眼の良さもある。パワフルな打撃も備えていて将来の中軸候補。


*Pick 4
・Ken Kohata 投手(23 ローズデール大学)

WS004082.JPG

 プエルト・プラタ・バッカニアーズから大卒投手として最初(全体4位)に指名される。
 最速161キロの直球と落差のあるフォークが武器。将来のエース候補。


*Pick 5
・Kunitaka Kusakabe 3塁手(22 浜松農業大学)

WS004083.JPG

 東京エレファンツから大卒野手として最初(全体5位)に指名される。
 基本的には引っ張りタイプの打撃だが、逆方向にも大きいのを打つ力を持っている。クレバーな打撃をする。



*Pick 44
・Shigetsugu Amabie 投手(21 六本木国際大学)

WS004084.JPG

 長崎セインツから2巡目の8番目に指名される。
 150キロ前半の直球に、切れ味鋭いシンカーやスライダーを織り交ぜる。将来のクローザー候補として球団の期待が高い。



☆ウインターリーグが終了
12/5

ウインターリーグは、1回戦制のプレーオフが行われて、CLBrown(リーグ戦1位)が SLOcean(同2位)を3対2で破って優勝した。

7日には、最優秀打者賞と最優秀投手賞が発表された。


*最優秀打者賞

・Munehito Sugiyama 遊撃手(21 神戸バイキングス)

WS004073.JPG

 17年、ドラフト1巡目で神戸バイキングスに入団。心斎橋高校卒。メジャー期間1年。
 今年(20年)メジャーデビュー。

 メジャーでは120試合(156G中)に出場して、110安打、打率264、本3、打点38、盗塁1、出塁率327、長打率396をマークした。



*最優秀投手賞

・Hiro Miwa 投手(24 なにわタイガース)

WS004074.JPG

 17年、ドラフト1巡目でなにわタイガースに入団。青葉学院大学卒。メジャー期間1年。
 今年(20年)メジャーデビュー。

 メジャーでは40試合に登板(先発8)して、4勝7敗、12セーブ、1ホールド、防 3.84、奪三振67。




☆その他の主なニュース

12/20
・Marco Verbeek 2塁手(41 東京エレファンツ)

WS004094.JPG

 $1580万(15.8億円)の1年契約。
 08年1月にアルバリーグからFAでシドニー・ウォンバッツ入り。
 17年オフにFAとなり、徳島ロングホーンズと契約。今(20年)オフにQOを拒否してFAになっていた。
 メジャー期間13年。年俸$2600万(今季)。右打ち。アルバ島出身。

 首位打者2回、本塁打王2回、最多安打1回。オールスター出場8回。



☆金沢、Reyes 投手と合意
12/27
WS004099.JPG

金沢ゴールドリーフは、ソウル・ラクーンズからFAになった Jose Reyes 投手(30)と最大7年総額$1億340万(103.4億円)で合意したと発表した。最終年はベスティングオプションで、前年20試合先発登板で成立。

WS004100.JPG
WS004100-A.JPG

11年、ドラフト2巡目で信濃アプリコッツに入団。赤坂学院大学卒。
今年(20年)6月にトレードでソウル・ラクーンズへ移籍。
メジャー期間8年目。年俸$820万(今季)。右投げ。パナマ出身。

WS004101.JPG

通算205試合(先発164)に登板。67勝71敗0セーブ、0ホールド、奪三振934、防 4.29。

今季は信濃とソウルで29試合に先発登板して、12勝13敗、防 3.59、奪三振179(自己最多)、完投11(完封3)という成績。
(230回1/3を投げて、QS%=62, WHIP=1.38, HR/9=0.7, BB/9=3.9, K/9=7.0, BABIP=.295)

タイトルなし。
ゴールデングラブ1回、オールスター出場1回。

今オフのFA市場において、契約希望額1位だった。
湘南・浜名・東海なども興味を示していたと思われるが、金沢が射止めた。


12/28
・Takuya Kamioka 外野手(31 高知モナークス)

WS004102.JPG

 6年総額$8890万(88.9億円)で契約(21~26年)。

 09年、ドラフト全体1位でエドモントン・オイルサンズに入団。ダウンイースト大学卒。
 今オフ、QOを拒否してFA。
 メジャー期間9年。年俸$380万(今季)。右打ち。神奈川県座間市出身。

 今季は、エドモントンで155試合(156G中)に出場して、打率274、本22、打点94、盗塁0、出塁率366、長打率443をマーク。

 特にタイトル獲得は無し。オールスター出場なし。

札幌・船橋・徳島が興味を示していたようだが、高知が獲得に成功した。



*twitter より

12/23

薩摩スタリオンズの Ihara 外野手(28)がサメに襲われた模様。
幸い(?)、膝の挫傷で済んだらしい。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント