大河ドラマ 感想 真田丸 第34回「挙兵」

未遂に終わった家康屋敷襲撃。企てた三成は謹慎となりました。その三成ですが、小田原攻めなどを記録するために大量の資料を自宅に持ち出していました。「情報漏えいが…」とうるさい現代なら、それも咎められそうですが、そんなエピソードも後々の場面に生かされていました。


前田利家の仲介で政治に復帰できた三成でしたが、その利家が亡くなると、清正らから命を狙われることになりました。

反三成に加担している細川忠興の妻ガラシャから三成襲撃を聞かされたきりちゃん。さっそく信繁にご注進。

きりちゃんは単なる悲劇の目撃者になるだけかとおもっていましたが、ちょっとした間者役で使われる(脚本的に)とは意外でした。


きりちゃんから伝え聞いた信繁は三成を逃がし、三成が自宅に持ちこんだ大量の資料を戦火から守ろうと、兄の信幸と一緒に蔵へ運び出す作業に取り掛かりました。

でも、途中で清正らが乗りこんできました。


清正らが三成を捜していると、一室で信繁兄弟が悠然と将棋盤を囲んでおりました。
将棋を指しているのかとおもいきや、昔もやっていた将棋崩し(笑)。
「こいつら、いい歳して将棋崩しをやってるぞ」と、乗りこんできた武将たちが心の中でわらっていたかは不明。


抜刀して息巻く清正らに対して、
信幸は、「真田と事を構えるは国と国との戦い。そこまでの覚悟がお有りか?」と、カッコよく啖呵を切りました。さすが、真田家の嫡男です。


今回の三成襲撃事件で、5大老筆頭の家康が仲介することで決着しました。豊臣家は先週と同様に三成を擁護することはなく、三成は佐和山に蟄居することになってしまい、表舞台から身を引かざるを得なくなりました。

君側の奸とレッテルを貼られてしまった三成は、襲っても襲われても罰を受けるようになってしまいました。


さて、伏見を追われる際に清正に耳打ちした三成。さて、何と言ったんでしょうね。



三成が蟄居してしまい、フリーの立場になってしまった信繁。家康がそこに目をつけてきました。
「わしの下で働かないか」

三成の豊臣への並々ならぬ忠義の心を知る信繁は、天下を獲る気になった家康に尻尾を振るわけもなく、当然のように断りました。

フィクションの三谷ドラマなら、
「もう一度言う。わしの家来になれ」
「わかりました!」
みたいに、コミカルな展開もありそうでしたが…そこは大河です。きっぱりと拒否。




時は流れて、いつの間にか会津に帰っていた上杉景勝さん。
「武器を集めて、上洛もしないのはけしからん」と、家康が難癖をつければ、上杉側も「文句があるんならかかって来いよ!」と直江状。

これまでの直江くんは、お家大事で何かと穏便に事を済ませようとしていましたが、直江状は同じ人が書いたのかと思うほど挑発的でした。
そうなったのも、先週、景勝さんが本気になったからですね。


直江状ですっかり頭に血が昇った――というか、利用した――家康。
淀殿を言葉巧みに騙して豊臣の旗をせしめて、まんまと豊臣vs上杉という構図にしました。

ようやく、家康が敵役キャラを滲ませてきた。これから、もっと憎たらしいところを出してきてほしいですね。


さて、昌幸父さんは上杉の呼びかけに応えて、家康打倒を目指すようです。信繁はこれに従い、本多忠勝を舅に持つ信幸も昌幸の嫡男だからと賛成。

おお、真田が打倒家康で1枚岩になった!

と感激するも束の間、来週は「犬伏」ですやん。



そんで、家康は豊臣の旗を打ち立てて、いざ会津へ。

一方、三成も佐和山から出てきて、決戦に向けて動きだしました。でも、回りの面々が頼りないです。


第35回


前回

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック

【真田丸】第34回 「挙兵」 感想
Excerpt: 家康暗殺に失敗し謹慎することになった三成(山本耕史)。それでも収まらない清正(新井浩文)らは三成襲撃を計画する。 信繁(堺雅人)は伏見城下での武力衝突を恐れ、きり(長澤まさみ)に上田へ帰るよう指示す..
Weblog: ドラマ@見取り八段・実0段
Tracked: 2016-08-29 23:49

真田丸「挙兵」
Excerpt: 家康(内野聖陽)襲撃を諦めた三成(山本耕史)は、屋敷にて謹慎にほどなく、宇喜多秀家(高橋和也)前田利家(小林勝也)らの説得で、三成の謹慎は解かれるのですが、加藤清正(新井浩文)福島正則(深水元基)らの..
Weblog: のほほん便り
Tracked: 2016-08-30 07:19

真田丸 第三十四回「挙兵」
Excerpt: 第三十三回「動乱」はこちら。前回の視聴率は18.0%。オリンピックで沸き立っているときなのに意外に健闘した。というか、わたし、ものごころついてから、今回ほど物理的に見なかったオリンピックはないかも..
Weblog: 事務職員へのこの1冊
Tracked: 2016-08-30 07:22

真田丸 第34回「挙兵」
Excerpt: 大河ドラマ『真田丸』のお時間です。 BSにて鑑賞。 第34回「挙兵」 あらすじ・・・・・・・
Weblog: みはいる・BのB
Tracked: 2016-08-30 20:28

真田丸 第34回
Excerpt: 『挙兵』「七将襲撃ガラシャ走る!直江状上杉征伐~三成の涙、清正との誓い~ついに関ケ原!挙兵」内容家康(内野聖陽)襲撃を諦めた三成(山本耕史)は、屋敷にて謹慎する。ほどなくして、宇喜多秀家(高橋和也)前..
Weblog: レベル999のgoo部屋
Tracked: 2016-08-30 22:21