大河ドラマ 感想 真田丸 第40回「幸村」

信繁の回想シーンのバックで聞こえてたチリン、チリンという鈴の音。あの秀吉様が病床で使っていた呼び鈴ですね。豊臣家の一大事だから助けに来てくれというあの世からの声に聞こえました。

さて、前回最後に登場した宇喜多秀家の元家臣・明石さん。密かに片桐且元さんを連れてきていました。

いつの間にか、豊臣と徳川は一触即発の状態だとか。

長いこと九度山で囚われの身となっているうちに、世間に疎くなってしまった信繁でありました。まぁ、視聴者も(笑)。

有名な「国家安康」ネタで家康がイチャモンつけてきたエピソードで、件の且元さんが豊臣と徳川の間で右往左往した挙げ句、徳川にひれ伏すがごとき3か条なるものを自作して、秀頼たちの怒りを買ってしまいました。

且元さんは1か月も駿府に滞在しながら家康との面談も許されず、あまりに軽く扱われて、可哀そうな面もありました。笑っちゃいけないんですけど、両家の間で板挟みになって苦悩している姿がコミカルで可笑しかったです。家康の離間の計だったようにも見えまする。


信繁は且元に秀頼を助けてほしいと懇願されましたが、囚われの身であり、大軍を率いたこともないからと断りました。

しかし、「あなたは何もしていない」ときりちゃんに言われて、心が動きはじめます。

きりちゃんは秀次や、ガラシャの件で悲劇の目撃者になってしまい、争い事はたくさんだと思っているのかとおもいきや、腰をあげようとしない信繁の尻を叩くとは――。

きりちゃんも、豊臣の人間になっていたのかもしれませぬ。

回想シーンで出てきた豊臣家の人たちのセリフの一つ一つが、ここで動かねば武士ではないという感じで心に染みてきました。


大軍を率いたことがないと不安を口にした信繁に、きりちゃんは「徳川を2度破った昌幸の血が流れている」と言っておりましたが…、

信繁の名前を改めるにあたり、くじで決めるというのは、信繁の中にしっかり昌幸の血が流れているのだと認識させられました(笑)。

大坂の陣で、あの昌幸の兵法書が役に立つときがくるのでしょうか。




☆公式サイトに載っていたものアレコレ

・覚悟を決めた信繁の回想シーンがまとめられてました。
   回想シーン


・信繁役の堺雅人さんのインタビュー
   堺雅人さん

・片桐且元役の小林隆さんのインタビュー
   小林隆さん



第41回


前回


この記事へのコメント


この記事へのトラックバック

【真田丸】第40回 「幸村」 感想
Excerpt: 九度山での生活を楽しんでいた信繁(堺雅人)のもとへ、宇喜多秀家の家臣だった明石全登(小林顕作)が訪ねてくる。 大坂城で徳川家康(内野聖陽)を相手に戦ってもらいたいと信繁に懇願する。 信繁は断るが、そこ..
Weblog: ドラマ@見とり八段
Tracked: 2016-10-10 20:47

真田丸 第四十回 幸村
Excerpt: 第三十九回「歳月」はこちら。前回の視聴率は16.6%と的中。あまりうれしくはありませんが。さて今回はまるで総集編ですか。九度山にこもる信繁が、その境遇に満足しながらなぜ大坂城に行くことになったのか..
Weblog: 事務職員へのこの1冊
Tracked: 2016-10-10 21:22

真田丸 第40回
Excerpt: 『幸村』「伝説名将真田幸村誕生」内容九度山の信繁(堺雅人)を元宇喜多家家臣・明石全登(小林顕作)が訪ねてくる。「おむかえに参りました」大坂にて“大御所”家康(内野聖陽)との決戦..
Weblog: レベル999のgoo部屋
Tracked: 2016-10-10 21:40

真田丸「幸村」
Excerpt: 真田幸村誕生秘話、というか、「ついに、合戦の大坂へ」物語信繁(堺雅人)のもとへ、宇喜多秀家の家臣だった明石全登(小林顕作)が尋ねてきて、いきさつを説明「供養」として方広寺など寺社の修復を行っていた秀頼..
Weblog: のほほん便り
Tracked: 2016-10-11 07:30

真田丸 第40回「幸村」
Excerpt: 大河ドラマ『真田丸』のお時間です。 BSにて鑑賞。 第40回「幸村」 あらすじ・・・・・・・
Weblog: みはいる・BのB
Tracked: 2016-10-11 10:48

【真田丸】第40回「幸村」感想と視聴率
Excerpt: 【第40回の視聴率は10/11(火)午後、追記予定】副題「幸村」 新聞ラテ「伝説
Weblog: ショコラの日記帳・別館
Tracked: 2016-10-11 13:16