Ouba、2000安打を達成 ['020 4月前半 OOTP 架空リーグ 日記]


ポートランドの Ouba 遊撃手(39)が2000安打を達成。また、東京の Aramaki 外野手(32)が1500安打、博多の Santana 投手(31)が100勝に到達。他に、春の全校区高校野球の結果など、4月前半のまとめ。


【 OOTP19 暦20年 4/1~4/15】


☆Ouba、2000安打達成
4/5
WS003721-T.JPG
ポートランド・ペンギンズの Ippei Ouba 遊撃手(39)がプエルト・プラタ・バッカニアーズ戦でシングルヒットを1本打って、メジャー通算2000安打を達成した。

前日に2000安打に王手をかけていたが、3試合連続安打となるヒットを打って、あっさりと偉業を達成した。

「達成したバットを持ち帰って、自宅に飾るつもりだ

と、ご満悦な表情で試合後のインタビューに答えていました。


WS003722.JPG
        ※成績は直近10年


■Ouba 選手の略歴
02年、ドラフト1巡目で湘南ホワイトシャークスに入団。佐世保大学卒。
メジャー期間18年目。年俸$186万(1.8億円)。右打ち。徳島県鳴門市出身。
15年オフにFAとなり、翌16年2月にエドモントンと契約(当初はマイナー)。同年オフにFAとなり、長崎~ソウルを経て、今年(20年)1月にポートランドと1年契約。

通算2000安打、打率268、本144、打点888、盗塁138、三振1325、出塁率325、長打率390という成績。

タイトル獲得無し。オールスター出場2回。



☆春の全校区高校野球

~4/5

◇準々決勝
 シドニー学院   5-4 熊野霊峰
 北京青龍     12-2 火国学園
 錦江湾商業    3-2 伊賀
 晴海大自由が丘  10-0 稲庭

◇準 決 勝
 北京青龍  4-1 シドニー学院
 錦江湾商業 9-8 晴海大自由が丘

◇決 勝
 北京青龍 10-4 錦江湾商業


*北京青龍の準々決勝までの軌跡
6-4 太宰府学舎(2回戦から)
8-3 ジョージア学院
7-2 砂丘館
3-0 ミラノ実業



☆その他の主なニュース

4/7
・Antonio Gutierrez 1塁手(28 シドニー・ウォンバッツ)

WS003723.JPG

 エトルリアBC戦で2ランホームランを打ち、両リーグを通じて10号1番乗り。


4/9
・Takanari Narumi 投手(30 上海コンドルズ)

WS003725-A.jpg

 青森レジェンズ打線から自己最多の17個の三振を奪い、完投で今季2勝目(1敗)。

「今日は試合前からいい感じだった。直球も試合序盤から150キロ後半が出ていた。あと、Asai 捕手(26)が良いリードをしてくれた」

 と、後輩キャッチャーを称えていました。


4/10
・Mutsutsugu Irabu 投手(26 徳島ロングホーンズ)

WS003728-A.jpg

 上海コンドルズ打線を1安打完封(2四球・6奪三振)。今季3勝目(1敗)。


4/14
・Shigeaki Aramaki 外野手(32 東京エレファンツ)

WS003729.JPG

 浜名パイレーツ戦で2安打をマークして、通算1500安打を達成した。


・Ellis Smart 投手(31 湘南ホワイトシャークス)

WS003731-A.jpg

 神戸バイキングス打線を1安打完封。また、自己最多の13奪三振をマークした。


4/15
・Julio Santana 投手(31 博多ビーバーズ)
 ポートランド・ペンギンズ戦で勝ち投手になり、通算100勝目。




*ケガ情報

4/11
・Iehiko Machi 投手(20 長崎セインツ)

WS003726.JPG

 関節唇の断裂 全治5か月。60日間のDL(負傷者リスト)に登録。
 4/8の試合にリリーフ登板した際に発症。

 メジャー期間1年目の若きクローザー。右投げ。岡山市市出身。年俸$15万。
 今季からクローザーに就任。160キロの直球と変化の大きいチェンジアップが武器。



*4/15時点のスリーグ順位表

WS003732.JPG
L10=最近10試合の成績
strk=連勝/連敗 Wx=X連勝中、Lx=X連敗中

オーシャン地区は、神戸バイキングスが開幕から約1か月の間に5連勝が2回あったりで、首位。僅差で信濃アプリコッツと湘南ホワイトシャークスが追っている。昨季のスリーグ王者・下関ディアーズは4つ負け越しとやや出遅れ。

マウンテン地区は、上海コンドルズが6連勝1回で貯金8つで首位。2位東海グリフィンズ~5位青森レジェンズまで4球団が、2位グループを形成して上海を追う。昨季の地区覇者・徳島ロングホーンズはほぼ5割のペースで3.5ゲーム差の3位とまずまずの位置。

フォレスト地区は、金沢ゴールドリーフが6連勝1回・4連勝2回と開幕から絶好調で、頭1つ抜け出ている。昨季の地区覇者のヴィラクララ・サンダーボルツは貯金4つの4ゲーム差の2位につけている。


*4/15時点のサリーグ順位表

WS003733.JPG

オーシャン地区は、昨季の覇者・BCベルサイユは2.5ゲーム差の2位とまずまずの出だし。首位のソウル・ラクーンズは、開幕10試合を8勝2敗として、スタートダッシュに成功した。

マウンテン地区は、7連勝するなどした琉球ドルフィンズが勝ち星を積み重ねて首位に立つ。一方、昨季の覇者・高知モナークスは貯金4つで、首位との差4.5ゲームで追走。札幌ベアーズも貯金1として、上位2球団を追っている。

フォレスト地区は、地区ライバルの2強が首位争い。昨季2位に終わった台南ドラゴンズが8連勝するなど首位に立つ。一方、昨季のVLPB王者の新潟キングフィッシャーズは10連勝するも直後に5連敗を喫するなど、やや波に乗れていない。





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント