大河ドラマ 感想 真田丸 第17回「再会」

家康の上洛を巡る秀吉らの駆け引きや、松姉さん(?)との再会やら、今週は色んなエピソードがたくさんあって、ボリューム満点・お腹いっぱいで満足な回でした。

「真田討伐が許された! すわ、大変!」

と、城中を駆けまわった信繁(堺雅人)でしたが、なぁ~んてことはない。秀吉様(小日向文世)が家康(内野聖陽)の本心を探るために一時的に真田討伐の許可をだしたものと判明。

そうとは知らぬ家康らは勇んで戦支度をしたものの、けっきょく出陣すらできず。
使者に行っていた片桐且元さんは、秀吉と家康の間で板挟みになって胃がキリキリ…。このころから、片桐さんは豊臣家と徳川家の間で板挟み状態なんですなぁ。ご愁傷様です。


真田討伐が取りやめになってホッとした真田家の面々。

徳川来る! というときは、「新たな策がある!」なんぞと豪語してしておりました昌幸父さん(草刈正雄)でしたが、案の定(?)真田討伐が中止になったら「良かった。策なんぞなかった」と言いだす始末。

それなのに、上洛を渋って真田家を高く売りつけようと相変わらずの欲深さ。心配する信幸(大泉洋)に「大丈夫じゃ」と言っていたけれど、どこがじゃぁ~という感じ。

信幸が頼れるのは大坂にいる信繁。頻繁に手紙を送っていたけれど、兄弟の手紙は、ことごとく三成に捕捉されていました。
こういうところは、いやらしいですね、三成って。



信繁と茶々(竹内結子)のことは、秀吉様にバレバレでした。しかも、信繁の顔が茶々の”好みの顔”であることも。それと、井戸に落ちて死んだという立花権三の一件も秀吉様の口から。やっぱり、秀吉様が嫉妬から…(アワワ)。

利口な(オンナで失敗しない)男だと秀吉に認められた信繁。
変な虫がつかないようになのか、変な虫のところに行かないようになのか、茶々のお目付け役を仰せつかることに。

堺雅人さんの年齢で見ると”利口な男”は納得できるけれど、本当の信繁って、思春期真っ只中ですからねぇ。これが歴史物じゃなくてフィクションものだったら、ドロドロな展開を期待しちゃうところです(笑)。


そんなわけで、あの世行きもあり得る茶々からの妖しいお誘いを払いのけるために、お札代わりの「きり(長澤まさみ)は、ぼくのカノジョ」宣言。
事情を知らないきりちゃんは、嬉しそう(これから、ますます厚かましくなる予感)。逆にきりちゃんを見る茶々の目が怖かったです。
今度は、きりちゃんが井戸の底に消えそう。
(たぶん無いでしょうけど)


さて、行方知れずだった松姉さん(木村佳乃)が出雲の阿国一座におりました。どうやら記憶喪失になっているようですね。来週は昌幸父さんも大坂入りのようなので、これが記憶を取り戻すきっかけにでもなるのかな。どうなのでしょうか。

いずれにしても、色々と賑やかになるのは間違いなさそうです。



第18回へ


前回

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック

【真田丸】第17回 「再会」 感想
Excerpt: 信繁(堺雅人)は、秀吉(小日向文世)が家康(内野聖陽)の真田攻めを許したと知り驚く。 必死で取り消すよう頼むが、秀吉は取り合わない。 昌幸(草刈正雄)は、家康以上に秀吉への警戒を強める。 一方、..
Weblog: ドラマ@見取り八段・実0段
Tracked: 2016-05-03 00:01

真田丸 第十七回「再会」
Excerpt: 第十六回「表裏」はこちら。前回の視聴率は16.9%と停滞。そしてそのこと自体がニュースになっている。BSの視聴率はついに5%突破とか。スマホでは自分がチェックしたニュースに関連したネタが前面に出て..
Weblog: 事務職員へのこの1冊
Tracked: 2016-05-03 08:58

真田丸 第17回
Excerpt: 「再会」 内容片桐且元(小林隆)の話で、秀吉(小日向文世)が家康(内野聖陽)による、真田攻めを許したと聞き、慌てる信繁(堺雅人)信繁は、許しの取り消しを秀吉に懇願するが、拒絶される。だが席を替えたあ..
Weblog: レベル999のgoo部屋
Tracked: 2016-05-03 22:40

真田丸 第17回「再会」
Excerpt: 大河ドラマ『真田丸』のお時間です。 第17回「再会」 BSで鑑賞。 あらすじ・・・・・・・
Weblog: みはいる・BのB
Tracked: 2016-05-04 13:46