架空と現実の雑記帳

アクセスカウンタ

zoom RSS Hirose 連続試合安打を25に伸ばす [VLPB 野球 架空リーグ 日記 5月前半]

<<   作成日時 : 2017/05/14 18:16   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ドラ1成長記で追いかけている一人、プエルト・プラタの Hirose 外野手(25)が連続試合安打記録を25に伸ばした(継続中)ことや、仙台の Westhead 投手(36)が四輪バギーから落ちてヒジを捻挫した珍エピソードなど、その他の球界ニュースまとめ。


【 OOTP17 暦17年 5/1〜5/15】


☆Hirose 連続試合安打を25に伸ばす

5/14
画像


プエルト・プラタ・バッカニアーズの Suzuya Hirose 外野手(25 13年ドラ1くん特別枠)は、札幌ベアーズ戦に6番レフトで先発出場して、1−0と1点リードで迎えた3回表に今季6号となる3ランを放ち、連続試合安打記録を25に伸ばした。

Hirose 自身の連続試合安打の最多記録は、昨年(16年)4/20から6/28までに記録した8試合連続が最高。この記録は、たま〜に先発出場してヒットが続いたというものだった。しかし、今季は47試合中41試合に先発出場した中での記録更新なので、記録の価値はもちろんチームへの貢献度も高い。

画像

     ※15・16年上段は AAAプラヤ・ドラダでの成績

今季は43試合に出場して、51安打、率298(チーム3位)、本塁打6(同2位タイ)、打点29(同3位)、盗塁3、出塁率335(同4位)、長打率509(同2位)をマークしている。

マイナーオプションが切れていることからも、この3年はメジャーとマイナーを行き来。昨季、78試合に先発出場してようやく芽が出てきて、今季は花を咲かせそうだなという感じのシーズン序盤です。

*最近10試合の打撃成績

画像




☆その他の主なニュース


5/3
・Kunihiro Yahagi 2塁手(34 琉球ドルフィンズ)


画像

 インターリーグの浜名パイレーツ戦で5番DHで先発出場。2本塁打(ソロ・3ラン)を含む3安打・6打点(自己最多)の活躍。


・Brendan Guth 投手(34 なにわタイガース)
 信濃アプリコッツ打線を5安打・1四球・10奪三振で完封。今季5勝目(2敗)。


5/5
・Noriteru Matsuzuka 投手(30 新潟キングフィッシャーズ)

 下関ディアーズ打線を3安打・無四球・5奪三振で完封。今季2勝目(2敗)。
「低めを意識して投げた。今日は、変化球を含めて全体的に低めに決まっていた」


5/7
・Huibert Abbeel 1塁手(28 ソウル・ラクーンズ)


画像

 インターリーグの東海グリフィンズ戦で4打数3安打(1本塁打)・6打点の活躍。1試合6打点は自己最多。


5/9
・Michiomi Shirohata (26 BCベルサイユ)


画像

 仙台フェニックス戦で Yoriuchi 投手(28 07年ドラ1くん)から2本の2ランを含む4打数4安打と当たりまくり。


5/11
・Nobuhito Adachi 捕手(32 仙台フェニックス)

 BCベルサイユ戦で2安打を放ち、連続試合安打を20(自己最多は24)に伸ばした。


5/12
・Michiomi Shirohata 外野手(26 BCベルサイユ)


画像

 シェットランド・シープドッグス戦で3打点をマークして、両リーグを通じて50打点1番乗り。

 翌13日にはヒット1本を打って、連続試合安打記録を20(自己最多は23)にした。


・Kasper Verhoeven 外野手(28 ウォールストリート・ブルズ)
 シドニー・ウォンバッツ戦で満塁ホームランの4点を含む7打点と大暴れ。1試合7打点は自己最多。


5/13
・Hidenobu Arashima 1塁手(25 新潟キングフィッシャーズ)


画像


 なにわタイガース戦でソロ・満塁の2発のアーチを放ち、6打点の活躍。
 1試合6打点は自己最多。満塁ホームランは4/14以来今季2本目。



*ケガ情報

5/3
・Ron Westhead 投手(36 仙台フェニックス)


画像

 ヒジの捻挫 全治2週間。15日間のDL(故障者リスト)に登録。
 四輪バギーから落ちる。

 メジャー期間15年目。メジャー昇格した03年から15年まで中継ぎ専門。12年には自己最多の33セーブをマーク。
 昨年(16年)、FA加入した仙台で先発に転向。10勝(7敗)をマークした。

 通算成績は、65勝50敗、86セーブ、15ホールド、防 3.92。
 今季は7試合に先発して、3勝3敗、防 3.40、奪三振32、QS%=57。 


5/13
・Amita Inamura 遊撃手(27 エドモントン・オイルサンズ)☆12年ドラ1くん特別枠

 腹斜筋の肉離れ 全治2週間。15日間のDL(故障者リスト)に登録。
 守備中に発症。

 今季は47試合(48G中)に先発出場して、率225、本0、打点16、盗塁7、出塁率267、長打率262という成績。



*5/15時点の個人成績(両リーグ統合)

画像



*5/15時点のスリーグ順位表

画像

L10=最近10試合の成績
strk=連勝/連敗 Wx=X連勝中、Lx=X連敗中

オーシャン地区は、首位の下関ディアーズが期間中8勝4敗でペースは変わらず。2位の神戸バイキングスと3位東京エレファンツが4勝8敗と下関とは逆目で、前回から4ゲーム差が開いた。前回4位だった湘南ホワイトシャークスは6勝4敗で3位タイに並び、2位争いが混とん。

マウンテン地区は、首位の徳島ロングホーンズが7勝6敗と辛うじて勝ち越し。2位のエトルリアBCと上海コンドルズはともに6勝6敗で勝ち数を伸ばせず。

フォレスト地区は、9連勝中のウォールストリート・ブルズが11勝1敗と貯金を10個上積み。9勝3敗だったエドモントン・オイルサンズが3位から2位に浮上。4勝8敗と負け越した山形ウルトラウィングスが2位から3位に順位を落とした。


*5/15時点のサリーグ順位表

画像


オーシャン地区は、前回首位に立った甲府ワイナリーズが期間中5勝6敗と負け越して3位に転落。VLPB王者のソウル・ラクーンズは8勝4敗で3位から首位に立った。前回2位のBCベルサイユはしっかりと2位をキープ。

マウンテン地区は、首位なにわタイガースが8勝4敗と好調をキープ。2位だった札幌ベアーズは5勝7敗でゲーム差を3つ拡げられた。琉球ドルフィンズと仙台フェニックスも首位との差が5.5ゲーム差で札幌とともに2位グループを形成している。

*なにわタイガースの陣容

画像

画像



フォレスト地区は、8勝3敗だったプエルト・プラタ・バッカニアーズが頭ひとつ抜けだした。2位の台南ドラゴンズは5勝7敗とペースダウン。前回4位だった倉敷マスカッツが8勝4敗で3位に浮上した。



VLPB   次の記事   前の記事


ドラ1成長記   NEXT   前の記事

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
Hirose 連続試合安打を25に伸ばす [VLPB 野球 架空リーグ 日記 5月前半] 架空と現実の雑記帳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる