架空と現実の雑記帳

アクセスカウンタ

zoom RSS Inase、3000本安打 ['17 VLPB 野球架空リーグ 8月その3]

<<   作成日時 : 2017/06/22 22:26   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

長崎の Inase 外野手(38)が3000本安打を達成。また、個人打撃成績では、東京の Musaka 外野手(30)が3部門でトップを走っていることなど、2分割した8月後半パート2。


【 OOTP17 暦17年 8/24〜8/31】


☆Inase、3000本安打

8/24
画像


長崎セインツの Harukazu Inase 外野手(38)が史上7人目となる3000本安打を達成した。

Inase は長崎球場で行われた甲府ワイナリーズ戦に5番DHで先発出場。第2打席でヒットを放ち、3000の大台に到達した。偉業達成の瞬間、ホームに詰めかけたファンから生え抜き選手への祝福の拍手が沸き起こった。

この日の Inase は3安打の固め打ちで、通算安打数を3002本に伸ばした。

Inase 選手の話
記録もそうだが、プロ生活が18年も続くとは思ってもみなかったので、よくここまで来れたなぁというのが正直な感想です。今季はあまり調子も良くなくて、監督さんが我慢して使ってくれたおかげです。


*Inase 選手の年度別打撃成績・通算成績

画像


通算安打数の他に、本塁打478は歴代7位、打点1682は歴代3位の記録。

Inase 選手の略歴
00年、初回ドラフト(inaugural draft)3巡目で、長崎セインツに入団。右打ち。神戸市出身。
09年5月に5年総額$6750万(67.5億円)で契約を延長。14年オフにも、最大3年総額$4350万で延長した。今季が最終年。

14年5/29に400本塁打、15年3/19に1500打点を達成。

タイトル獲得は無くて、07年の本塁打(41)と打点(118)がリーグ2位の成績だった。
オールスター出場4回。


VLPBで使用している OOTP というゲームはMLBをベースにしているので、FAやトレードなどでの移籍が当たり前な世界。移籍歴を眺めているのだけでもワクワクするものですが、こうして1球団ひと筋な歴史を見ると新鮮で、球団愛も感じられるのでいいですね。




☆その他の主なニュース


8/27
・Kageyori Tamagaki 投手(31 シェットランド・シープドッグス)

画像

 船橋フロンティアーズ打線を1安打完封。96球・1四球・6奪三振という内容。今季8勝目(13敗)。


8/30
・Tsunenori Mae 投手(24 台南ドラゴンズ)

画像

 倉敷マスカッツ打線を1安打完封で14勝目(3敗)。119球・1四球・13奪三振という内容。2ケタ奪三振は今季2度目。



*復帰

8/29
・Hirosada Kodera 投手(32 長崎セインツ)

 6/11にテレビのインタビュー中にレポーターと喧嘩(過去記事)をして手を骨折して療養していたが、このほど60日間のDLから復帰。

ケガ前はクローザーとして19セーブ(1勝3敗、防 4.40)を挙げていた。
現在の長崎は Uzumi 投手(33)がクローザーを務めていて、5勝4敗11セーブ、防 2.79 と、まずまずの成績を収めている。

そのため、Kodera はそのままクローザー復帰とはならず。しかも、中継ぎではなく先発6番手として起用される方針。



*8/31時点の個人成績(両リーグ統合)

画像


東京の Musaka 外野手(30)が打撃3部門でトップに立った。もし、このまま3冠王誕生となれば、13年に Musaka 自身が達成して以来となるが、どうなるでしょうか。

投手は、防御率部門でウォールストリートの Ramos (29)が依然として1位。勝利数は、その Ramos ら3人が15勝で並ぶ。
奪三振は、前回1位だった仙台の Yoriuchi (28 07年 ドラ1くん)が1個差でトップを守る。



8/31時点のスリーグ順位表

画像

L10=最近10試合の成績
strk=連勝/連敗 Wx=X連勝中、Lx=X連敗中

オーシャン地区は、8/20に首位の座を明け渡した下関ディアーズだったが、31日に首位を奪還して8月を終えた。一方の2位東京エレファンツは期間中9勝5敗と頑張ったが、首位の座を守り切れず、再び追う展開。

マウンテン地区は、1位の徳島ロングホーンズと2位のエトルリアBCが揃って8勝6敗で、両者の差は変わらず。徳島のマジックが11。

フォレスト地区は、ウォールストリート・ブルズが11勝3敗とラストスパート。2位のエドモントン・オイルサンズとの差を一気に7つ拡げた。この結果、ウォールストリートのマジックが1ケタの8となった。


*スリーグ・ワイルドカード争い(1枠)

画像



8/31時点のサリーグ順位表

画像


オーシャン地区は、期間中13勝2敗だったBCベルサイユが7差を引っくり返して首位に立った。前回1位だったソウル・ラクーンズは5勝9敗と負け越して、2位に転落。しかし、その差は0.5差。3位の博多ビーバーズも5勝9敗で、上位が入れ替わっても首位の差は前回と変わらず。


*ベルサイユの日程と結果

画像


マウンテン地区は、首位の仙台フェニックスが9勝6敗で首位の座を守る。2位のなにわタイガースが9勝6敗、3位の札幌ベアーズが10勝4敗で、大きな変動は無し。

フォレスト地区は、プエルト・プラタ・バッカニアーズが6勝8敗と2つ負け越しも、首位をキープ。2位には、前回3位だった新潟キングフィッシャーズが10勝4敗で首位との差を4つ縮めて浮上してきた。一方、台南ドラゴンズが5勝9敗で3位に順位を下げた。


*サリーグ・ワイルドカード争い(1枠)

画像




次の記事


前の記事

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
Inase、3000本安打 ['17 VLPB 野球架空リーグ 8月その3] 架空と現実の雑記帳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる