大河ドラマ 感想 真田丸 第22回 「裁定」

真田と北条で争われていた沼田城の領有権問題。秀吉という第三者の厳しい目で精査されるのかとおもわれましたが、天下統一を早めたい秀吉様にはどっちに転んでもいい話で、途中から子守に勤しんでおられました。この件で株を上げたのは秀次くんと信幸兄さんかな。

子守で忙しくなった秀吉様(小日向文世)から後を託された秀次くん(新納慎也)。
普段はナヨナヨで頼りなさげな秀次ですが、「沼田城を譲り渡す」といった言い方がすでに真田のものと認めていると、名裁きをいたしました。


沼田を守れたと喜ぶ昌幸父さん(草刈正雄)でしたが、小部屋に潜んで小耳を立てていたことを石田三成(山本耕史)に知られていた挙げ句、沼田城の放棄を約束させられました。
しかし、沼田城近くにある名胡桃城を真田ゆかりの地(でっち上げ)として、ちゃっかり確保することに成功。昌幸父さんの狸っぷりがようやくアウェーでも発揮されました(笑)。

これで戦は回避されるかと思いきや、腰が重すぎる北条氏政(高嶋政伸)は小田原から動かず。おまけに、家臣が名胡桃城を攻め取ってしまいました。


沼田領を身ぐるみ剥がされた真田サイドは怒り心頭です。
真田の郷では、留守を守る信幸(大泉洋)を中心に軍議。そこへ、たまたま居合わせた(笑)という舅の本多忠勝(藤岡弘、)が「加勢するぞ」と鼻息荒く軍議に乱入。

北条の大軍を前にして、武勇に優れる忠勝の助勢は心強いのだろうけれど、舅とはいえ徳川の家臣であるという理由で軍議の場から出て行ってもらうなんて、後継ぎとしての信幸の成長をうかがわせるものでした。


秀次と信幸という次世代の成長。片方はお家の火種に、もう片方はお家の存続に…でしょうか。




第23回へ


前回

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック

【真田丸】第22回 「裁定」 感想
Excerpt: 北条氏政(高嶋政伸)の沼田城明け渡し要求を断固拒否する真田。 北条を上洛させたい秀吉(小日向文世)を判事役に、原告・北条、被告・真田の戦国裁判劇の幕が上がる。 信繁(堺雅人)は真田の代表として弁舌..
Weblog: ドラマ@見取り八段・実0段
Tracked: 2016-06-06 23:36

真田丸「裁定」
Excerpt: 今回は、スリリングな裁判劇 判事は、秀吉(小日向文世)で、本多正信(近藤正臣)が証人 北条氏政(高嶋政伸)の、沼田城明け渡しを拒否する真田家。信繁(堺雅人)は、北条家名代・板部岡江雪斎(山..
Weblog: のほほん便り
Tracked: 2016-06-07 07:07

真田丸 第二十二回「裁定」
Excerpt: 第二十一回「戦端」はこちら。 前回の視聴率は16.8%と下降。笑点の28.1%というとんでもない数字をはじめとした日テレ日曜夜の鉄壁バラエティ軍の、というよりいつもは無印のフジで中継されたバレー..
Weblog: 事務職員へのこの1冊
Tracked: 2016-06-07 07:22

真田丸 第22回
Excerpt: 『裁定』「被告信繁裁判長秀吉vs名胡桃城裁定」 内容北条氏政(高嶋政伸)の沼田城明け渡しを拒否する真田家。秀吉(小日向文世)を前に、本多正信(近藤正臣)が証人に、信繁(堺雅人)は、北条家名代・板部岡江..
Weblog: レベル999のgoo部屋
Tracked: 2016-06-07 17:26

真田丸 第22回「裁定」
Excerpt: 大河ドラマ『真田丸』のお時間です。 BSにて鑑賞。 第22回「裁定」 あらすじ・・・・・・・
Weblog: みはいる・BのB
Tracked: 2016-06-08 21:04