13季VAFL ドラフト会議 [アメフト 架空リーグ]

第13季(12年シーズン)VAFL(Virtual American Football League)のドラフト会議が、全32球団がニューヨークのホテルに集まって開催された。
ドラフトは完全ウェーバー制で、東海ロブスターズの全体1位指名を皮切りに、各チーム7人まで指名した。


*主なドラフト1巡目



全体1位
画像

・DE藁沢(20 東海ロブスターズ)
 年俸$75万(7500万円)の6年契約。

 地味にディフェンスラインの選手が全体1位指名となりました。
画像



2番目
・QB倉野(23 前橋レンジャーズ)

 年俸$72万の5年契約。


4番目
・RBファロン(23 バンクーバー・ジャイアンツ)

 年俸$64万の5年契約。


9番目
・WR呉原(20 北海サーモンズ)

 年俸$53万の5年契約。


14番目
・FS五箇野(23 広島ハーバーシールズ)

 年俸$44万の5年契約。


17番目
・LBコールス(23 台北ラスカルズ)

 年俸$38万の4年契約。




ドラフトで最後に指名された選手のことを Mr. Irrelevant 、ミスター・イレレバントと言うそうです。
というわけで、VAFLの Mr. Irrelevant は誰なのか。

指名最後は7巡目の32チーム目となります。

全体224番目
・RBエデルマン(23 沖縄ビーチボーイズ)

 年俸$30万の1年契約。

最終指名なのであまり注目もせず期待もしてないのが正直なところです。
でも、体の強さは少し足りないですが、スピード・ハンドリング・賢さはRB陣の中で高い方なので、もしかしたら化けるかも。


ちなみに前回のミスター・イレレバントは鳥取ハリケーンズのLB富沢(22)。

昨季は3試合に出場(2試合先発)で、8タックル・1サック。
第12週では、5タックル・1サックで Defensive Player of the Game に輝きました。

1年契約だったのか、今はFAで所属チームは無しです。


また、前回の全体1位は前橋レンジャーズのRB永雄(25)。
画像

昨季は15試合に出場(先発)して、ラン獲得ヤードがリーグ4位の1590。これはチームレコードでもありました。
画像


平均獲得ヤード5.3、タッチダウン8回。
パスレシーブでも5回ほどタッチダウンパスキャッチしてます。

新人王とプロボウルにも選出されました。



次の記事


前の記事

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック