14季VAFL 第3週 [アメフト 架空リーグ 日記]

キャメルズのランニングQB野老(30)が肩と足で得点。他に、ジュピターズ vs バイソンズはシーソーゲームになったことなど、第3週のまとめ。


画像

イスタンブール・キャメルズは第1Q中盤、自陣36ヤードから始まった攻撃シリーズで、エースQB野老(30)が4つのパスを成功させるなど攻撃のリズムをつかむと、それをフィールドゴールにつなげて3点を先取した。

同Q終了間際にFGで追いつかれると、直後の攻撃シリーズで、野老がランニングQBとしての本領を発揮。自陣11ヤード付近からの攻撃で、ボールを持ったままオフェンスラインが開けた中央を突破。さらに、詰めてきた相手FSを巧みなステップでかわすと、一気に加速。そのまま相手守備陣を引き連れたままエンドゾーンへ。10-3とした。


それでも、第2Q終了間際に嵯峨野プレーリードッグスの野玉(25)にパントリターンを決められるなど、前半を13-13で折り返す苦しい展開。


しかし、後半に入ると試合の流れはキャメルズに傾く。


第3Q序盤にFGで勝ち越すと、11分過ぎにはQB野老が自陣16ヤードから右サイドへ8ヤードのパスをWR金城(32)へ。レシーブした金城はそのまま駆け上がりタッチダウン。
さらに野老は、同Q終了間際にも20ヤードのTDパスをヒット。30-13とキャメルズが試合の主導権を握った。

画像

野老は、投げてはパス獲得ヤード242、2タッチダウンパス、インターセプト1回。走っては、89ヤード、1タッチダウンという内容だった。



画像

ストックホルム・ジュピターズは、今季から先発QBの座を掴んだ千年(28)が見事なパス回しを見せた。

第1Q序盤、敵エンドゾーン手前からTE大杉(21)へ先制のタッチダウンパスをヒット。

7-10と3点ビハインドの第2Q序盤には、再び相手エンドゾーン手前からTE仲築間(28)に逆転のTDパスを通した。

第3Qに、ネブラスカ・バイソンズに21-24とリードされるも、終了間際に千年がこの試合3つ目のTDパス(6yd)を決めて逆転した。

そして、再び3点を追う第4Q7分過ぎにも、6ヤードのTDパスを千年が決めて勝ち越した。

ジュピターズはQB千年の4TD(自己新)、パス獲得ヤード255(自己新)、インターセプト無しの活躍で、シーソ-ゲームを制した。

画像


■千年選手の略歴
05年にウェストファーレン大からドラフト2巡目で金沢ホーネッツに入団。
07年にFAとなり、高松シーガルスと2年契約。10年にストックホルム・ジュピターズと1年契約。翌11年に年俸$146万(1.4億円)で契約を3年延長。今季最終年。



画像

14-13と1点リードしていた福岡ファルコンズは第4Q中盤、グリーナウェイ(30)の56ヤードのパスキャッチ&ランで一気に敵陣20ヤードへ進入。このあとの攻撃シリーズをQBイエイツ(26)の1ヤードのTDパスへと繋げて、21-13とリードを8点差に拡げた。


対する沖縄ビーチボーイズは直後の最初のプレイで、QB古岡(29)-WR牛頭(30)のラインで52ヤード前進。あっという間に相手陣9ヤードへ。最後は、2ヤードのTDパスで締めくくり2点差に詰め寄った。そして、2ポイントコンバージョンも成功させて同点に追いついた。


試合は、このまま延長戦へ突入。


攻撃権を獲得したビーチボーイズは、自陣20ヤードから攻撃開始。
5回の1stダウンを獲得して敵陣32ヤード付近まで前進。最後は、古岡がWR鬼(30)へTDパスを通してサヨナラ勝ちした。



*週間MVP
画像


関西ウィングスのRB用石(29)が自軍の攻撃をけん引した。

キックオフ後の攻撃シリーズでは、2プレイ目に36ヤードを走って、次の先制TDパスへと繋げた。
また、第1Q中盤ではタッチダウンに繋がらなかったものの、3プレイ連続でキャリアを任されるなど、攻撃の要としてチームに貢献した。

第2Q残り2分では、自らエンドゾーンに運んでタッチダウンを記録した。

この試合、用石は29回のボールキャリーで136ヤードを獲得。なんと、チームのラッシング136ヤードを1人で稼いだ。

画像


*用石の年度別ラッシング

画像


■用石選手の略歴
05年、栃木教育大からドラフト1巡目で北海サーモンズに入団。
12年オフにFAとなって、今季(13年)関西ウィングスと年俸$314万(3.1億円)の3年契約を結んだ。

12年第15週でマークした141ヤードが、キャリアハイのラン獲得ヤード。シーズン記録は、10年に記録した1223ヤード。




*第3週の試合結果


*UFC
ストックホルム・ジュピターズ - 38, ネブラスカ・バイソンズ - 31
埼玉クーガーズ - 19, 熊本ファイヤーバード - 6
長崎シャドウズ - 28, 横浜マリンズ - 6
関西ウィングス - 31, 北海サーモンズ - 7

仙台ユニコーンズ - 41, 広島ハーバーシールズ - 10
台北ラスカルズ - 27, シベリア・ハスキーズ - 17
高松シーガルス - 24, バレンシア・クラッシャーズ - 6
フランクフルト・ジャガーズ - 31, 金沢ホーネッツ - 14



*WFC
前橋レンジャーズ - 38, 松山トリトンズ - 14
シェットランド・セーブルズ - 22, 鳥取ハリケーンズ - 19
東海ロブスターズ - 23, 九龍キングス - 6
秋田ファーマーズ - 21, 信越クライマーズ - 18

沖縄ビーチボーイズ - 27, 福岡ファルコンズ - 21
ローマ・グラディエーターズ - 38, 東京メトロスターズ - 27
イスタンブール・キャメルズ - 40, 嵯峨野プレーリードッグス - 13
メルボルン・セイラーズ - 28, バンクーバー・ジャイアンツ - 14



*第3週終了時点の順位表


*UFC
画像


*WFC
画像




次の記事


前の記事

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック