架空と現実の雑記帳

アクセスカウンタ

zoom RSS 大河ドラマ 感想 真田丸 第42回「味方」

<<   作成日時 : 2016/10/24 21:53   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 5 / コメント 0

幸村の抵抗勢力として1枚岩だとおもっていた又兵衛と勝永でしたが、勝永の「格の違い」発言で2人が喧嘩になったりして(笑)、豊臣方の寄せ集め感がよく出ていました。


豊臣方の総大将をだれにするのか。

秀頼公に頼まれて、幸村が内定しておりましたが、案の定と言いますか、又兵衛が異論を唱えました。後からやってきた幸村の指揮に従うのが不満な様子。

すったもんだで、秀頼公の下、軍を5人の大将に預けて権限は平等に――、ということになりました。その5人の中に又兵衛も含まれていたので、又兵衛も納得。

何だか、声の大きな人の意見が通りました的な会議でありました。
そんな又兵衛らを説得することも、諸事きっぱりと決断できない大野治長でありました。

少し前に、三成がやっていた差配を今は治長が一手に引き受けていることを幸村との会話で出てきていましたが、こうして見ると三成の有能さが際立って見えましたね。

14年の歳月は、豊臣家から有能な人材が失われた日々でもあったようです。

10余万の兵――とはいえ、寄せ集め集団の豊臣方。
でも、幸村は個々の志の強さに勝機を見出しているようです。


さて、幸村が大阪城に入ったことに驚愕した家康。さっそく戦支度を始めました。
戦後、秀頼は遠国に追いやって静かに生活させようと考えていたようですが、阿茶は「豊臣家を滅ぼせ」と家康の尻を叩きました。いや〜、怖いお人です。というか、ヒール役を家康に代わって阿茶がやろうというのですかね?(笑)


大坂攻めとなり、信之の息子2人が病気の信之に代わって参陣となりました。松の「危なくなったら、後ろに下がって声だけを上げていなさい」というアドバイスに一同失笑。

逃げるは恥だが役に立つ…ですかな。


佐助は幸村の手紙を持って信之のもとにやってきました。
幸村の大阪入城は信之にとっても由々しき事態だったようです。

佐助は別の用事を幸村から託されておりました。それは、堀田作兵衛を呼び寄せること。作兵衛は、すえの仮祝言を見てから大坂へ出立することにしました。でも、そのことで大坂行が信之にバレる結果に相成りました。

信之は作兵衛を斬ってでも大坂行きを阻止しようとしました。

年老いたとはいえ、信之の腕に作兵衛はかなわず。
(作兵衛は体格いいのに、意外と見かけ倒しでした(笑)。大坂に行って役に立つんかいな…)
「これまで」と思った瞬間、信之の持病である手のしびれが発症しました。

作兵衛はわざとそうしたのだと勘違いして、礼を述べて去っていきました。いやはや、緊迫感から一転、コミカルな主従の別れになりました。


次回は、抵抗勢力だった又兵衛らとは一致団結しそうな雰囲気ですが、今度は淀殿が最大の抵抗勢力として幸村の前に現われてきそうです。



第43回


前回

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(5件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
真田丸 第42回
「味方」内容大坂城に幸村(堺雅人)は入城した。秀頼(中川大志)に挨拶後、茶々(竹内結子)のもとへ向かい決意を語る。そこに茶々の叔父・織田有楽斎(井上順)がやってくる。上機嫌の茶々だったが、有楽斎は。。。。 早速、大野治長(今井朋彦)から、部屋を用意していると知り困惑。秀頼の命と聞き、幸村も納得するしか無かった。が。そのことで後藤又兵衛(哀川翔)、毛利勝永(岡本健一)と騒動に。結局、治長に申し出て、長宗我部盛親(阿南健治)との相部屋になることに。 一方、幸村入城のしらせを受けた家康(内野聖陽)... ...続きを見る
レベル999のgoo部屋
2016/10/24 23:31
【真田丸】第42回 「味方」 感想
幸村(堺雅人)は、久しぶりに茶々(竹内結子)との再会を果たす。 一方、家康(内野聖陽)は、幸村が大坂方に加わったことに大きな恐れを抱き、出陣を急ぐ。 大坂城に集まった牢人たちの中には、後藤又兵衛(哀川翔)、毛利勝永(岡本健一)、長宗我部盛親(阿南健治)らがいた。 豊臣秀頼(中川大志)は幸村に総大将になってもらいたいと願っていたが、又兵衛や勝永らは激しく異議を唱える。 そこで、幸村は一つの策を提案する。 (あらすじは「Yahoo!TV」より引用)          真田丸 第四十二話「味方」 豊臣... ...続きを見る
ドラマ@見とり八段
2016/10/24 23:35
真田丸 第四十二回「味方」
第四十一回「入城」はこちら。前回の視聴率は15.4%と微増にとどまった。裏の日テレが大騒ぎだったにしても、それを蹴散らす勢いがほしかったなあ。今回は日本シリーズが裏にあるわけで&hellip;&hellip;にしても、さほど脅威に感じないあたりがプロ野球ファンとして哀しい。わたしも、どちらも好きな球団ではあるけれども、菊池の守備(むちゃくちゃに凄いですよね)と黒田... ...続きを見る
事務職員へのこの1冊
2016/10/25 06:09
真田丸「味方」
幸村(堺雅人)は大阪城へと入場し、凛々しく育った、秀頼(中川大志)や、茶々(竹内結子)と再会するも、なまじ厚遇されたり、名将の噂がたつと、それはそれで、嫉妬やそねみが渦巻き。現に、幸村が去ったあと、茶々の叔父・織田有楽斎(井上順)なぞ、それとなく苦言も。部屋も、すったもんだ。一部屋から相部屋になることで決着。また、幸村、大坂入城のしらせを受けた家康(内野聖陽)は、慌てて出陣を急ぐものの、年のせいか、ちょっともの忘れ気味。阿茶(斉藤由貴)に、しっかり、お尻を叩かれていました。信之(大泉洋)は、信之... ...続きを見る
のほほん便り
2016/10/25 07:21
真田丸 第42回「味方」
大河ドラマ『真田丸』のお時間です。 BSにて鑑賞。 第42回「味方」 あらすじ・・・・・・・ ...続きを見る
みはいる・BのB
2016/10/28 21:39

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
大河ドラマ 感想 真田丸 第42回「味方」 架空と現実の雑記帳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる