架空と現実の雑記帳

アクセスカウンタ

zoom RSS Musaka 300号 ['17 VLPB 架空野球 日記 7月その1]

<<   作成日時 : 2017/06/04 12:20   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

東京の Musaka 外野手(30)が通算300本塁打、ソウルの Sasamoto 投手(35)が150勝、仙台の Adachi 捕手(32)が2000本安打を達成。他に、球宴投票の最終結果など、オールスター直前の7月上旬の球界情報まとめ。


【 OOTP17 暦17年 7/1〜7/10】


☆Musaka 300号

7/5
画像

東京エレファンツの Toshiaki Musaka 外野手(30)が湘南ホワイトシャークス戦で2ランを打ち、両リーグを通じて30号1番乗りを果たすとともに、メジャー通算300号の金字塔を立てた。

画像


Musaka 選手の話
打った瞬間、手応えがあった。(6試合ぶりの本塁打に)焦りはなかったが、早く打ちたいと思っていた。初回に出た先制2ランということで、チームに勢いがつけられたし、勝ててよかった。

*Musaka 選手の年度別打撃成績・通算成績

画像

          ※赤字は1位

FA移籍1年目。13年の三冠王という肩書で、最大7年総額$1億8060万(180.6億円)の巨額契約(3年目以降は選手側に契約破棄条項)を結んでのエレファンツ入り。この日のホームランで7年連続の30本越えを達成したのはもちろんだが、打撃成績チーム3冠で実績に恥じぬ活躍を見せている Musaka 選手です。



☆Sasamoto 、150勝をマーク

7/4
画像

        ※成績は直近10年

ソウル・ラクーンズの Michisuke Sasamoto 投手(35)がプロ通算150勝をマークした。

鳥取のサンドヒルパークで行われた鳥取サイクロンズ戦に先発登板した Sasamoto 投手。2安打(1本塁打)・1四球・1失点・3奪三振の投球内容で、2−1と1点リードの6回で降板した。試合は3−1でソウルが逃げ切って、Sasamoto は輝かしい勝ち星をゲットした。

勝利の瞬間、Sasamoto はチームメイトらとハイタッチ。また、最後を締めたクローザーの Adriaanse 投手(29)からボールを受け取ると、労をねぎらうようにハグした。

Sasamoto は、これで今季10勝目(3敗)。2ケタ勝利は11年連続となった。
昨季はチーム最多の18勝をマークして、チームのVLPB制覇に貢献した。

■Sasamoto 投手の略歴
04年ドラフト1巡目でポートランド・ペンギンズに入団。右投げ。大阪市出身。
11年オフにFAとなって、ソウル・ラクーンズと6年総額$9180万(91.8億円)で契約。今季最終年。

16年9/18に2000奪三振をマーク。



☆Saji 投手、今季限りで引退へ

7/6
画像


琉球ドルフィンズの中継ぎ右腕・Tsugihiro Saji 投手(43)が今季限りで現役を退くことを表明した。

画像

        ※成績は直近10年

Saji 投手は新生VLPB発足の00年からプロ生活をスタートして、メジャー18年目の大ベテラン。11年の37歳までは、ウォールストリート〜台南〜鳥取の3球団でクローザーとして活躍した。
10年にマークした43セーブは、サリーグ2位の成績だった。

通算908試合(歴代11位)に登板して、56勝51敗、414セーブ(失敗42)、35ホールド、防 2.47、奪三振1034。

全盛期は158キロの直球を投げていた Saji 投手。今は140キロそこそこ。球種も直球とスプリットの2種類。近年はコントロールの良さと変化球の切れで勝負してきたようですが、もう限界といったところでしょうか。


*歴代セーブ数トップ10

画像




☆Adachi、2000本安打達成

7/7
画像


仙台フェニックスの Nobuhito Adachi 捕手(32)が本拠地・仙台スタジアムでメモリアルヒットを刻んだ。

札幌ベアーズ戦に3番キャッチャーで先発出場した Adachi 。
0−3と3点ビハインドで迎えた6回裏にソロホームランを打って、2000本安打を達成。ホームを踏んだ Adachi は、拍手で称える観衆にヘルメットを高く掲げて応えた。

8回裏にも2塁打を打ち、通算安打数を2001に伸ばした。

試合は、仙台が2−3で敗れて、Adachi の快挙を勝利で飾ることはできなかった。

Kawagoe 監督(61)は、「Adachi は個人記録に関心はない。献身的で、常にチームのことを考えてくれている。今日の敗戦も、彼が一番残念がっていると思う」と話していた。

*Adachi 選手の年度別打撃成績・通算成績

画像

          ※赤字は1位



☆球宴最多得票は Adachi

6/10
画像


今月12日に開催されるオールスターゲームのファン投票の結果が事務局より発表された。
最多得票は、522万票を集めた仙台フェニックス(サイバーリーグ)の Nobuhito Adachi 捕手(32)だった。

サリーグの得票トップ3は他に、509万票を集めた台南ドラゴンズの Ernesto Medina 外野手(28 09年ドラ1くん)が2位、仙台フェニックスの Yorinao Yoriuchi 投手(28 07年 ドラ1くん)が440万票で第3位となった。


画像

スポーツリーグの最多得票は、東京エレファンツの Toshiaki Musaka 外野手(30)で506万票。2位は、ウォールストリート・ブルズの Elliot Ramos 投手(29)で505万票。3位は神戸バイキングスの Kazufumi Iegami 外野手(26)で470万票だった。

Iegami の今季の成績は、率334(リーグ4位)、本29(同2位)、打点67、盗塁9、出塁率397、長打率630(同2位)という成績。



☆その他の主なニュース


7/4
・Tadanao Maenaka 投手(29 湘南ホワイトシャークス)

画像

 東京エレファンツ打線を5安打・無四球・14奪三振で完封。今季11勝目(3敗)。1試合14奪三振は自己最多。


7/7
・Jose Salazar 2塁手(32 東京エレファンツ)

 信濃アプリコッツ戦で2ホーマー・6打点の活躍。1試合6打点は、16年6/25以来自己最多タイ。



*7/10時点の個人成績(両リーグ統合)

画像

仙台の Adachi 捕手(32)は、前回打点部門でトップだったが2位に後退。しかし、打率部門で1位に立った。
本塁打部門は、東京の Musaka 外野手(30)が1位を守っている。
打点部門では、台南 Medina 外野手(28 09年ドラ1くん)が期間中12打点をあげてトップに立った。

投手は、前回と同様にウォールストリートの Ramos (29)が防御率と勝利数で2冠。
仙台の Yoriuchi (28 07年 ドラ1くん)も奪三振部門でトップを維持。


*7/10時点のスリーグ順位表

画像

L10=最近10試合の成績
strk=連勝/連敗 Wx=X連勝中、Lx=X連敗中

オーシャン地区は、首位の下関ディアーズが期間中4勝4敗の5割。2位の東京エレファンツも4勝4敗でゲーム差は変わらず。前回4位だった神戸バイキングスが5勝3敗で、湘南ホワイトシャークスに2厘差で3位に浮上。

マウンテン地区は、首位の徳島ロングホーンズが6勝3敗で貯金を上積み。2位のエトルリアBCは5勝3敗で徳島に付いて行っている。3位の上海コンドルズは3勝5敗で、2位エトルリアとの差が6にひらいた。

フォレスト地区は、首位のウォールストリート・ブルズが3勝5敗とペースダウン。4勝4敗だったエドモントン・オイルサンズがゲーム差を1つ縮めた。3位の山形ウルトラウィングスが6勝1敗として、首位との差を10.5として、後半戦に望みをつなげた。


*7/10時点のサリーグ順位表

画像


オーシャン地区は、期間中5勝4敗だったソウル・ラクーンズが首位をキープ。2位のBCベルサイユは3勝4敗で首位とさらに1差ひらいた。3位の博多ビーバーズは6勝2敗で、2位のベルサイユが目の前に。前回3位タイだった甲府ワイナリーズは1勝7敗で、上位グループから脱落した。

マウンテン地区は、前回2位だった仙台フェニックスが6勝2敗で首位を奪還。前回首位のなにわタイガースは1勝7敗で2位に転落。3位の琉球ドルフィンズは4勝4敗で、首位との差は4.5差と変わらない。4位の札幌ベアーズは3勝5敗と負け越し。上位陣に離されないためにも、ここは正念場。

フォレスト地区は、首位のプエルト・プラタ・バッカニアーズが6勝2敗で好調をキープ。2位の台南ドラゴンズと3位の新潟キングフィッシャーズは5勝3敗と勝ち越しも、首位との差が1つ拡がった。



次の記事


前の記事

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
Musaka 300号 ['17 VLPB 架空野球 日記 7月その1] 架空と現実の雑記帳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる