架空と現実の雑記帳

アクセスカウンタ

zoom RSS 球場の設定と導入の方法 [ OOTP19 架空リーグ 解説 その3]

<<   作成日時 : 2018/12/06 22:03   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

架空リーグに限ったことではないですが、球場周りの設定や収録されている球場以外のデータをインポートする方法などを書いてみました。


☆球場の各種設定


画像




*球場名と特性・サイズの設定をする


実在球場の場合はそのまま使えばいいですが、架空リーグに合わせて架空の球場を割り当てたい場合はエディットすることになります。(好みによっては、実在球場の設定を流用)

画像

球場を設定したい球団の「Team Home Screen」に移動した画像。
右の[Edit Ballpark]をポチ。



画像

ボールパーク編集の[PARK PROFILE]タブの画面。

・名前のところで、好きな名前に変更。
・Type は、屋外・開閉式屋根・ドームの3種類から。
・Surface は、天然芝か人工芝か。
・Capacity は、収容人員。
・Location LatとLong は、緯度経度だけど、.00〜でもいいんじゃないかと。

[BALLPARK FACTORS] では、ヒットなどの出やすさの修正。


画像

[BALLPARK DIMENSIONS] では、球場サイズとフェンスの高さを設定。

自分は非対称系はあまり好きではないので、両翼100M、中堅122Mあたりを基準に設定しています。


*実在球場のデータを流用する場合

画像

右の「Actions〜」をプルダウン。(1)
「Manually import data from 〜」を実行。(2)

「OOTP Baseball 19」->「ballparks」フォルダー内にある
  流用したい球場の拡張子「.prk」を選択する。

例)angel_stadium_of_anaheim.prk

球場名を変えれば、お手軽に架空球場のできあがり。ただし、お天気データ(後述)は実在地の設定なので変えないとダメのようです。


*メモ

もし、球場の FACTORS や DIMENSIONS を他の球場作成で流用したかったり、自作した球場データそのものを別のゲームファイルの方で使いたい場合は、「Export this park's data 〜」を実行。


Export したデータは、
「OOTP Baseball 19」-> 「saved_games」-> 「セーブ名.lg」-> 「import_export」フォルダー内に出力されます。
(OOTP19 で実行した場合)

あとは、上述の「Manually import 〜」を実行すればいい。



*球場画像の設定をする


画像


試合画面で使われる球場画像は、通常だとデフォルト画像です。これだと、いつの試合でも同じ絵面で味気ないので、雰囲気を盛り上げるために変更してみます。

実在球場を使用している場合は、その必要がないかもしれません。


*Daytime と Night Picture

 それぞれ昼と夜の球場画像を設定。

 選択場所は、「OOTP Baseball 19」->「ballparks」フォルダー内にある
 スタジアム名_d.webp、スタジアム名_n.webpをそれぞれ選択する。

例)angel_stadium_of_anaheim_d.webp (昼)
  angel_stadium_of_anaheim_n.webp (夜)

 上の例は OOTP19 にデフォルトで収録されている球場の場合で、球場職人さんが作った球場データ(ダウンロードしてきた)だと、「.jpg」 になってることもある。


*daiagram Picture

 「ballparks」フォルダー内にある
 球団略称.png を選択。
 
例)laa.png


画像

画面右側にある「Day Picture & 〜」のメニューをプルダウンして、Day、Night、Diagram で切り替えると、変更したことが確認できる。


*3D Model

「ballparks」->「models」フォルダー内にある
各球場名フォルダーの中にある拡張子「.pod」を選択。

例)「angel_stadium_of_anaheim」フォルダー内の
  「angel_stadium_of_anaheim.pod」

 上の例は OOTP19 にデフォルトで収録されている球場の場合で、球場職人さんが作った球場データ(ダウンロードしてきた)だと、「.obj」 になってることもある。

[3D MODEL]タブで、変更後のスタジアムを見ることができる。




*選手の表示位置とホームチームのベンチ位置を設定する


画像


*PLAYER COORDINATES

試合画面での選手の表示位置を指定。
画面右で、マウスで移動可能。
上述の「Day Picture & 〜」のメニューをプルダウンして、それぞれの試合画面を編集できる。

デフォルト設定だと微妙に表示位置がずれているので直したい気持ちになるが、OOTP 本体のバージョンアップなどで試合画面のレイアウトとかが変わると、またズレる気がしないでもないので徒労に終わる?


一番下では、ホームチームのベンチ位置を設定。



*天気情報を設定する


画像

[WEATHER]タブを選択した画面。

右の都市一覧から該当する都市か、近い場所を選ぶ。
海外にある球場という設定なら、「Select Nation」で国を選択してから。

左下では、風速と風向きを設定。
1マイル=1.6キロぐらいで換算




☆ネットから球場をダウンロードして、導入する


*球場のリスト(ダウンロード先一覧)

フォーラムで、過去のメジャー球場を中心に、架空やNPBの球場などがリスト化されております。
コチラ




*導入方法

ここでは、東京ドームを例として説明したいと思います。

解凍すると、「Tokyo_Dome_data」というフォルダーが出てきます。

特に指定の格納場所があるわけではなさそうだが、検索や作業のしやすさから考えると、デフォルトで収録されている球場データがある場所が良さげ。

「OOTP Baseball 19」->「ballparks」フォルダーの中。
   あるいは、その「ballparks」内にある「models」フォルダーの中。
    自分はこちらにぶちこみました。

あとの細かい設定の確認や変更は、上述した方法でどうぞ。



今回は、この辺で。



次の記事


前の記事

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
球場の設定と導入の方法 [ OOTP19 架空リーグ 解説 その3] 架空と現実の雑記帳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる