架空と現実の雑記帳

アクセスカウンタ

zoom RSS 17年(野球暦)VLPB 表彰式2 [野球 架空リーグ Award]

<<   作成日時 : 2017/08/07 21:36   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

前回に引き続き、VLPBアワードの続報です。注目の最優秀投手賞と最優秀打者賞が発表されました。

【 OOTP17 暦17年 11/5〜11/6】

☆最優秀投手賞

11/5
画像


*サリーグ

・Yorinao Yoriuchi 投手(29 仙台フェニックス)☆07年ドラ1くん
 メジャー期間9年目。通算147勝49敗、0セーブ、0ホールド、防 2.68、奪三振2041。

 今季は30試合に先発して、20勝2敗、防 2.20、奪三振251、QS%=80、完投0(完封0)。投手部門の3冠(防御率・勝ち数・奪三振)を2年連続で達成(通算3回)。

 7月半ばまで、無傷の12連勝を記録するなど、開幕から好調だった。直後に2連敗したものの、その後は再び8連勝してシーズンを終えた。
 プレイオフでの活躍も期待されたが、地区シリーズのBCベルサイユ戦では打線の援護がなかったせいもあるが、1勝2敗に終わった。


 最優秀投手賞は2年連続3度目。

 15年5月に7年総額$1億5620万(156.2億円)で契約を延長しましたが、期待以上の活躍でチームに貢献しています。「ドラ1成長記」で追いかけているドラ1くんの中でも出世頭と言えそうな Yoriuchi であります。

Yoriuchi 投手の話
今シーズンは状態がとても良くて、納得できる投球がシーズンを通してできた。プレイオフ(地区シリーズ敗退)に関しては、チームとしても運がなかったかな(笑)。

2年連続で最優秀投手賞をいただけたことを誇りにおもう。個人的には満足いく結果を残せているので、来年はチームとしてVLPBの頂点に立てたら最高だとおもう。
 

*スリーグ

・Elliot Ramos 投手(29 ウォールストリート・ブルズ)
 メジャー3年目。通算62勝22敗、0セーブ、0ホールド、防 2.38、奪三振702。

 今季は31試合に先発して、21勝6敗、防 2.02、奪三振238、QS%=90、完投15(完封5)をマーク。
 自身初の投手3冠を達成。3年連続最多勝、2年連続最優秀防御率。

 4月末までは4勝3敗と波に乗れていなかったが、5月に入ってから9連勝するなど調子が上がっていった。夏場に少し調子を落としたが、シーズン終盤に再度ギアが上がった。

 プレイオフは地区シリーズに2試合登板。1勝をマークも、チームは敗退した。

Ramos 投手の話
このような素晴らしい賞を2年連続で貰えて光栄におもう。即戦力として海外FAでVLPB入りしたので、チームの勝利に貢献することを意識してやってきたことが実を結んでいるとおもう。来年もこのパフォーマンスをファンの皆さんに見せられるように頑張りたい。



☆最優秀打者賞

11/6
画像


*サリーグ

・Nobuhito Adachi 捕手(32 仙台フェニックス)
 メジャー11年目。打率・本塁打の2冠を獲得しての受賞。最優秀打者賞は2年連続5度目。
 今季は144試合に出場して、率358(リーグ1位)、本48(同1位)、打点127(同2位)、盗塁3、出塁率419(同1位)、長打率665(同1位)をマーク。

13年と同じくらいの活躍ぶりでした。その年も、最優秀打者賞を受賞。

*Adachi 選手の年度別打撃成績・通算成績

画像

          ※赤字は1位

14年7月に7年総額$1億650万(106.5億円)で契約を延長した Adachi 選手ですが、チームの顔どころかVLPBを代表する選手になっています。

Adachi 選手の話
昨年は首位打者のタイトルを獲ったけれど、打点は100を割り、本塁打数も近年にない少ない数字だったので、周りからは「もうピークを過ぎた」と色々と心配された(笑)。まだまだやれるということを証明できたと思う。

個人成績ウンヌンよりも、チームが勝たなくては仕方がない(地区シリーズで敗退)。来年こそ頂点に立てるように頑張りたい。


*スリーグ

・Toshiaki Musaka 外野手(31 東京エレファンツ)
 メジャー期間9年目。昨年は無冠で受賞したが、今年は自身2度目の3冠を達成して、文句なしの2年連続4度目の受賞となった。

 今季は156試合にフル出場して、率377(リーグ1位)、本55(同1位)、打点1150(同1位)、盗塁4、出塁率468(同1位)、長打率726(同1位)をマーク。

*Musaka 選手の年度別打撃成績・通算成績

画像

          ※赤字は1位

今年は、最大7年総額$1億8060万(180.6億円)の巨額契約(3年目以降は選手側に契約破棄条項)を結んだ1年目ということで注目されましたが、立派にその期待に応えた Musaka 選手でした。

Musaka 選手の話
移籍1年目ということもあってプレッシャーもあったけれど、チームに貢献できた。それがこういう形になったことは嬉しい。昨年は胸を張れるような成績ではなかったが、今年は素直に嬉しい。

来年もリーグ優勝して、取り損ねたVLPB王者の称号を獲得したい。



次の記事


前の記事

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
17年(野球暦)VLPB 表彰式2 [野球 架空リーグ Award] 架空と現実の雑記帳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる