架空と現実の雑記帳

アクセスカウンタ

zoom RSS Sasabuchi 引退を決意 ['16 VLPB 野球 架空リーグ 日記 8月後半]

<<   作成日時 : 2017/02/23 22:18   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

安打製造機の1人、船橋のSasabuchi 選手(39)が引退を表明したことや、東京の Wakada 選手(41)が2000本安打を達成したニュース、遅刻で移動の飛行機に乗り遅れた珍エピソードなどを中心に8月後半の球界情報まとめ。


【 OOTP17 暦16年 8/16〜8/31】

☆Sasabuchi 引退を決意

8/20
画像

通算の安打数と盗塁数が歴代5位、通算打率が歴代2位という輝かしい記録を持つ Masasada Sasabuchi 外野手(39 船橋フロンティアーズ)が今季限りで引退することが分かった。

Sasabuchi 選手はメジャー期間17年目。09年シーズンは度重なるケガで出場機会が少なかったものの、00年から14年まで各球団のレギュラーとして活躍。しかし、昨年(15年)の甲府ではベンチを温めることが多く、今季はこれまで出場機会がなかった。

プロ通算成績は3124安打(歴代5位)、率339(同2位)、本59、打点1091、盗塁585(同5位)。

*Sasabuchi 選手の年度別打撃成績・通算成績

画像


■Sasabuchi 選手の略歴
00年、初回ドラフト(inaugural draft)6巡目で、青森レジェンズに入団。
06年オフにFAとなり、上海コンドルズと7年総額$9800万(98億円)で契約。10年オフに東海グリフィンズにトレードで移籍。12年オフにFAとなり、上海〜甲府を経て、今季船橋と1年契約を結んだ。

00年に初代盗塁王。05年・12年に首位打者。最多安打3回。
オールスター出場5回。



☆Wakada、2000本安打達成

8/24
画像

        ※成績は直近10年

信濃アプリコッツの Kazuo Wakada 捕手(41)が東京エレファンツ戦で2000本安打を達成した。この日は3打数2安打で、通算安打数を2001本に伸ばした。

メジャー17年目のベテランで、タイトルには無縁でしたが、コツコツと安打を積み重ねて(単純年平均で118本)節目に到達しました。

今季の成績は8/24現在、126試合(134G中)に出場して、率220、本塁打22、打点73、盗塁0、出塁率310、長打率404という成績。

■Wakada 選手の略歴
00年、初回ドラフト(inaugural draft)11巡目で、船橋フロンティアーズに入団。
06年オフにFAとなり、BCベルサイユと最大4年契約。09年オフにFAとなり、山形ウルトラウィングスと2年総額$3080万(30.8億円)で契約。13年オフに信濃と2年契約。昨年(15年)、契約を2年延長した。

14年5/27に300本塁打、同7/29に1000打点達成。
ゴールドグラブ賞1回、オールスター出場4回。



☆その他の主なニュース


8/16
・Arturo Salazar 投手(33 ウォールストリート・ブルズ)

 東京エレファンツ戦の最終回に登板して3者凡退(2三振)に抑えて、両リーグを通じて40セーブ1番乗り。


8/18
・Takemichi Mishiki 投手(27 神戸バイキングス)

画像

 エトルリアBC打線を1安打完封、8勝目(5敗)。101球を投げて2四球・3奪三振という内容。


8/20
・アクティブロースター枠が40人に拡大。


 レギュラーシーズンも残り1か月となり、1軍出場の前提となるアクティブロースター枠が28人から40人に拡大されました。


・Tatsuhide Kouzaki 遊撃手(25 徳島ロングホーンズ)
 上海コンドルズ戦で3打数ノーヒットに終わり、連続試合安打が23でストップ。


8/21
・Masumune Yonnomiya 2塁手(24 ソウルラクーンズ)

画像

 甲府ワイナリーズ戦で3本の2塁打を放つ。


8/22
・Hirohisa Moriguchi 投手(32 プエルト・プラタ・バッカニアーズ)

画像

        ※成績は直近10年

 琉球ドルフィンズ戦で今季15勝目をマークするとともに、通算150勝を達成。


8/26
・Arikazu Minamitani 外野手(25 ウォールストリート・ブルズ)

画像

 薩摩スタリオンズ戦で盗塁を決めて(2つ)、両リーグを通じて40盗塁1番乗り。


・Jorge Alonzo 投手(35 ヴィラ・クララ・サンダーボルツ)
 金沢ゴールドリーフ打線を1安打・1四球・11奪三振で完封。今季14勝目(11敗)。


8/27
・Tsugio Ineo 外野手(31 青森レジェンズ)

 徳島ロングホーンズ戦でソロホームランを放ち、両リーグを通じて40号1番乗り。


8/30
・Kuniteru Tsuboya 投手(31 船橋フロンティアーズ)

画像

        ※成績は直近10年

 甲府ワイナリーズ戦の最終回に登板して3者凡退に打ち取り、今季27セーブをマークするとともに、通算200セーブを達成。


・Yukihito Tokida 投手(25 金沢ゴールドリーフ)☆10年ドラ1くん
 東京エレファンツ戦でセーブを記録して、今季40セーブ目。


8/31
・Takanao Ueda 投手(31 神戸バイキングス)☆08年ドラ1くん

 東海グリフィンズ打線を5安打2失点(1四球・6奪三振)に抑えて完投勝利。今季10勝目(10敗)。
 2ケタ勝利は7年連続。



*処分

8/22
・Takehiro Akaishi 投手(22 東京エレファンツ)

 20日のアクティブロースター枠拡大で3A調布からメジャーに昇格したばかりの Akaishi 投手(22)でしたが、寝坊で移動の飛行機に乗り遅れたため、1試合の出場停止処分をチームから受けた模様。

 初昇格・即リリーフ登板でメジャー初勝利を挙げましたが、思わぬところに落とし穴がありました。

     
 当日のエレファンツは、神戸から長野へ空路で移動しました(架空航空ですな…)。



*ケガ情報

8/26
・Jorge Martunez 遊撃手(28 東京エレファンツ)

 6/9にアキレス腱断裂で全治5か月と診断されて療養中だったが、まだ痛みもあり完治までさらに4か月掛かる見込み。



*8/31時点のスリーグ順位表

画像

L10=最近10試合の成績
strk=連勝/連敗 Wx=X連勝中、Lx=X連敗中

オーシャン地区は、期間中9勝6敗だった信濃アプリコッツが首位をキープ。8勝6敗だった下関ディアーズも懸命に追撃。3位の浜名パイレーツは7勝8敗と負け越して、首位との差が2つ開いた。

マウンテン地区は、首位の徳島ロングホーンズが6勝9敗と負け越し。2位のエトルリアBCも6勝9敗で差が変わらず。10勝5敗だった3位の上海コンドルズが4つゲーム差を縮めた。

フォレスト地区は、首位のウォールストリート・ブルズが9勝5敗で貯金を上積み。前回2差に詰め寄った2位のエドモントン・オイルサンズだったが、3勝11敗と大失速で8ゲーム差に開いてしまった。


*スリーグ・ワイルドカード争い(1枠)

画像

前回、2位の下関ディアーズと6.5差あった1位のエドモントン・オイルサンズだが、大失速の影響で1.5差と肉薄されている。また、3位タイにフォレスト地区勢のヴィラ・クララ・サンダーボルツと山形ウルトラウィングスが3差で追っている。



*8/31時点のサリーグ順位表

画像

オーシャン地区首位は、ソウル・ラクーンズが期間中10勝4敗で、地区優勝のマジックが5。ワイルドカード狙いのBCベルサイユも10勝4敗とチーム状態は良好。

マウンテン地区は、首位の仙台フェニックスが8勝6敗とわずかに貯金を増やした。2位のなにわタイガースは11勝3敗で4ゲーム差に詰め寄った。

フォレスト地区は、首位のプエルト・プラタ・バッカニアーズが11勝4敗で、地区優勝のマジックが3となった。


*サリーグ・ワイルドカード争い(1枠)

画像

なにわタイガースが8差の1位と優位に立っている。



次の記事


前の記事

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
Sasabuchi 引退を決意 ['16 VLPB 野球 架空リーグ 日記 8月後半] 架空と現実の雑記帳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる