Saji 投手、10勝1番乗り ['020 6月前半 OOTP 野球 架空リーグ 日記]

新潟の Saji 投手(34)が両リーグを通じて10勝1番乗り、高知の Fujihira 1塁手(31)が1500安打を達成。他に、金沢vsエドモントン戦が延長18回までもつれたことや、鳥取の4番 Okahara 3塁手(32)が肩の脱臼で15日間のDL入りしたことなど。


【 OOTP19 暦20年 6/1~6/15】


今回は、とくに大きなニュースはありませんで、小ネタが中心です。
WS003817-T.JPG


☆その他の主なニュース

6/3
・Osamu Saji 投手(34 新潟キングフィッシャーズ)

WS003801.JPG

 船橋フロンティアーズ戦で8回を投げて、8安打・無四球・2失点で勝ち投手になり、両リーグを通じて10勝1番乗り。


・山形ウルトラウィングス

WS003802.JPG
WS003802-A.JPG

 金沢ゴールドリーフとのダブルヘッダー第1試合で、6番ライトで先発出場した Okae 選手(29)が、2点を追う9回裏に逆転サヨナラ2ランを放つ。(打撃結果は2試合分)


6/5
・Shigesuke Fujihira 1塁手(31 高知モナークス)

WS003803.JPG

 なにわタイガース戦でヒット(3ランホームラン)をマークして、通算1500安打を達成。


6/6
・Brody Griffin 投手(28 甲府ワイナリーズ)

WS003809-A.jpg

 鳥取サイクロンズ戦で自己最多の13奪三振をマーク。2安打・2四死球で完封勝利。今季6勝目(6敗)。


6/7
・金沢ゴールドリーフ

WS003804.JPG
WS003804-A.JPG

 延長18回までもつれた試合は、金沢が8番(途中出場)Kochle 選手(33)のサヨナラ犠飛で決着。試合時間は7時間5分だった。


6/9
・上海コンドルズ

WS003807.JPG

 0対0で迎えた延長12回裏、無死満塁で2番 Miya 選手(25)が押し出しの四球を選んでサヨナラ勝ち。


6/10
・Columbo Mozzafiato 1塁手(33 プエルト・プラタ・バッカニアーズ)
 札幌ベアーズ戦でヒットをマークして、通算1500安打を達成。この日は3安打(1本塁打)で、通算記録を1502に伸ばした。



*ケガ情報

6/13
・Toshihiko Okahara 3塁手(32 鳥取サイクロンズ)

WS003810.JPG

 肩の脱臼 全治4週間。15日間のDL(負傷者リスト)に登録。
 守備中に走者と交錯。

 メジャー期間12年目。年俸$3650万(36.5億円)。右打ち。青森県弘前市出身。
 今季は74試合(全部)に出場して、76安打、打率275(チーム3位)、本16(同2位)、打点58(同1位)、盗塁1、三振70、出塁率364、長打率507。

鳥取は現在、サリーグ・オーシャン地区で15.5ゲーム差の5位と低迷。チーム本塁打数はリーグ5位(18チーム中)も長打率は9位で、4番に座っている Okahara 選手の離脱でチームは更なる苦境に立たされそう。




*6/15時点の個人成績(両リーグ統合)

WS003811.JPG



*6/15時点のスリーグ順位表

WS003812.JPG
L10=最近10試合の成績
strk=連勝/連敗 Wx=X連勝中、Lx=X連敗中

オーシャン地区は、前回首位だった下関ディアーズが、期間中4勝7敗で2位に転落。前回1ゲーム差の2位だった神戸バイキングスは6勝6敗の5割で首位に浮上。また、3位の湘南ホワイトシャークスは7勝6敗で、上位2強が目と鼻の先に。

マウンテン地区は、首位の上海コンドルズが10勝3敗で、順調に貯金を上積み。2位の徳島ロングホーンズは7勝5敗と勝ち越したが、首位との差は広がった。3位の東海グリフィンズは6勝6敗で、2位徳島との差がジワリと広がった。

フォレスト地区は、首位の金沢ゴールドリーフが7勝5敗で2つの貯金。2位のヴィラクララ・サンダーボルツは5勝7敗で、首位の背中が遠くなった。3位の山形ウルトラウィングスは8勝5敗で、何とか食らいついている。



*6/15時点のサリーグ順位表

WS003813.JPG

オーシャン地区は、首位の博多ビーバーズが期間中に9連勝するなど9勝2敗とペースアップ。前回同率の2位だったBCベルサイユとポートランド・ペンギンズは、ともに6勝6敗で首位との差がさらに3.5ゲームひらいた。

マウンテン地区は、首位の琉球ドルフィンズが7連敗を喫するなど3勝8敗で失速。前回3位だった札幌ベアーズは9勝3敗で2位に浮上。高知モナークスは6連敗するなど2勝9敗で2位から3位に後退した。

激戦のフォレスト地区は、新潟キングフィッシャーズが8勝4敗で再び首位を奪う。前回首位のシェットランド・シープドッグスは6勝6敗で2位に転落も、首位との差はわずか半ゲーム。3位の台南ドラゴンズは7勝4敗で首位との差を1つ縮めている。




*下関ディアーズの主な投打成績

WS003814.JPG



*BCベルサイユの主な投打成績

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント