架空と現実の雑記帳

アクセスカウンタ

zoom RSS 17年(野球暦) VLPB アワード1 [野球 架空リーグ Award]

<<   作成日時 : 2017/08/01 21:47   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

オフシーズンの恒例行事、VLPB Award の季節がやってまいりました。17年(野球シミュ暦)シーズンの各賞がゴールデングラブ賞を皮切りに、数日にわたって発表されます。今回はその前半となります。


【 OOTP17 暦17年 10/31〜11/4】


☆ゴールデングラブ賞

10/31


*サリーグ

Pitcher
Tsugishige Nakamu (24 仙台フェニックス)

Catcher
Suketsune Masaki (23 札幌ベアーズ)

First Baseman
Kakunobu Migihara (28 長崎セインツ)
 2度目

Second Baseman
Tetsuji Igaki (28 プエルト・プラタ・バッカニアーズ)

Third Baseman
Ryouta Sazanami (22 高知モナークス)

Shortstop
Norberto Gonzales (28 BCベルサイユ)
 2年連続2度目

Left Fielder
Wang Guang (23 台南ドラゴンズ)
 2年連続2度目

Center Fielder
Michael van Egmond (29 なにわタイガース)

Right Fielder
Mitsukazu Mashita (28 シェットランドシープドッグス)
 2度目


*スリーグ

Pitcher
Godfrey Reugebrink (32 東海グリフィンズ)

Catcher
Nicolas Schenkevelt (29 エドモントン・オイルサンズ)
 2度目

First Baseman
Kagemitsu Sugisaki (27 エトルリアBC)
 3年連続3度目

Second Baseman
Allan Agundo (26 浜名パイレーツ)
 2年連続2度目

Third Baseman
Juan Valle (31 シドニー・ウォンバッツ)
 3年連続3度目

Shortstop
Juan Reyes (31 金沢ゴールドリーフ)
 2年連続8度目(過去6回はサリーグで受賞)

Left Fielder
Fuminaga Kuwagawa (24 シドニー・ウォンバッツ)

Center Fielder
Kazuhiro Kuma (28 薩摩スタリオンズ)
 6年連続6度目

Right Fielder
Kasper Verhoeven (28 ウォールストリート・ブルズ)



☆最優秀救援投手賞

11/1
画像


*サリーグ
・Rodger Seitzinger 投手(34 博多ビーバーズ)

 メジャー期間10年目。右投げ。キュラソー出身。
 初受賞。

 昨年はソウルで中継ぎだったが、オフにFAで博多と3年契約。今季は2年ぶりに自身2度目のクローザーを務める。

 今季は68試合にリリーフ登板して、9勝1敗35セーブ(失敗1)、1ホールド、防 1.16 という成績。



*スリーグ
・Mei-shan Liu 投手(28 エドモントン・オイルサンズ)

 メジャー期間8年目。右投げ。台湾出身。
 3年連続3回目の受賞。

 今季は68試合にリリーフ登板して、5勝3敗41セーブ(失敗0)、1ホールド、防 1.60 をマーク。



☆新人王

11/3
画像


*サリーグ

・Michael van Egmond 外野手(29 なにわタイガース)

 昨年(16年)11月にオランダ・リーグからFAでVLPB入りを表明。同年12月になにわと4年総額$3650万(36.5億円)で契約。

 今季は中軸として156試合にフル出場(他にワイルドカード決定戦1G)して、率253、本33(チーム2位)、打点98(同4位)、盗塁39(リーグ4位)、出塁率350、長打率465をマークした。

 先日発表されたゴールデングラブ賞では、中堅手として選ばれた。


van Egmond 選手の話
ホームラン、打点、盗塁と、満足いく成績を残せたし、こういう形で賞を取れたのもよかった。だが、4年契約してくれたタイガースの期待はもっと高いと思っている。打率があまり良くなかったので、確実性を上げて来季はもっとチームのために頑張りたい。


*スリーグ

・Norishige Aoto 遊撃手(21 東京エレファンツ)☆16年ドラ1くん

 昨年(16年)12月のドラフトで、いの1番で東京エレファンツに指名された。

 今季はリードオフマンとして156試合にフル出場して、率265、本4、打点56、盗塁56(リーグ1位)、出塁率328、長打率385をマークした。

 開幕当初は3割中盤まで打率が跳ね上がったものの、4月に入ってから1割台へと急降下。それでも、我慢して使われ続けた結果、5月中盤から調子を少しずつ取り戻してきた。夏(7月)からは250辺りで安定していた。

Aoto 選手の話
苦しい時期も、監督さんに我慢して使ってもらったので感謝しています。盗塁を含めた走塁に期待していると言われていたので、気持ちを切らさずにやれたと思います。盗塁王? 足は自分のセールスポイントだし、1年目で獲れたことは自信にもなりました。


本当の意味でルーキーイヤーでの新人王獲得で、VLPB史上初の快挙です。近年、海外からのFA組が新人王をかっさらうパターンが多かったので、こういう純粋な新人選手が受賞できてよかったです。



次の記事


前の記事

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
17年(野球暦) VLPB アワード1 [野球 架空リーグ Award] 架空と現実の雑記帳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる