大河ドラマ 感想 真田丸 第36回「勝負」

大坂から逃げてきたお稲さん一行は、沼田城近くで昌幸父さんらの軍勢と無事合流。てっきり夫の信幸ともども徳川を迎え撃つのかと思いきや、信幸は徳川についたと聞かされて驚いておりました。さすがはお稲さん。信幸の妻として瞬時に成すべきことを悟ったようでした。

昌幸父さんらを迎える準備をすると言って、ひと足先に沼田城へ。
そして、昌幸父さんらがやってくると、矢を射かけて追い払いました。

せっかく信幸が徳川陣中で懸命に忠節を尽くす振るまいをしているのに、後方で昌幸たちと馴れあっていては足を引っ張ることになってしまいますからね。

凛々しいお稲さんと、あたふたしているおこうさんが対照的でおもしろかったです。
おこうさんが正室だったら、追い返すという対応は取れなかったかもしれませんね。ひと晩ぐらいいいかなって(笑)。


三成との恩賞のやり取りで、信濃・甲斐の2か国を手にできるとなって大はしゃぎの昌幸父さん。

一方、上杉景勝さんも越後を取り戻すことを視野に、この戦局を睨んでおりました(戦略を考えているのは直江くんですが)。



さて、上田に攻めこんできた徳川勢の中に信幸もおりました。
軍議の席で、先の上田合戦で手痛い敗北を喫した将の隣で、打撃を与えた側の信幸が恐縮している図は笑えました。


今回、徳川の布陣の仕方など、昌幸父さんの読みどおり。秀忠本陣を急襲すべく事前に道を切り開くなど、軍略が冴えておりました。残念ながら、本陣急襲の前に秀忠軍が関ヶ原へ向けて西進してしまったため、作戦は敢行されませんでしたが。


いざ、関ヶ原――。

合戦シーン、カモーン!

と、大軍勢同士のぶつかり合いを待っておりましたら、佐助の報告で終了。

「徳川の大勝利

真田の皆さんと同様、こちらも目がテンに…。



戦端が開かれるシーンもなかったですわい。

小早川秀秋に召しかかえられた板部岡江雪斎が、実は徳川の間者だったというエピソードがありましたけど、小早川秀秋の裏切りシーンとかも出さないんですね。


もしかしたら、来週の放送で佐助が見聞きした体で、合戦のハイライトでもやるのかなぁと淡い期待もあるのですが、どうなんでしょうね。
(有働さんのナレではなかったんで…次週は佐助のナレ&解説で是非…)




大谷吉継役の片岡愛之助さんのインタビューが真田丸の公式サイトに載っていました。
こちらです



第37回


前回

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック

【真田丸】第36回 「勝負」 感想
Excerpt: 昌幸(草刈正雄)と信繁(堺雅人)は、信幸(大泉洋)と別れ、徳川勢を迎え撃つために上田城へ。 途中、昌幸と信繁は沼田城に立ち寄るが、稲(吉田羊)は思いがけない行動に出る。 一方、信幸は家康(内野聖陽..
Weblog: ドラマ@見取り八段・実0段
Tracked: 2016-09-13 11:47

真田丸 第三十六回「勝負」
Excerpt: 第三十五回「犬伏」はこちら。2018年の大河が、西郷隆盛をあつかった「西郷(せご)どん」に決定したとか。それ自体はけっこうなことだと思う。「翔ぶが如く」において大久保利通とのダブル主演はあったけれ..
Weblog: 事務職員へのこの1冊
Tracked: 2016-09-13 19:15

真田丸 第36回
Excerpt: 『勝負』「上田合戦関ケ原!勝負」内容昌幸(草刈正雄)信幸(大泉洋)信繁(堺雅人)は、“真田”が生き残るため、別れて戦うことを決断する。 昌幸、信繁は、秀忠(星野源)の軍勢を迎..
Weblog: レベル999のgoo部屋
Tracked: 2016-09-13 21:15

真田丸 第36回「勝負」
Excerpt: 大河ドラマ『真田丸』のお時間です。 BSにて鑑賞。 第36回「勝負」  あらすじ・・・・・・・
Weblog: みはいる・BのB
Tracked: 2016-09-18 11:41