架空と現実の雑記帳

アクセスカウンタ

zoom RSS 前半戦終了と個人成績 [VLPB 架空野球リーグ レポ 7月その1]

<<   作成日時 : 2016/10/07 21:52   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

15年シーズンの前半が終了。オールスター投票の最終結果や、前半戦終了時点の個人成績ランキングなど、7月上旬のニュースまとめ。

【野球シミュ暦15年 7/1〜7/6】

☆オールスター投票最終結果


*スリーグ最多得票
・Dean Durston 投手(27 徳島ロングホーンズ)

 500万1971票。
画像


*サリーグ最多得票
・Ernesto Medina 外野手(26 台南ドラゴンズ)09年ドラ1くん

 530万706票。
画像




☆その他の主なニュース


7/3
・Jyuutarou Fukumoto 投手(27 プエルト・プラタ・バッカニアーズ)

画像

 倉敷マスカッツ打線を4安打・2四球・11奪三振で完封。3連勝でハーラートップの今季17勝目を挙げる。


7/4
・Matsumune Kaibe 外野手(25 浜名パイレーツ)

画像

※13年上段はマイナー成績

 東京エレファンツ戦で5打数5安打2得点をマーク。



☆シーズン前半での個人成績ランキング


*スリーグ 打撃成績

画像

OBP=出塁率、SLG=長打率、OPS=出塁率+長打率、wOBA=1打席あたり得点貢献率、WAR=平均選手と比べたときの総合評価
RBI=打点、Run=得点
SB=盗塁、BB=四球、ISOp=長打率−打率、XBH=長打数、TB=塁打数

昨季最多安打を記録した Mutsumune Kasaishi 遊撃手(32 東海グリフィンズ)が最多安打と首位打者部門でトップ。
本塁打はメジャー期間6年目の Arthur Sedman 1塁手(30 ウォールストリート・ブルズ)、打点は Jorge Martunez (29 東海グリフィンズ)と新顔がトップ。

*スリーグ 投手成績

画像

ERA=防御率、GS=先発数、IP=投球回
SHO=完封数、H/9=9回の被安打数、HR/9=9回の被本塁打数
OAVG=被打率、WHIP=許出塁率、FIP=被本塁打・与四球・奪三振を使った防御率、WAR=平均選手と比べたときの総合評価

防御率はメジャー期間6年目の Dean Durston 投手(27 徳島ロングホーンズ)がトップ。勝利数は Tsugitsune Taneichi 投手(40 東海グリフィンズ)が16勝で自己最多を更新中。
最多セーブの Mei-shan Liu (26 エドモントン・オイルサンズ)は、セーブ失敗無し、防御率 0.77と絶好調。



*サリーグ 打撃成績

画像


昨季2冠(本塁打・打点)だった Ernesto Medina 外野手(26 台南ドラゴンズ)は本塁打キング。打率はメジャー期間4年目の若手 Randy Santegoeds (26 高知モナークス)がトップを走る。


*サリーグ 投手成績

画像


防御率・勝利数・セーブ数ともに、好調のプエルト・プラタ・バッカニアーズ勢がトップに君臨。
奪三振は、Yorinao Yoriuchi 投手(26 仙台フェニックス)で、ただ1人200越えの213個と2位以下を大きく引き離している。



*ケガ情報

7/2
・Yukiya Toyomizu 投手(41 東海グリフィンズ)

 慢性的な背中の痛み 全治4週間。15日間のDL(故障者リスト)に登録。

 メジャー期間16年目の右腕。今季からリリーフに転向。
 521試合に登板して、通算192勝162敗、9ホールド、防 4.03、奪三振2074。
 今季は25試合に登板して1勝3敗9ホールド、防 7.36。



*7/6時点のスリーグ順位表

画像

L10=最近10試合の成績
strk=連勝/連敗 Wx=X連勝中、Lx=X連敗中

オーシャン地区は、首位の信濃アプリコッツが4勝1敗、対する2位浜名パイレーツと3位湘南ホワイトシャークスは揃って1勝4敗と逆目になってゲーム差を拡げられた。

マウンテン地区は、東海グリフィンズが4勝1敗で首位安泰。シドニー・ウォンバッツ・エトルリアBC・徳島ロングホーンズは思うように白星を積み上げられず。

フォレスト地区は、2位のエドモントン・オイルサンズが5勝0敗で、首位との差を11から8に縮めた。



*7/6時点のサリーグ順位表

画像


オーシャン地区は、首位の甲府ワイナリーズが4勝1敗と好調をキープ。2位の博多は4連敗中と波に乗れず3から5ゲーム差に後退した。その結果、ソウルラクーンズとポートランド・ペンギンズが2位の博多を射程圏に捉えた。

マウンテン地区は、なにわタイガースと仙台フェニックスのデッドヒートは変わらず。3位の札幌ベアーズも何とか上位争いに踏みとどまっている。

フォレスト地区は、プエルト・プラタ・バッカニアーズが一人旅。地区優勝へのマジックは39。




次の記事


前の記事

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
前半戦終了と個人成績 [VLPB 架空野球リーグ レポ 7月その1] 架空と現実の雑記帳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる