架空と現実の雑記帳

アクセスカウンタ

zoom RSS Vazquez 投手、王者相手に開幕勝利 [VLPB 野球架空リーグ 3月その2]

<<   作成日時 : 2017/04/28 22:20   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

17年シーズンが各地で開幕した。昨季のVLPB覇者・ソウル・ラクーンズや、スリーグ連覇を狙うウォールストリート・ブルズの開幕戦の模様や、ドラ1くん(全体1位)たちの開幕シリーズの結果など。


【OOTP17 暦17年 3/21〜3/23】


☆Vazquez 投手、王者相手に開幕勝利

3/21
画像


12年のドラ1くん、Tony Vazquez 投手(23 鳥取サイクロンズ)が、VLPB王者のソウル・ラクーンズ相手に自身初の開幕マウンドを白星で飾った。

Vazquez は立ち上がりの先頭打者を四球で歩かせたが、次打者をフルカウントから見逃がしの三振に仕留めた。投球の間に1塁走者が2塁へ走っていたが、キャッチャーの Moore (25)が刺して、Vazquez を盛り立てた。

鳥取打線は、2回裏に無死満塁から2つの内野ゴロで2点、3回裏には先頭の1番 Shirasu (24)のソロホームランで3−0とリードを拡げた。

Vazquez は4回まで毎回ランナーを背負ったが1失点で乗りきり、結局、7回を投げて8安打2失点・2四球・8奪三振と試合を作った。

VLPB王者のソウル・ラクーンズは、開幕マウンドに昨季12勝の Katsuhira (22)を送った。オープン戦の成績が6戦3勝0敗、防 1.88と好調だったため期待されたが、8回7安打、自責点3で惜しくも負け投手になった。



☆ウォールストリートは延長負け

画像


スリーグ王者のウォールストリート・ブルズは1回表、エラーと連続四死球で無死満塁として、4番 Sedman (31)がライトへ犠牲フライを打って1点を先制した。しかし、後続が凡退して、1点どまり。

一方、エドモントン・オイルサンズは3回裏、1死3塁から1番 Inamura(26 ドラ1くん特別枠)の内野ゴロの間に同点とした。

その後、両軍1点ずつを取りあって、そのまま延長戦へ。

11回表、ウォールストリートは2塁打と敬遠・ヒットで1死満塁と攻めたが、3番 Petre (31)がボテボテの投ゴロで本塁フォースアウト。続く4番 Sedman がセカンドゴロに終わり無得点。チャンスを潰した。
続く12回表も2死満塁としたものの、1番 Ooyama (25)がセカンドゴロに打ち取られて得点ならず。

試合を決めたのは、エドモントンの3番 Schenkevelt (28)。13回裏1死から中越えにソロホームランを放って、迎えたチームメイトから手痛い祝福を受けた。



☆ドラ1くん(全体1位)たちの開幕シリーズ

(上から07年〜)

☆07年 Yorinao Yoriuchi 投手(28 仙台フェニックス)
 6年連続で開幕投手を務める。
 高知モナークスを相手に6回まで投げて(113球)、4−2と2点リードでマウンドを降りた。2本のソロ本塁打による2失点、被安打6、2四死球・11奪三振の投球内容。
 2番手ピッチャーが同点に追いつかれたため、白星がつかず。


☆08年 Takanao Ueda 投手(31 甲府ワイナリーズ)
 先発ローテ4番手ということで、開幕3連戦に登板機会なし。


☆09年 Ernesto Medina 外野手(28 台南ドラゴンズ)
 開幕のプエルト・プラタ・バッカニアーズ戦に3番センターで出場して、2打数1安打2四球・1打点。
 2戦目は第3打席にセンターへソロホームランを放って、今季1号をマーク。

 開幕シリーズの成績は9打数2安打、4四球、本1、打点2。


☆10年 Yukihito Tokida 投手(26 金沢ゴールドリーフ)
 開幕戦のヴィラ・クララ・サンダーボルツ戦に2−1と1点リードの9回表に登板。ヒットと送りバントが1塁セーフとなって無死1・2塁とピンチを招くも、後続を遊併・2飛と打ち取って今季初セーブ。

 2戦目も2点リードの9回表に登板して、3者凡退に切ってとって、2試合連続でセーブをマークした。


☆11年 Ryuusei Miyato 捕手(25 神戸バイキングス)
 開幕シリーズはベンチスタートで、出場機会なし。


☆12年 Tony Vazquez 投手(23 鳥取サイクロンズ)
 既報したとおり、VLPB王者のソウル・ラクーンズとの開幕戦に先発登板。7回を投げて8安打2失点・2四球・8奪三振の投球内容で今季初勝利をマークした。


◇12年 Amita Inamura 2塁手(26 エドモントン・オイルサンズ)
 ウォールストリート・ブルズとの開幕戦シリーズに1番サードで出場。

 開幕シリーズの成績は16打数4安打、0四球、0盗塁、本0、打点1。
 (名前の元ネタは、神スイングでお馴染みの稲村亜美さんです)


☆13年 Masazumi Nakasone 外野手(21 青森レジェンズ)
 シドニー・ウォンバッツとの開幕戦に2番センターで先発出場。3打数ノーヒット・1四球。しかし、2戦・3戦目は2本ずつシングルヒットを放った。

 開幕シリーズの成績は12打数4安打、1四球、本0、打点0、盗塁0。


◇13年 Suzuya Hirose 外野手(25 プエルト・プラタ・バッカニアーズ)
 台南ドラゴンズとの開幕戦シリーズに2番レフトで先発出場。開幕戦こそ4打数ノーヒットに終わったものの、2戦・3戦目はシングルヒット1本ずつ打った。2戦目には、レフト前タイムリーを放ち、今季初打点もマークした。

 開幕シリーズの成績は13打数2安打、1四球、本0、打点1、盗塁0。
 (名前の元ネタは広瀬すずさんです)


☆14年 Kazuhito Sakaezawa 投手(20 金沢ゴールドリーフ)
 プロ入り3年目も、マイナーで開幕を迎えることになった。AAA 西茶屋。


☆15年 Kengo Anayama 外野手(21 新潟キングフィッシャーズ)

画像

         ※16年上段は AAA長岡での成績

 春季キャンプを初めてメジャーで迎え、自身初の開幕アクティブロースター入りを勝ち取った。
 倉敷マスカッツとの開幕戦シリーズに3番センターで出場。開幕戦は第2打席でタイムリーヒットを放つなど3安打の猛打賞。開幕3試合すべてでヒットを放ち、幸先良いスタートを切った。

 開幕シリーズの成績は15打数6安打、0四球、本0、打点2、盗塁0(盗塁失敗2)。


☆16年 Norishige Aoto 遊撃手(21 東京エレファンツ)

 昨年12月のドラフト全体1位指名。新人ながらアクティブ・ロースター入り。

 湘南ホワイトシャークスとの開幕戦シリーズに1番ショートで先発起用される。
 開幕戦は4打席全て内野ゴロに終わる。
 2戦目は第5打席にライト線の2塁打を放って、プロ初安打をマーク。
 3戦目は、第2打席に2死2塁の場面でショートの横を抜けるタイムリーでプロ初打点。第5打席にはレフトへソロホームランを打って、プロ1号をマークした。 

 開幕シリーズの成績は13打数3安打、0四球、本1、打点2、盗塁0。



☆その他の主なニュース


3/22
・Takemichi Mishiki 投手(27 神戸バイキングス)


画像

 開幕2戦目の下関ディアーズ戦に先発登板して、被安打6・四死球2・3奪三振で完封。

 Mishiki 投手は1/8に不注意による拳銃の暴発事故(過去記事)で全治1カ月のケガを負いましたが、無事にキャンプイン。そして、今季初登板で白星を飾った。


3/23
・Manny Navarro 外野手(37 徳島ロングホーンズ)

 上海コンドルズ戦で3打数ノーヒットに終わり、連続試合安打が22でストップ。



VLPB   次の記事   前の記事


ドラ1成長記   NEXT   前の記事

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
Vazquez 投手、王者相手に開幕勝利 [VLPB 野球架空リーグ 3月その2] 架空と現実の雑記帳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる