Medina、4年ぶりの2冠獲得 ['18 野球 架空リーグ 観察日記 9月その6]

レギュラーシーズンが終了して、個人タイトルが確定した。09年のドラ1くん・台南の Medina 外野手(30)が本塁打と打点部門でタイトル獲得した。また、09年のドラ1くん・Aoto 遊撃手(22)は2年連続で盗塁王になった。


【 OOTP17 暦18年 9/26】


☆Medina、4年ぶりの2冠獲得

9/26
画像

台南ドラゴンズの主砲 Ernesto Medina 外野手(30 ☆09年ドラ1くん)が、14年以来の2冠(本塁打・打点)に輝いた。

今季は開幕序盤から打率3割台後半を叩きだして、4月には一時4割に届いた。打撃が好調だったことから本塁打や打点も順調に伸びて、タイトル獲得につながった。

その結果、チームをワイルドカードながら3年ぶりのプレーオフへと導いた。

*月別の打撃成績

画像


*Medina 選手の年度別打撃成績・通算成績

画像

          ※赤字は1位

Medina は、15年オフに最大7年総額$1億9860万(198.6億円)で契約を延長した。ただし、来年オフは Medina 側に契約を破棄できる権利があるので、もしFAということになれば、争奪戦も予想される。



*サリーグ・打撃成績

画像

スタッツ略称
OBP=出塁率、SLG=長打率、OPS=出塁率+長打率、wOBA=1打席あたり得点貢献率、WAR=平均選手と比べたときの総合評価
RBI=打点、Run=得点
SB=盗塁、BB=四球、ISOp=長打率-打率、XBH=長打数、TB=塁打数

ベルサイユの Shirohata 外野手(27)が初の首位打者。昨季の打点王に続いて2年連続でタイトルを獲得。



*サリーグ・投手成績

画像

スタッツ略称
ERA=防御率、GS=先発数、IP=投球回
SHO=完封数、H/9=9回の被安打数、HR/9=9回の被本塁打数、BB/9=9回の与四球数
OAVG=被打率、WHIP=許出塁率、FIP=被本塁打・与四球・奪三振を使った防御率、WAR=平均選手と比べたときの総合評価

なにわの Fukutani 投手(26)が2年ぶりの最多勝。
最多セーブには、ソウルの守護神 Adriaanse 投手(30)が初栄冠。
昨季投手3冠だった仙台の Yoriuchi 投手(29 07年 ドラ1くん)は、5年連続の最多奪三振王。


*スリーグ・打撃成績

画像


シドニーの Kanemi 1塁手(24)が初の首位打者に輝いた。
また、本塁打王の An'naka 外野手(27 金沢)と、打点王の Goumoto 1塁手(25 山形)も初のタイトル獲得で、フレッシュな顔ぶれになった。

盗塁王になった東京の Aoto 遊撃手(22 16年ドラ1くん)は、2年連続の栄冠で、77盗塁は歴代3位(1位は87)の成績だった。


*スリーグ・投手成績

画像


今季からコロンビアリーグよりFAで加入した信濃の Montoya 投手(30)が最多勝を獲得。

防御率はエドモントンの Flores 投手(34)が7年ぶり。
(防御率は 2.027 で、2位の Montoya 投手は 2.032)

最多セーブは、エドモントンの Liu 投手(29)が3年ぶりに獲得。
ウォールストリートの Hudson 投手は初の奪三振王。



      



*長崎セインツの陣容

画像

画像

画像



*信濃アプリコッツの陣容

画像

画像

画像




VLPB   次の記事   前の記事

ドラ1成長記   NEXT   前の記事

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック