大河ドラマ 感想 真田丸 第35回「犬伏」

今週の信幸兄さんはカッコよかったです。旧武田の領地を取り戻したいと夢見る昌幸父さんを一喝したり、真田の進むべき道を決めたり。

親子兄弟が敵味方にわかれるのではない。
勝った方が、負けた側をどんな手を使ってでも守るのだ。

信幸の言葉に胸が熱くなりました。

コミカル色の強い今作の大河では、感動的な場面でもウルッとくるようなことはなかったのですが、この場面は危うく(?)涙が滲むところでした(笑)。


甲斐・信濃をわが手にという夢を見て立ち止まっていた昌幸父さん。信幸の成長が嬉しかったようですね。涙ぐみながら夜空を見る表情には、親子3人が別れ別れになる寂しさも滲んでいて、いい表情でした。



徳川勢は上杉討伐のため、真田の息子たちとは違って頼りなさげな秀忠が江戸を出発。
大軍がやってきたという知らせに、上杉景勝さんがちょっと弱気になったのはご愛嬌…でしょうか。

大坂では、三成を中心に反徳川方が挙兵。

諸大名の妻子を人質にしようとしたのに、家康の正室・阿茶を取り逃したのは痛かったですな。阿茶が城中の混乱に紛れて澄まし顔で逃げていくところは、ちょっと憎たらしい感じがしました。

きりちゃんは、細川屋敷が燃えていると聞いて、ガラシャの元へ。悲劇の現場に居合わせることになりました。

三成方の捕り手がやってきたところを佐助に助けられて、ともに抜け道から細川屋敷を脱出しました……とおもいきや、しっかり三成方に捕えられておりました(笑)。

いよいよ、上田合戦と関ヶ原。
合戦シーンが好きなので、できれば長めの尺で描いてほしいです。



真田親子3人だけで話し合っていた新町薬師堂をちょいと覗いてしまった河原綱家。下駄を投げつけられて歯が欠けてしまったんですね。
そんな河原綱家を演じている大野泰広さんのインタビューが真田丸の公式サイトに載っていました。
コチラ



第36回


前回

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック

真田丸「犬伏」
Excerpt: 家康(内野聖陽)の上杉討伐に乗じて、三成(山本耕史)が挙兵。昌幸(草刈正雄)信幸(大泉洋)信繁(堺雅人)は、いったんは、上杉につくことを決め、家族に上田へと帰るよう告げます信幸。妻・稲(吉田羊)も、真..
Weblog: のほほん便り
Tracked: 2016-09-06 06:45

真田丸 第三十五回「犬伏」
Excerpt: 第三十四回「挙兵」はこちら。おいおい、と言われることを承知で告白すると、ちょっと泣きました。「犬伏」後半は名作ですね。わたしたちはこの出来事から400年以上も経っているから、当時の大名の動きについ..
Weblog: 事務職員へのこの1冊
Tracked: 2016-09-06 07:29

【真田丸】第35回感想と視聴率「犬伏」
Excerpt: 副題「犬伏」 新聞ラテ「真田家の物語で最も有名な逸話犬伏の別れ」 第35回の関東
Weblog: ショコラの日記帳・別館
Tracked: 2016-09-06 20:28

【真田丸】第35回 「犬伏」 感想
Excerpt: 上杉攻めのための徳川軍に従っていた真田家に大坂で三成(山本耕史)や刑部(片岡愛之助)が打倒家康(内野聖陽)のために挙兵したという報(しら)せがもたらされる。 どちらに味方すべきか、信繁(堺雅人)、信..
Weblog: ドラマ@見取り八段・実0段
Tracked: 2016-09-06 20:51

真田丸 第35回
Excerpt: 『犬伏』「真田家の物語で最も有名な逸話犬伏の別れ」内容家康(内野聖陽)の上杉討伐に乗じて、三成(山本耕史)が挙兵する。昌幸(草刈正雄)信幸(大泉洋)信繁(堺雅人)は、上杉につくことを決め、家族に上田へ..
Weblog: レベル999のgoo部屋
Tracked: 2016-09-06 21:59

真田丸 第35回「犬伏」
Excerpt: 大河ドラマ『真田丸』のお時間です。 BSにて鑑賞。 第35回「犬伏」 あらすじ・・・・・・・
Weblog: みはいる・BのB
Tracked: 2016-09-09 22:12