架空と現実の雑記帳

アクセスカウンタ

zoom RSS 大河ドラマ 感想 真田丸 第50回「最終回」

<<   作成日時 : 2016/12/19 19:03   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 7 / コメント 0

毛利勢と真田勢の猛攻の前に、「逃げ恥」の津崎ばりのダッシュで退却した秀忠(星野源)。家康も幸村隊に迫られて本陣を捨てるほど。逃走は老齢の体に堪えたようでゼイゼイ・ハァハァ(笑)。まむしドリンクでもどうぞ…。でも、観てるこちらが溜飲を下げたのもここまででした。


大野治長は秀吉の馬印・金瓢箪を戦場に持っていき味方を鼓舞してましたが、豊臣方優勢とみると、秀頼公の出馬を請うために一時帰城。その際、馬印も持って帰ることにしました。

しかし、これが裏目。

秀頼公が退却している!

そう味方に勘違いされて、これまでの進撃の勢いが削がれてしまいました。
でも、仮に秀頼自身が出馬していたとしても、取り巻き連中が「形勢有利なので、もう城に戻りましょう」と言いだして帰城させられて、同じ結果になった気もします。

幕末の鳥羽・伏見の戦いでは錦旗の出現で徳川幕府軍が崩れましたが、徳川幕府草創期の今回は馬印の撤退が徳川にとって有利に働いたようですね。


さて、秀頼は徳川方の流した「幸村が徳川に内通」という噂にオロオロ。この期に及んでもまだ幸村を信じきれないお坊ちゃまでしたね。
大蔵卿も最後までブレずに幸村たちの…いえ、大坂方の足を引っ張っておりました(笑)。

治長も馬印の件で軍の士気が下がったと知ると、自分が持ち帰ると言ったにもかかわらず責任逃れをする始末でした。
言いましたよね、持ってまいるって。

大坂方に人材が居なさすぎなんですが、淀殿といい大蔵卿といい、上層部の女性の格が高すぎましたね。


潮目が変わって徳川軍のターン。

失いたくないのなら逃げてはダメだと、「逃げ恥」の津崎ばりに秀忠(星野源)が戦線に復帰。

大坂城に徳川軍が乱入してくる事態になって、きりちゃんは幸村の指示どおりに千姫を秀忠の陣へ送り届けました。
父娘の対面中に秀忠の陣を離れたきりちゃんですが、その後はどうなったんでしょうね。蔵の中に逃げこんだ秀頼主従の中に居なかったような気もしますが。

いずれにしても、遅かれ早かれ…ですかね。
信繁様の居ない世はつまらないからって言ってましたから。


作兵衛や高梨ら主要な脇役陣が死ぬところは出てきましたが、幸村や秀頼たちの死はほのめかす程度。主人公が亡くなって終わる大河の宿命ではあるけれど、特に今作の負けた側の悲壮感・悲惨さがあまりなくてよかったです。ドラマが終わっちゃう喪失感と合わさっちゃうと、余計にどんよりしちゃうので…。

1年を通じて、いわゆるナレ死が多かったので(ある意味、長〜い前フリ?)、こういう主役の終わり方もアリだったのかなと。ほのめかしなので、「その後」を色々と妄想する余地はありますね。

幸村が死のうと思ったら、秀頼からの使いがやって来て、
「実は城から落ちのびて、幸村様をお待ちです」
「ええっ! マジで??」
みたいな…。

番外編ができそうな終わり方。まあ、やったら蛇足になっちゃいますけど…。


信之は本多正信と江戸への道中を共にすることになりました。途中、大坂からの知らせが正信に届き、信之が弟の死を察する流れになってました。
生きてほしいという信之の願いも叶わず目を潤ませるシーンはウルッときちゃいました。


家康の首を取れなかった幸村ですが、信之が祖となった松代藩が幕末において佐久間象山を輩出して討幕のウンヌン――のナレを長い物語の最後で聞くと、歴史というか運命というか人知を超えた何かが人の世を巡っているような気がしました。


真田家の菩提寺に幸村の供養塔が建てられたのが3年前だっていうのもビックリでした。


・幸村役の堺雅人さんの最新インタビュー
 長い航海を終えて
こちら



前回


第1回

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(7件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
【真田丸】第50回 (最終回) 感想
時でござる。 ...続きを見る
ドラマ@見とり八段
2016/12/19 19:44
真田丸 第五十回 最終回
第四十九回「前夜」はこちら。いま、目が真っ赤です。妻はしみじみ「いいドラマだったわねえ」と。いいドラマでした。もちろん今回はどうしたっておなじみの面々が死にゆく話なので、それなりの感慨があるだろうとは思ったけれども、それ以上に、最後の最後まで三谷幸喜... ...続きを見る
事務職員へのこの1冊
2016/12/19 20:40
真田丸 第50回最終回
大河ドラマ『真田丸』のお時間です。 BSにて鑑賞。 最終回 あらすじ・・・・・・・ ...続きを見る
みはいる・BのB
2016/12/19 20:52
真田丸 第50回(最終回)
『最終回』内容ついに、徳川方との決戦が始まり、野戦に持ち込んだ幸村(堺雅人)たち。だが、圧倒的に形勢は不利。そんななか、毛利勝永(岡本健一)が、徳川方の陣を貫いたことで、一気に形勢は。。。。 そのころ、出馬するはずの秀頼(中川大志)は、幸村の裏切りの噂を聞き。。。 敬称略 しっかし。。。まさか... ...続きを見る
レベル999のgoo部屋
2016/12/19 21:06
真田丸 最終回
本当に、あと1歩、あと1歩のところまで、幸村(堺雅人)、家康(内野聖陽)に馬上から迫ったんですがね。天が味方してくれなかった、というか… 戦の流れの恐ろしさを感じたのでした。さて、徳川方との決戦が始まり、野戦に持ち込んだ幸村たちでしたが、圧倒的に形勢不利でも、毛利勝永(岡本健一)の活躍で、いったんは押せ押せモードにそんな中、大坂城にて出馬するはずの秀頼(中川大志)は、幸村の裏切りの噂を聞くわ、秀頼を呼びにいった者の千成瓢箪が引き返したことがもとで… 兵達は大きく勘違い。事態は凶と出て…うるうるで... ...続きを見る
のほほん便り
2016/12/20 07:07
【真田丸】最終回プチ感想と視聴率&総集編・年末年始の時代劇
「真田丸」総集編、12月30日(金)午後0:15〜4:33(NHK総合)、4時間 ...続きを見る
ショコラの日記帳・別館
2016/12/24 14:23
『真田丸』、松代藩の偉人佐久間象山(最終回)
皆さんこんばんは。今回は惰性で続いていた去年の大人気NHK大河『真田丸』の感想ですが、ついに最終回です!だらだらとやっているうちにいつの間にか9月となり、今年の大河ドラマ『おんな城主直虎』も後半に入ってしまいました 笑というわけであらすじ大阪夏の陣で対峙す ...続きを見る
Coffee, Cigarettes &...
2017/09/21 20:02

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
大河ドラマ 感想 真田丸 第50回「最終回」 架空と現実の雑記帳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる