大河ドラマ 感想 真田丸 第27回「不信」

秀吉様(小日向文世)の機嫌を損ねないよう腐心する秀次(新納慎也)。能好きな秀吉様の機嫌を取ろうと稽古して御前で披露するも、他にやらねばならぬことがあるだろうと、かえって怒りを買ってしまいました。

そんな秀次を寧(鈴木京香)は「ありのままの姿見せるのよぉ♪」と、励ましました。お面をかぶって窮屈そうに舞う能は、いまの秀次の姿そのものでした。


秀吉は豊臣家の後継者として秀次にしっかりしてほしいので叱咤激励しているつもり。でも、秀次の胸の内は不信感で一杯になってきている。秀次の心配ぶりは傍から見るとコメディーのようにも見えました。コメディーなら腹の底から笑えますが、悲劇へと向かうものだけに哀れとしか言えません。


そんな中、ひと騒動が持ち上がりました。
信繁(堺雅人)に官位を与えようとした秀吉に対して、信繁は兄の信幸(大泉洋)を差し置いて戴くわけにはいかないと固辞。

策を弄して兄弟揃って官位を貰おうとしていると秀吉に咎められて、場の空気が凍りつきました。
しかし、秀次が恐る恐る自分の考えを述べました。官位を与えるのは関白である自分の役目であると。

秀次が能面を脱いだ瞬間でした。

自分の意見を主張した秀次に満足そうな笑みを浮かべる秀吉。褒められて嬉しそうな秀次。でも、二人の関係が良くなったのもこの一瞬だけでした。



さて、能面といえば、沼田にも能面顔のお稲さんがおりました。
京に上ることを信幸に告げられて、行きたくないと駄々をこねる始末。しかも、能面から涙でした。

「つらいのはあなただけではない」とおこうさんに諭されていました。観ている側からは、おこうさんだからこそ、その言葉に説得力がありましたが、稲には効果があったのでしょうか。(そもそも、一緒に行ったのかな?)



大阪では――。

秀吉の言動は、ことごとく秀次の不安感を煽ることになってしまい、とうとう出奔!?

行ったところが、きりちゃん(長澤まさみ)のところって!
史実をなぞる大河でなければ、きりちゃんと駆け落ちも有りなパターンなんですけどね。



第28回


前回

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック

【真田丸】第27回 「不信」 感想
Excerpt: 秀吉(小日向文世)と茶々(竹内結子)に再び男子が誕生。 信繁(堺雅人)は、関白秀次(新納慎也)のそばに付くように命じられる。 秀吉との溝が深まることを恐れる秀次は、吉野の花見で能を披露し機嫌をとろ..
Weblog: ドラマ@見取り八段・実0段
Tracked: 2016-07-11 23:58

真田丸「不信」
Excerpt: なんだか、みんなそれぞれに「良かれ」と思ってのことが、ことごとく、裏目裏目に出てしまった感ですよね。 茶々(竹内結子)との間に再び男子が誕生し、喜びにわく、秀吉(小日向文世)は、一歩退き、お気に..
Weblog: のほほん便り
Tracked: 2016-07-12 07:09

真田丸 第二十七回「不信」
Excerpt: 第二十六回「瓜売」はこちら。前回の視聴率は、19%超えどころか急降下して16.4%。まったく、レイティングというのはわからないものなのでした。他にも「とと姉ちゃん」が20%を切り、「サザエさん」も..
Weblog: 事務職員へのこの1冊
Tracked: 2016-07-12 21:26

真田丸 第27回
Excerpt: 「不信」内容秀吉(小日向文世)と茶々(竹内結子)の間に、男児が誕生。そのことは、秀次(新納慎也)に不安を呼び起こすことに。そんななか、信繁(堺雅人)は、秀吉から、秀次につくよう命じられる。 一方、信..
Weblog: レベル999のgoo部屋
Tracked: 2016-07-13 18:08

真田丸 第27回「不信」
Excerpt: 大河ドラマ『真田丸』のお時間です。 BSにて鑑賞。 第27回「不信」 あらすじ・・・・・・・
Weblog: みはいる・BのB
Tracked: 2016-07-17 14:08