架空と現実の雑記帳

アクセスカウンタ

zoom RSS 大河ドラマ 真田丸 第7回「奪回」 きりちゃんにイラッ

<<   作成日時 : 2016/02/22 21:48   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 5 / コメント 0

お婆様と〔きり〕(長澤まさみ)たちの奪還を小諸城で敢行すると決めた信繁(堺雅人)たち。小諸城兵と滝川一益の兵が入り混じっているのを利用して巧みに潜入。足の汚れの有無で両者の区別をして、言葉巧みに人質の居場所を探りだすなんぞ、さすが信繁と感心しました。

ですが、主人公側の嘘はバレるという定石どおり、信繁の正体は小諸城兵側にも滝川側にも知られる始末で…。
(昌幸父さんの狸ぶりも、同様に露見しましたっけ)

「結局、人質が二人増えただけじゃない」
と、〔きり〕に揶揄されるハメに。


そんな〔きり〕のピ−チクパーチクやかましいのは、人質という立場になっても変わらず(忍び込んできているのに、でかい声ではしゃぎすぎです)。
お婆さまに毒吐いてみたり、信繁に背負われるお婆さまに嫉妬して見せたり、好きな信繁の前で素直になれないなど、心の揺れ幅は大きいままです。

正直、今回の〔きり〕のわがままな言動にはイラっとさせられました(笑)。

対照的に、お婆さまのどっしりと胆の据わったこと。さすがです。



信州を脱出する滝川一益の前に立ちはだかったのが木曽義昌。
取引材料として、人質になっていた信繁たちが木曽に引き渡されることに。

小山田信茂、穴山梅雪と共に武田家裏切り者トリオの一角を成していた木曽義昌がここで登場でした。
それに、お婆さまに頭が上がらないとはね。
(史実はどうなのか知りませんけど)


一方、昌幸父さん(草刈正雄)は、出浦昌相(寺島進)をスパイ要員としてわざと北条方につけ、真田は上杉家につくという。

と思いきや、上杉をハメるつもりらしいです。

昌幸父さんと上杉景勝とのやり取り――。
思い返せばプンプン臭っていたのに、油断してた〜。
見ているこっちも騙された。戦国の世で生きていけぬ。

「今まで本気出してなかっただけ」の昌幸父さんが、いよいよ本気の謀略で上杉・北条と渡り合っていくみたいですけど、策に溺れないか心配の予告ぶりでした。



第8回



前回

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(5件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
【真田丸】第7回感想と視聴率「奪回」&信繁の正室決定♪
副題「奪回」 新聞ラテ「戦国の女 人質の覚悟」 真田信繁(堺雅人)の正室・春(竹 ...続きを見る
ショコラの日記帳・別館
2016/02/23 00:00
【真田丸】第7回 「奪回」 感想
本能寺の変後の混乱に乗じて、昌幸(草刈正雄)は領地の奪回を狙う。 滝川一益(段田安則)と北条氏政(高嶋政伸)が戦っているすきに上州の沼田城と岩櫃城を取り戻す。 信繁(堺雅人)は一益に人質に取られていた祖母とり(草笛光子)、きり(長澤まさみ)を救出するため小諸城に潜入。 信繁の知恵で成功するかに思われたが…。 ...続きを見る
ドラマ@見取り八段・実0段
2016/02/23 00:03
真田丸、裏切り!!
まだ天正十一年なんですね 武田が滅亡し、信長が殺され、信濃に限らず日本全土が混沌としていた 激動の一年、これほど濃密な一年は無かったかも知れません。 ...続きを見る
函館 Glass Life
2016/02/23 10:08
真田丸 第7回
『奪回』「戦国の女人質の覚悟」 内容滝川一益(段田安則)へ、母・とり(草笛光子)を人質に出した昌幸(草刈正雄)同時に、一益をたきつけて北条氏政(高嶋政伸)を攻めさせる。その対決の隙を狙い、昌幸は、かつての居城、沼田、岩櫃を取り戻すのだった。しかし、沼田... ...続きを見る
レベル999のgoo部屋
2016/02/23 22:48
真田丸 第7回「奪回」
大河ドラマ『真田丸』のお時間です。 第7回「奪回」 あらすじ・・・・・・ ...続きを見る
みはいる・BのB
2016/02/26 20:57

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
大河ドラマ 真田丸 第7回「奪回」 きりちゃんにイラッ 架空と現実の雑記帳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる