架空と現実の雑記帳

アクセスカウンタ

zoom RSS Shintani、ノーヒットノーラン! [VLPB 架空プロ野球 日記 6月前半]

<<   作成日時 : 2017/02/01 22:58   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

信濃の Shintani 投手(28)がノーヒットノーランを、台南の Kanegawa 投手(41)が通算500セーブを達成したことや、オールスターゲームのファン投票中間1位など球界情報(架空ニュース)まとめ。他に、鳥取の Sugisaka 投手(30)が地元主催の表彰式に出席した際にステージから転落して全治10か月のケガを負ったという珍エピソードも。

【 OOTP17 暦16年 6/1〜6/15】

☆ Shintani、ノーヒットノーラン!

6/11
画像

信濃アプリコッツの Noritaka Shintani 投手(28)が、上海コンドルズ戦で史上28人目となるノーヒットノーランを達成した。

この日の Shintani 投手は150キロ中盤のストレートを中心に力で押しこみ、カーブやチェンジアップも効果的に決まっていた。125球を投げて11奪三振・3四球、フライアウトが12、ゴロアウトが4という内容だった。


■Shintani 投手の略歴
07年にドラフト1巡目で信濃アプリコッツに入団。メジャー期間7年目。
昨季は自己最多の19勝を挙げて、チームのリーグ優勝・VLPB王者に貢献。

今季は16試合に先発登板して、8勝2敗、防 2.04をマークしている。


*07年以降の無安打無得点

画像




☆ Kanegawa 500セーブ

6/12
画像


台南ドラゴンズの Jyunji Kanegawa 投手(41)が甲府ワイナリーズ戦で今季13個目のセーブを記録するとともに、史上2人目となるメジャー通算500セーブを達成した。

偉業達成に王手をかけて臨んだ前回登板(6/9)は記録を意識したのか1失点でセーブ失敗。今回の登板でも、表情が硬く、1四球が絡んで1安打1失点と、いつもと違うピッチングだった。それでも、最後のバッターを打ち取り、ようやく笑みがこぼれた。

*Kanegawa 投手の年度別投手成績・通算成績

画像

※スタッツ略称
GS=先発、IP=投球回、HA=被安打、R=失点、ER=自責点、HR=被本塁打、BB=与四球、K=奪三振、CG=完投数、SHO=完封
WHIP=許出塁率、BABIP=グラウンド内安打率、FIP=守備の影響を排除・補正した防御率、WAR=平均選手と比べたときの総合評価

■Kanegawa 投手の略歴
00年、初回ドラフト(inaugural draft)22巡目で、プエルト・プラタ・バッカニアーズに入団。
06年オフにFAとなり、ウォールストリート〜信濃〜ベルサイユを経て、今年(16年)1月に台南と1年契約を結んだ。

14年に46セーブでタイトル獲得。オールスター出場6回。
通算セーブ率は90%。

モットーは「今日できることは明日に延ばさない」

*歴代セーブ記録トップ10

画像




☆Beppu、2500本安打達成

6/8
画像

          ※成績は直近10年

博多ビーバーズの Toyo'omi Beppu 外野手(34)が新潟キングフィッシャーズ戦で2安打を放ち、プロ通算2500本安打をマークした。

前記事(コチラ)で紹介したように、節目目前の5/29に東海グリフィンズからトレードで博多に移籍。環境が変わりましたが、ここまで新天地では8試合に先発出場して33打数9安打、率273と結果を残している。

「(2−4で試合に負けて)勝てればよかったが、試合は明日もある。今夜は、家族や友人たちと祝いたい」
と、試合後のインタビューで Beppu 選手はそう答えました。

■Beppu 選手の略歴
01年、ドラフト1巡目(全体1位)で、東海グリフィンズに入団。10年9月に6年総額$1億800万(108億円)で契約を延長。

14年7/6に1000打点、16年5/28に500盗塁達成。

08・09年最多安打。06・08年首位打者。
オールスター出場4回。



☆ Chaves 、2000本安打達成

6/11
画像

          ※成績は直近10年

台南ドラゴンズの Orlando Chaves 3塁手(34)が甲府ワイナリーズ戦で2安打をマークして、プロ通算2000本安打を達成した。

偉業を達成した Chaves 選手は比較的冷静な表情で、「Chaves コール」するファンにヘルメットを脱いで応えていました。

Kakita 監督(50)は、「Chaves は個人記録に興味がなく、あるのはチームの勝利だけだ。おそらく今は、チームが負けてしまったことを気にかけているに違いない」と話していました。

■Chaves 選手の略歴
02年、ドラフト1巡目(全体1位)で、倉敷マスカッツに入団。09年オフにFAとなり、東海グリフィンズと5年総額$9350万(93.5億円)で契約。14年オフにFAとなり、台南と最大2年総額$3880万(38.8億円)で契約。

14年8/22に1000打点。

オールスター出場2回。ゴールドグラブ賞1回。



☆球宴ファン投票中間1位

6/13

来月6日に開催されるVLPBオールスターゲームファン投票の途中経過が事務局より発表された。

それによりますと、スリーグ1位は301万票の上海コンドルズの Toshiaki Musaka 外野手(29)、サリーグ1位は303万票を集めた仙台フェニックスの Yorinao Yoriuchi 投手(27 07年ドラ1くん)となっています。

画像


Musaka 選手の成績は、打率330(スリーグ3位)、本23(同2位タイ)、打点69(同3位)、盗塁1、出塁率456(同1位)、長打率659(同1位)の成績。

Yoriuchi 投手の成績は、10勝(サリーグ2位タイ)1敗、防 1.54(同3位)、奪三振150(同1位)、WHIP 0.75(同1位)。


また、始球式は、ドラマ「勝ち逃げはズルイが役に立つ」でヒロインを演じた女優・甘柿結衣さんが務めることも正式に決まった。



☆その他の主なニュース


6/4
・Yukihito Tokida 投手(25 金沢ゴールドリーフ)☆10年ドラ1くん

 ヴィラ・クララ・サンダーボルツ戦で最終回を3者三振で締めて、今季20セーブ目(失敗3)をマーク。


6/5
画像

・浜名パイレーツ

 神戸バイキングス戦で22安打26得点を挙げる。

・Natsuto Kuwae 外野手(42 浜名パイレーツ)
 4打数2安打で満塁本塁打を含む2ホーマー、8打点と大爆発。
 満塁本塁打は2年ぶり4本目。1試合8打点は自身最多で、スリーグ2位タイの記録。


6/8
・Matsumune Kaibe 外野手(26 浜名パイレーツ)

画像

 ウォールストリート・ブルズ戦で4安打を放ち、両リーグを通じて100安打1番乗り。


6/9
・Amita Inamura 2塁手(26 エドモントン・オイルサンズ)☆12年ドラ1くん特別枠

 下関ディアーズ戦で4打数無安打に終わり、連続試合安打が11でストップ。

 173だった打率も、220に上昇。打点も16と稼ぎました。

(名前の元ネタは神スイングの稲村亜美さんです)


6/11
・Jousuke Shimono 投手(38 甲府ワイナリーズ)

 台南ドラゴンズ戦で今季7勝目(6敗)を挙げるとともに、通算150勝をマーク。


・Yorinao Yoriuchi 投手(27 仙台フェニックス)☆07年ドラ1くん
 ソウル・ラクーンズ戦で8回2/3を無失点に抑えて今季10勝目(1敗)をマーク。


6/12
・Mutsuhiko Osa 投手(33 新潟キングフィッシャーズ)

 なにわタイガース戦で通算150勝目を完封で飾る。自身の連敗を6でストップして今季8勝目(7敗)。


・Akinari Sarutani 外野手(32 下関ディアーズ)
 ヴィラ・クララ・サンダーボルツ戦で3本のホームラン(5打点)を放ち、チームの勝利に貢献した。
 1試合3本塁打は13年8/18以来3度目。



*トレード

6/2
画像

▼上海コンドルズ 獲得
・Harutaka Hinaga (29)

 メジャー期間9年目、リリーバー専門。

 286試合に登板して、14勝28敗64セーブ(失敗12)、23ホールド、防 4.23、奪三振298、締めくくり170回。
 今季は15試合に救援登板して、0勝2敗0セーブ、3ホールド、防 2.67という成績。

 14年から博多ビーバーズでクローザーに就任。昨年(15年)オフにFAとなって、今年3/1に鳥取サイクロンズと1年契約を結びましたが、セットアッパー起用で不満がたまっていたんでしょうか?

 ただ、移籍先の上海には、昨季35セーブをマークした Sandoval 投手(31)がいるので、セットアップ兼クローザーという役回りになりそうです。

▲鳥取サイクロンズ 獲得

 マイナー野手 1人。



*ケガ情報

6/2
・Toshifumi Sugisaka 投手(30 鳥取サイクロンズ)

画像

 関節唇の部分断裂 全治10か月。60日間ののDL(故障者リスト)に登録。
 表彰式の最中にステージから転落。この間に野球関係の表彰はないので、地元主催の何チャラ賞の表彰だったのかもしれません。

 メジャー期間8年目。05年のドラフトにかからず、06年7月に鳥取とマイナー契約。
 08年に中継ぎとしてメジャーデビュー。昨季から先発に転向。今季はローテの一角としてフル回転中でした。


6/9
画像

・Jorge Martunez 遊撃手(28 東京エレファンツ)
 アキレス腱断裂 全治5か月。60日間のDL(故障者リスト)に登録。

 メジャー期間7年目。通算打率312、本8、打点226、盗塁44、出塁率353、長打率379。
 今季は72試合(74G)に出場して、打率298、本2、打点19、盗塁7、出塁率322、長打率340という成績。



*6/15時点のスリーグ順位表

画像

L10=最近10試合の成績
strk=連勝/連敗 Wx=X連勝中、Lx=X連敗中

オーシャン地区は、首位の信濃アプリコッツが期間中7連勝を含む10勝3敗と快調に飛ばしている。2位の下関ディアーズは8勝5敗で2ゲーム、3位の浜名パイレーツは7勝6敗で3ゲームと、それぞれゲーム差を拡げられた。

マウンテン地区は、徳島ロングホーンズが4勝10敗と大きく負け越し。信濃、ウォールストリートなどの地区首位チームと対戦して1勝5敗だったのが響いた。一方、地区4位だった青森レジェンズが10勝3敗で3ゲーム差の3位に浮上。6位だったエトルリアBCも10勝2敗で5位と順位を上げて、ゲーム差も5.5まで迫った。

フォレスト地区は、ウォールストリート・ブルズが9勝5敗で首位をキープ。4勝8敗だった山形ウルトラウィングスが2位から3位に転落。7勝6敗のヴィラ・クララ・サンダーボルツが2位に順位を上げた。


*エトルリアBC

画像



*6/15時点のサリーグ順位表

画像

オーシャン地区は、期間中10勝3敗だった首位のソウル・ラクーンズが好調をキープ。同率首位だったBCベルサイユが3勝11敗で一気に7.5差とひらいてしまった。

マウンテン地区は、首位の仙台フェニックスが10勝4敗、2位のなにわタイガースが9勝4敗でデッドヒートを繰りひろげる。3位の札幌ベアーズは5勝8敗で2強に水をあけられてしまった。

フォレスト地区は、首位のプエルト・プラタ・バッカニアーズが7勝6敗で何とか勝ち越し。2位の新潟キングフィッシャーズと3位の台南ドラゴンズもゲーム差変わらずについていっている。最下位だった船橋フロンティアーズが9勝4敗で4位に浮上した。


*船橋フロンティアーズ

画像




次の記事


前の記事

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
Shintani、ノーヒットノーラン! [VLPB 架空プロ野球 日記 6月前半] 架空と現実の雑記帳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる