大河ドラマ 感想 真田丸 第37回「信之」

超高速参勤交代並みに(?)あっという間に終わってしまった関ヶ原。せっかく徳川秀忠軍に勝利したのに家康に降伏しなきゃいけなくなり、昌幸はへたりこんだ廊下の床を叩きながらくやしがりました。

犬伏での約束通り、勝った信幸が父弟を助けるべく、家康に命乞いをするため大坂へ向かうことに。お稲さんは反対しているご様子でした。

舅の本多忠勝は信幸の父子愛にほだされて、同道することになりました。
信幸は心強い味方を得られたのでした。


昌幸に裏切られたことをネチネチと根に持つ家康は、昌幸父子に死罪を命じるつもりでしたが、忠勝の徳川勢と1戦交えることも厭わない覚悟に軟化したようです。

父弟の命を守ることができてホッとした信幸でしたが、家康から親子の縁を切れと言われ、さらに信幸の「幸」の字を捨てろと命じられて、泣く泣く承知。「……かしこまりました」と返答するまでの一瞬の間に、信幸の苦悩と父たちとの思い出が頭のなかに巡ったのかもしれませぬ。


九度山に蟄居と決まった昌幸と信繁。
大阪城で家康と対面。

昌幸憎しな家康のドSっぷりが、ある意味よかったです。
死罪にするよりも、精神的に締めあげて生き地獄を味あわせるなんて、クライマックスに向けて悪役キャラが染みでてきましたわい(笑)。

「いつか、ぶちのめしてやるッ」と信繁は心の中で誓った瞬間かもしれません。

これから、豊臣家に対する家康のゲスッぷりが発揮されそうで、怖いような楽しみなような…。


淀殿は信繁が居ると聞かされても、会おうとはせず。
「いつか、また会える気がいたします」
って、1人スピリチュアルな世界にいるみたいでした。

もう少し家来を大事にしましょうよと思った次第です。


真田信之役の大泉洋さんのインタビューが真田丸の公式サイトに載っていました。
コチラです。



第38回


前回

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック

真田丸 第37回
Excerpt: 『信之』「助命嘆願信之」内容徳川軍の撃退に再び成功し、喜ぶ昌幸(草刈正雄)信繁(堺雅人)たちだったが。直後、関ヶ原において三成(山本耕史)が敗北したという一報が届く。徳川への降伏を勧める信繁に、昌幸は..
Weblog: レベル999のgoo部屋
Tracked: 2016-09-19 20:50

【真田丸】第37回 「信之」 感想
Excerpt: 関ヶ原での西軍敗北により徳川に降伏した信繁(堺雅人)と昌幸(草刈正雄)。信幸(大泉洋)と忠勝(藤岡弘、)による、家康(内野聖陽)への必死の助命嘆願により、高野山への流罪と決まる。 しかし、その代わり..
Weblog: ドラマ@見取り八段・実0段
Tracked: 2016-09-19 23:27

真田丸 第37回「信之」
Excerpt: 大河ドラマ『真田丸』のお時間です。 BSにて鑑賞。(通称「早丸」) 第37回「信之」 あらすじ・・・・・・・
Weblog: みはいる・BのB
Tracked: 2016-09-20 08:43

【真田丸】第37回プチ感想と視聴率「信之」
Excerpt: 副題「信之」​新聞ラテ「助命嘆願信之」​第37回の関東の視聴率は、前回の16.5
Weblog: ショコラの日記帳・別館
Tracked: 2016-09-20 16:19

真田丸 第三十七回「信之」
Excerpt: 第三十六回「勝負」はこちら。前回の視聴率は16.5%と、わたしの予想よりは伸びなかった。でもそんなことはいい。今回の「信之」(信幸は、父からもらった幸の字を捨て去ることを家康に強要される)は、三谷..
Weblog: 事務職員へのこの1冊
Tracked: 2016-09-20 21:29