大河ドラマ 感想 真田丸 第29回「異変」

先週浮上した母上様(高畑淳子)の経歴詐称疑惑。信幸・信繁兄弟が昌幸父さんに問いただすと、公家の娘ではないと白状いたしました。しかも、侍女!(笑)。この件は母上様がキツネだったのではなく、昌幸父さんが狸だったようです。世が世なら、炎上もんですよ(笑)。


その昌幸父さん(草刈正雄)は伏見城改築の役目を放りだして、遊郭のおネエちゃんのところに入り浸り。世の中がすっかり太平になってしまい、天下取りという壮大な夢を見られなくなった憂さ晴らしでしょうか。

代わりに城改築の重責を背負わされた信幸(大泉洋)は、仕事などのストレスから元妻のおこうさんのところに…。
こちらは父親と違って、近場で済ましております。

近場すぎた故に、今妻のお稲さん(吉田羊)に勘づかれる有様でした。
どうやら、お稲さんの心に嫉妬が芽生えはじめたようで、少しずつ信幸に愛情を持つようになったということでしょうか。


そんでもって、おこうさんとお稲さんがWオメデタ!
城改築の役目はさっぱりな感じの信幸でしたが、こちらの方は見事なお勤めぶりでした。



先週の放送から1週間。秀吉様、だいぶ老けこんでしまいました。
2度も家康を呼びつけて同じことを命じたりと、今でいうところの認知症の症状を見せはじめていました。

似たようなシーンが何度も繰りかえし出てきたので、タイムリープかと思いました(笑)。
(日テレの「時をかける少女」をアレしたわけじゃないとおもいますけど…)


そんな秀吉の健康状態という最高機密を巡って、信繁と信幸の間にも少しずつ溝が出来はじめたようです。

機密の保持に走った信繁と、真田家の行く末を考える信幸。ここにも、ちょっとした異変が生じはじめていました。



さて、ガラシャ夫人(橋本マナミ)と出会い、キリスト教に触れるきりちゃん(長澤まさみ)。
このままキリシタンになってしまうのか、それともガラシャの悲劇を間近で見るためだけの役割なのでしょうか。

いずれにしても、大きな悲劇を二つ(秀次に続いて)も目撃することになりそうで、ちょっと可哀そうですね。




第30回


前回

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック

【真田丸】第29回 「異変」 感想
Excerpt: 信繁(堺雅人)は、秀吉(小日向文世)じきじきの肝いりで、大谷吉継(片岡愛之助)の娘・春(松岡茉優)を正室に迎える。 信幸(大泉洋)は、秀吉が新たに築城しようとする伏見城の普請を受け持つことになるが、..
Weblog: ドラマ@見取り八段・実0段
Tracked: 2016-07-25 22:46

真田丸「異変」
Excerpt: 秀吉(小日向文世)に、どんどん老いの兆候が。 同じことを繰り返し、言い、食の好みが変わり、ついに寝小便。茶々(竹内結子)には、息子の拾には、全盛だった頃の父親を覚えておいて欲しいから、と疎んじら..
Weblog: のほほん便り
Tracked: 2016-07-26 07:32

真田丸 第29回「異変」
Excerpt: 大河ドラマ『真田丸』のお時間です。 BSにて鑑賞。 第29回「異変」 あらすじ・・・・・・・
Weblog: みはいる・BのB
Tracked: 2016-07-26 11:47

真田丸 第29回
Excerpt: 『異変』「忠義の嘘異変」 内容秀吉(小日向文世)の肝煎りで大谷吉継(片岡愛之助)の娘・春(松岡茉優)を信繁(堺雅人)は、正室として迎えることに。真田家の面々から、快く受け入れられる春だったが、そんな春..
Weblog: レベル999のgoo部屋
Tracked: 2016-07-26 22:23