架空と現実の雑記帳

アクセスカウンタ

zoom RSS 大河ドラマ 感想 真田丸 第38回「昌幸」

<<   作成日時 : 2016/09/26 21:20   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 6 / コメント 0

九度山に蟄居させられた昌幸。家康が征夷大将軍に任じられたと聞けば、「家康は浮かれているから赦免される」と言ったり、子の秀忠に征夷大将軍を譲ったと聞けば、これまたチャンスだと期待して、昌幸の方が浮かれておりました。

信之が本多正信を介して赦免嘆願をしておりましたが、当の家康は前話であったように、昌幸を精神的にイジメぬく気持ちは変わらなかったようで、たとえ正信の進言と言えども首を縦に振ることはありませなんだ。

度重なる信之たちの嘆願行為を、お稲さんはきつい言葉で咎めました。家康の機嫌を損ねれば、かえって昌幸や信繁の命が危ないということ。鉄仮面なお稲さんの心の内をおこうさんがそのように代弁していました。


きりちゃんとおはるさんのやり取りも面白かった。
はるも梅も自分より垢抜けていないから信繁に好かれるんだって言いきっちゃうなんて、きりちゃんの自惚れ具合は逆にあっぱれですな。

そんなきりちゃんを佐助が好いているようで、思わぬところでロマンス発覚です。

素っ破だから、佐助はDIYもきりの似顔絵もうまいそうです(笑)。

はるは、死んだ梅に嫉妬していました。指で障子に穴をあける拗ねっぷりや、生まれてくる子に梅と名付けたいなど、表情や言動はちょっとホラーな感じで鳥肌もんでした。


信濃に帰ることもかなわず、とうとう九度山で最期を迎えることになってしまった昌幸。
死の床に信玄公が迎えに来たようですね。
でも、役者さんが亡くなってしまったので、蹄の音だけになったのかな?


さて、立派な青年に成長した秀頼は古狸の家康と対面。
家康は徳川の城である二条城に秀頼を呼びつけて、豊臣家が徳川の臣下になったことを世間に知らしめるつもりだったようで。

加藤清正が護衛役でついておりました。
耳打ちされた三成の最後の言葉。「命に代えても秀頼様をお守りしろ」

託された亡き友の思いを清正はしっかりと受け取っていました。

しかし、廊下ですれ違った2代目服部半蔵に毒針でヤられて、数か月後にこの世を去ってしまいましたわい。


昌幸が死んで、1つの時代が終わったなぁ。


真田丸公式サイトに以下のコンテンツが2つ載っておりました。

*回顧録 真田昌幸よ、永遠に
こちらです。

プロ野球の珍プレー集みたいな(?)、昌幸の迷語録な感じにもみえる。


*真田昌幸役の草刈正雄さんのインタビュー
コチラ



第39回


前回

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(6件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
真田丸 第38回
『昌幸』「さらば!昌幸」内容信之(大泉洋)らの助命嘆願により、昌幸(草刈正雄)信繁(堺雅人)らは、紀州九度山へ幽閉処分となった。春(松岡茉優)や、高梨内記(中原丈雄)きり(長澤まさみ)親子そして佐助(藤井隆)らとともに、浅野家の竹本義太夫(宮下誠)の監... ...続きを見る
レベル999のgoo部屋
2016/09/26 22:33
【真田丸】第38回 「昌幸」 感想
紀州九度山村に幽閉となった昌幸(草刈正雄)と信繁(堺雅人)ら一行。 昌幸は信之(大泉洋)を通じ何度も赦免を願い出るが、家康(内野聖陽)はそれを無視して着々と天下取りを進めていく。 一方、一つ屋根の下で共に暮らすことになったきり(長澤まさみ)と春(松岡茉優)。 信繁ときりの信濃での思い出話を聞き、春は思い悩む。 やがて月日が経ち、死期を悟った昌幸は、ある夜信繁に、徳川と豊臣が将来激突し... ...続きを見る
ドラマ@見取り八段・実0段
2016/09/26 22:56
真田丸「昌幸」
タイトルから、ずっと存在感を放った、昌幸(草刈正雄)の最期は覚悟してたのですが、その最後の十年を描きつつ、本多忠勝(藤岡弘、)、加藤清正(新井浩文)までが、名物になったナレ死を遂げようとは… 呆然信之(大泉洋)らの助命嘆願により、昌幸(草刈正雄)信繁(堺雅人)らは、紀州九度山へ幽閉処分となり、村の実力者に、信繁が挨拶にいくのですが、(昌幸はへそを曲げて出ない)歓迎されてないこと、はなはだしいです。でも、シビアな雰囲気。ユーモア担当は女性陣。信繁の正室、春(松岡茉優)が、きり(長澤まさみ)に、信繁... ...続きを見る
のほほん便り
2016/09/27 07:11
真田丸 第三十八回「昌幸」
第三十七回「信之」はこちら。今日はタイトルどおり真田昌幸(草刈正雄)の最期。九度山に蟄居させられてからの十年を一気に。この大河をこれまでリードしてきたのは草刈正雄。誰だってそう思っている。あの美男なだけだった男が、古畑任三郎の神の回「ゲームの達人」を経由してここまでの役者になった。代表作を問われれば文句なく「真田丸です」と答えることができるのだ。もって瞑すべし。いや草刈さんは死んでないですけど。前回の視聴率は17.3%と的中。昌幸だけでなく、本多忠勝(藤岡弘、)、加藤清正(新井浩文)までが退... ...続きを見る
事務職員へのこの1冊
2016/09/27 07:33
【真田丸】第38回「昌幸」感想と視聴率
副題「昌幸」新聞ラテ「さらば!昌幸」第38話の関東の視聴率は、前回の17.3%よ ...続きを見る
ショコラの日記帳・別館
2016/09/29 20:35
真田丸 第38回「昌幸」
大河ドラマ『真田丸』のお時間です。 BSにて鑑賞。 第38回「昌幸」  あらすじ・・・・・・・ ...続きを見る
みはいる・BのB
2016/09/30 21:26

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
大河ドラマ 感想 真田丸 第38回「昌幸」 架空と現実の雑記帳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる