首位札幌の中軸 Syutou が離脱 ['020 8月後半 OOTP 野球 架空リーグ 日記]

札幌の Syutou 1塁手(29)がケガでシーズン残りを欠場。神戸の Kohara 外野手(31)が1500安打達成。他に、夏の全校区高校野球の結果など、8月後半の球界まとめ。


【 OOTP19 暦20年 8/16~8/31】


WS003918-T.JPG
*ケガ情報

8/20
・Hitosuke Syutou 1塁手(29 札幌ベアーズ)

WS003914.JPG

 腹斜筋の肉離れ 全治5週間。15日間のDL(負傷者リスト)に登録。
 前日の試合で走塁中に負傷した。

 メジャー期間6年目。左打ち。高知県高知市出身。年俸$392万(3.9億円)。
 今季は125試合(全部)に出場して、152安打、打率315、本42(リーグ2位)、打点101(同4位タイ)、盗塁1、三振83、出塁率380、長打率645(同1位)をマーク。

札幌は20日現在、サリーグ・マウンテン地区で2位に1ゲーム差をつけての首位に立つ。Syutou 選手は中軸として攻撃陣を引っ張っていて、安打数・本塁打・打点でチームトップの成績を収めている。レギュラーシーズン終了までおよそ1カ月となっており、シーズン中の復帰が厳しいのはチームにとって痛いところ。



☆夏の全校区高校野球
~8/20

◇準々決勝
 火国学園    2-0 滋賀湖畔
 ラスベガス実業 3-2 スカイウォーカー
 金鯱学園    9-7 リッチモンド北
 伊賀      6-5 ストックホルム国際

◇準 決 勝
ラスベガス実業  8-3 火国学園
 伊賀      11-0 金鯱学園

◇決 勝
 伊賀      10-5 ラスベガス実業


*伊賀高校の準々決勝までの軌跡
  5-3 三陸(2回戦から)
  4-2 リスボン港南
13-3 ケンブリッジ外大付(8回コールド)
  5-1 京極館



☆その他の主なニュース

8/25
・Morinaga Shimura 投手(27 BCベルサイユ)

WS003915-A.jpg

 ソウル・ラクーンズ戦で今季最多の15奪三振をマーク。4安打・1四球・1失点の完投で12勝目(8敗)。


8/28
・Kantarou Hasekura 3塁手(26 下関ディアーズ)

WS003916.JPG

 神戸バイキングスとのダブルヘッダー第1試合の初回に盗塁を決めて、両リーグを通じて50盗塁1番乗り。
 この日は2試合で3つの盗塁を決めた。
 50盗塁以上は2年連続2回目。


8/28
・Takatoshi Kohara 外野手(31 神戸バイキングス)

WS003917.JPG

 東京エレファンツ戦でヒットを打って、通算1500安打を達成。この日は2安打をマーク。




*8/31時点の個人成績(両リーグ統合)

WS003920.JPG




*8/31時点のスリーグ順位表

WS003921.JPG
L10=最近10試合の成績
strk=連勝/連敗 Wx=X連勝中、Lx=X連敗中

オーシャン地区は、首位の神戸バイキングスが期間中8勝4敗で貯金4つ上積み。2位の湘南ホワイトシャークスが3勝11敗で大失速したため、神戸のマジックが一桁の9になった。

マウンテン地区は、首位の上海コンドルズが5勝8敗と負け越したが、マジック4で優勝も秒読み。東海グリフィンズは11勝4敗と大きく勝ち越して、ワイルドカード争いの方で 5.5ゲーム差の3位タイとなり、わずかにプレーオフへの望みをつないでいる。

フォレスト地区は、金沢ゴールドリーフが6勝8敗と負け越しも首位安泰。9勝5敗だった2位ヴィラクララ・サンダーボルツは金沢とは9ゲーム差をつけられているが、ワイルドカード争いの方で首位に立つ。



*スリーグ・ワイルドカード争い(1枠)

WS003922.JPG





*8/31時点のサリーグ順位表

WS003923.JPG

オーシャン地区は、首位の博多ビーバーズが期間中9勝5敗と4つの勝ち越し。2位のBCベルサイユは8勝6敗で勝ち越しも、ゲーム差がさらに1つひらいた。3位のポートランド・ペンギンズも8勝6敗で、首位との差を大きく縮めることはできなかった。

マウンテン地区は、首位の札幌ベアーズが6勝8敗と負け越し。前回6ゲーム差の3位だった高知モナークスが10勝4敗で首位が射程圏に入った。同じく同率の3位だった仙台フェニックスも8勝6敗で首位との差を2つ縮めてきた。一方、前回2位だった琉球ドルフィンズは5勝11敗で4位に転落した。

フォレスト地区は、首位のシェットランド・シープドッグスが7勝7敗の5割とまずまず。8勝5敗だった台南ドラゴンズは3位から2位に浮上。前回のVLPB王者・新潟キングフィッシャーズは、7勝6敗と1つの勝ち越しも前回2位からゲーム差なしの3位に転落した。なお、台南と新潟はワイルドカード争いで首位の座を争っている。



*サリーグ・ワイルドカード争い(1枠)

WS003924.JPG





*エドモントン・オイルサンズの主な投打成績

WS003925.JPG



*倉敷マスカッツの主な投打成績

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント