3冠の Durston、最優秀投手賞 [VLPB 架空リーグ OOTP19 観察日記 11月その3]

投手部門で3冠王に輝いたウォールストリートの Durston(32)と、同じく3冠達成の台南 Mae 投手(26)が最優秀投手賞に選ばれた。また、15年のドラ1くん、新潟の Anayama 外野手(24)が最優秀打者賞に選出された。


【 OOTP19 暦19年 11/6~11/7】


☆最優秀投手賞

11/6
画像

     *画像の左が Mae 投手、右が Durston 投手


スリーグ
画像


・Dean Durston 投手(32 ウォールストリート・ブルズ)

 メジャー10年目。年俸$3250万(32.5億円)。左投げ。ジャマイカ出身。

 通算139勝73敗、防 2.75、奪三振2162。
 今季は30試合に先発して、21勝5敗、防 2.35、奪三振247。QS%=80、完投7(完封4)、BB/9=1.9、K/9=9.7、BABIP=.267。

 15年以来2度目の投手3冠に輝く。勝利数・完投数・完封数は自己最多。


*Durston 投手の年度別投手成績・通算成績

画像

          ※赤字は1位


サリーグ
画像


・Tsunenori Mae 投手(26 台南ドラゴンズ)

 メジャー6年目。年俸$890万(8.9億円)。左投げ。東京都府中市出身。

 通算65勝33敗、防 2.63、奪三振805。
 今季は31試合に先発して、21勝6敗、防 2.28、奪三振237。QS%=77、完投8(完封0)、BB/9=1.6、K/9=9.0、BABIP=.303。

 自身初の投手3冠を達成。
 勝利数・防御率・奪三振の各部門で初のタイトル獲得。


両リーグとも投手3冠を達成したピッチャーが順当に選出されました。



☆最優秀打者賞

11/7

画像

     *画像の左が Anayama 選手、右が Ormston 選手


サリーグ
画像


・Kengo Anayama 外野手(24 新潟キングフィッシャーズ)☆15年ドラ1くん

 メジャー4年目。年俸$264万(2.6億円)。左打ち。神奈川県横浜市出身。

 今季は156試合にフル出場して、197安打(リーグ3位)、率332(同4位)、本41(同4位)、打点126(同3位)、盗塁28、出塁率419(同2位)、長打率629(同1位)をマーク。

 17年に本塁打38、打点104をマークしてブレイク。更なる活躍が期待された18年は故障で58試合の出場にとどまった。今季(19年)は2年ぶりのフル出場で、安打数・本塁打数・打率はキャリアハイ。


 新人王を取った台南ドラゴンズの Randolf 遊撃手(22)や同じく昨年の受賞者・台南の Medina 外野手(31)が賞レースのライバルになると思われたが、大差で選出された。


*Anayama 選手の年度別打撃成績・通算成績

画像

          ※赤字は1位


Anayama 選手の話
打率に関しては、自分でも驚いた(笑)。まさか、ここまで打てるとは思っていなかった。自分の中では、ホームランと打点にこだわってやっているので、自己最多を記録できたことは良かったと思っている。

個人タイトルよりも、やはりチームが勝ってプレーオフに出場することが来季以降の目標です。


昨年に引き続いて、「ドラ1成長記」で追いかけているドラ1くんが最優秀打者賞を獲得しました。
ちなみに、昨年の表彰式はこちらのリンク(記事タイトル)です。「Montoya が最優秀投手賞


スリーグ
画像


・Dermot Ormston 2塁手(29 湘南ホワイトシャークス)

 メジャー2年目(海外FA)。年俸$1030万(10.3億円)。右打ち。アルバ島出身。

 2年連続で200安打以上をマーク。初の首位打者にも輝いた。
 今季は213安打(リーグ1位)、率339(同1位)、本塁打29、打点97、盗塁3、出塁率390、長打率545、得点115(同1位)をマークして、チームの地区制覇に貢献した。


Ormston 選手の話
VLPBで野球ができるチャンスをくれたチームに感謝している。必死にやった結果が、最多安打や首位打者のタイトル獲得につながった。チームメイトもナイスガイで、グランドの中と外で助けてもらっている。



VLPB   次の記事   前の記事

ドラ1成長記   NEXT   前の記事

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック