架空と現実の雑記帳

アクセスカウンタ

zoom RSS Yuya、完全試合達成 [VLPB 架空野球リーグ レポ 9月その1]

<<   作成日時 : 2016/10/21 22:14   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

ウォールストリートの Yuya 投手が完全試合を達成したり、琉球の Makiyama 選手が3000本安打をマークしたり、レギュラーシーズンが終了して地区優勝チームなどプレーオフ進出チームが出揃った話など、シーズン最終盤の球界ニュースまとめ。


【野球シミュ暦15年 8/21〜9/22】

☆Yuya、完全試合達成!

9/8
画像

ウォールストリート・ブルズの Harukatsu Yuya 投手(25)が信濃アプリコッツ戦で史上4人目となる完全試合を達成した。

画像

この日は最速140キロ台後半のストレートにカーブとチェンジアップを織り交ぜて、ゴロアウト14、フライアウト9、三振4の投球内容だった。

ノーヒットのままイニングが進み、試合終盤にはチームメートは誰も Yuya に近づかなった。
けれども、偉業達成の瞬間、チームメートはマウンドに集まり、Yuya を揉みくちゃにした。歓喜の輪の中で、Yuya は拳を突き上げていました。

また、本拠地での達成に、詰めかけたファンも大騒ぎとなりました。


Toiguchi 監督(50)は、「Yuya は最後まで投球のテンポ、コントロール、球威、集中力などあらゆる面が良かった」と、若き右腕を称えました。



閑話休題
その昔、ベスプレで「投高打低、守備高」気味なオリジナルの成長ルールでやっていたせいか、1シーズンに複数試合がノーヒットノーラン(完全試合は10季に1度あるかどうか)になっていたのですが、

パラメーターも多く(パラ同士どう成績に影響しているのかわかりづらい)、本格的な野球シミュである OOTP でも確率的に年に1回くらいはノーヒットノーランが出てるし、完全試合も16季で4試合と意外と出るなぁという印象(悪い意味ではなく)。

現在、2軍制でドラフト入団も1球団5人と全選手が入れ替わるのに15〜16年かかる計算なので、一定のレベルまで成長してくる選手(主に野手)が相対的に不足気味なのかなぁ…とも思ったりしたが、向こうのMLBライクなオンラインリーグの歴史を見てみると、結構ノーヒットも完全も出ているので、出るときは出るという感じなのかな。

今回の完全試合は他地区の1位相手に達成したものなので、この価値は高いなと思いました。



☆Makiyama 3000本安打達成

9/5
琉球ドルフィンズの Shigeo Makiyama 1塁手(37)が倉敷マスカッツ戦でヒットを放ち、歴代5位となる通算3000本安打を達成した。

画像

      ※成績は直近10年

今季は9/5現在、率333(リーグ3位)、本32(同5位)、打点109(同5位)と好調。

■Makiyama 選手の略歴
00年、初回ドラフト(inaugural draft)1巡目で、金沢ゴールドリーフに入団。
07年にフリーエージェントになり、信濃・札幌を経て、13年オフに琉球と最大3年$4860万(48.6億円)で契約。

01・06年に打点王。オールスター出場9回。
本塁打数歴代2位、打点歴代1位。



*地区優勝決定経緯


8/27
*プエルト・プラタ・バッカニアーズが地区優勝

 王手をかけて臨んだアウェーでの倉敷マスカッツ戦で6−4と勝利して、サリーグ・フォレスト地区4連覇を達成した。
 プレーオフ進出も4年連続7回目。


9/6
*信濃アプリコッツがスリーグ・オーシャン地区王者

 王手をかけて臨んだ山形ウルトラウィングス戦で2−7と負けてしまったが、2位の東京エレファンツも負けたため、5シーズンぶり4度目の地区優勝が決まった。


9/7
*東海グリフィンズ、サヨナラで地区優勝決定

 マジック1として臨んだ湘南ホワイトシャークス戦で、4−3でサヨナラ勝ちして5シーズンぶり4回目のスリーグ・マウンテン地区の優勝を決めた。

 3年連続2位に甘んじていた Guerrieri 監督(50)も感慨ひとしおの様子。


9/14
*ウォールストリート・ブルズ、地区連覇

 昨季のVLPB王者が連覇に向けて、まずはスリーグ・フォレスト地区を制した。
 王手で迎えたこの日、敵地で神戸バイキングスに4−3で勝ち、地区連覇を決めた。


9/19
*甲府ワイナリーズ、地区3連覇

 1ゲーム差で迎えたこの日、マジック対象の2位ポートランド・ペンギンズと直接対決ダブルヘッダー。敵地での決戦だったが、6−2、5−1と連勝して、3年連続7度目のサリーグ・オーシャン地区の優勝を決めた。


*仙台フェニックス、地区2連覇
 王手をかけて2日足踏みが続いたが、高知モナークス戦に勝利して、2年連続6度目のサリーグ・マウンテン地区の優勝を決めた。


なお、ワイルドカード・スポットは、スリーグがエドモントン・オイルサンズ、サリーグが台南ドラゴンズに決まった。


*スリーグ順位表

画像

L10=最近10試合の成績
strk=連勝/連敗 Wx=X連勝中、Lx=X連敗中

*スリーグ・ワイルドカード争い(1枠)

画像



*サリーグ順位表

画像


*サリーグ・ワイルドカード争い(1枠)

画像




☆その他の主なニュース


8/25
・Elliot Ramos 投手(27 ウォールストリート・ブルズ)

 エドモントン・オイルサンズ戦で2安打・6奪三振・無四球で完封勝利。今季15勝目(11敗)を挙げる。  


・Yorinao Yoriuchi 投手(27 仙台フェニックス)07年ドラ1くん
 札幌ベアーズ戦で9奪三振をマークして、両リーグを通じて300奪三振いちばん乗り。


8/28
・Dan McKeochan 投手(27 ポートランド・ペンギンズ)

 鳥取サイクロンズ打線を6安打・9奪三振・無四球でシャットアウト。サリーグ2位タイとなる19勝目(11敗)をマークした。


8/30
・Tim Snel 1塁手(29 上海コンドルズ)

画像

 エトルリアBC戦でサイクル安打を達成した。


8/31
・Elliot Ramos 投手(27 ウォールストリート・ブルズ)

画像

 ヴィラ・クララ・サンダーボルツ打線を2安打完封。今季16勝目。
 8/25のエドモントン戦に続いて、2試合連続で2安打完封勝利。

 今季アルバ・リーグからFAでVLPB入りした新人投手ですが、1年目から大車輪の活躍です。
 そう言えば、前年22勝の Parker 投手を差し置いて開幕ピッチャーに起用されてましたっけ。いきなり新人の起用に大丈夫かと思いましたが、Toiguchi 監督(49)の目は確かだったようです。
開幕戦記事はこちら


9/1
・Jorge Flores 投手(30 エドモントン・オイルサンズ)

 東海グリフィンズ打線を1安打・無四球でシャットアウト。スリーグ2位タイの18勝目をマーク。防御率(1.80)ではスリーグトップに躍り出た。


9/9
・Shigeo Makiyama 1塁手(37 琉球ドルフィンズ)

 プエルト・プラタ・バッカニアーズ戦でノーヒットに終わり、連続試合安打が30でストップ。
 しかし、自己記録を27から30に伸ばした。


9/12
・Dan McKeochan 投手(27 ポートランド・ペンギンズ)

 高知モナークス戦で自己最多の14奪三振の快投を見せて、6連勝で今季21勝目(11敗)をマーク。


9/19
・Ernesto Medina 外野手(27 台南ドラゴンズ)09年ドラ1くん

 船橋フロンティアーズ戦で2ランホームランを放ち、両リーグを通じて50号いちばん乗り。


9/20
・Mei-shan Liu 投手(26 エドモントン・オイルサンズ)

 ヴィラ・クララ・サンダーボルツ戦でセーブを記録して、両リーグを通じて50セーブ1番乗り。


・Sumichika Tanidaira 外野手(23 青森レジェンズ)
画像

 エトルリアBC戦で、3本塁打・6打点と爆発。しかし、チームは8−9と逆転負けでガックリ。
 第1打席2ラン、第3打席ソロ、第4打席3ラン。



*契約

8/31
・Randy Santegoeds 遊撃手(26 高知モナークス)

 最大6年総額$3222万(32.2億円)で契約を延長(16〜21年)。ただし、5年目以降はプレーヤーオプション(選手側に選択権)。
画像

      ※14年上段は3A桂浜での成績。

 8/31現在、サリーグ首位打者で、ホームランは5本と少ないけれど打点62とチーム3位の成績で中軸を任されている。

*契約内容

画像

メジャー4年目の今季の年俸は$320万で、来季は$20万アップと、首位打者のタイトルを獲ろうかというのに、あまりアップしませんね。
でも、Morale(意欲) は Great なんで、とても機嫌は良さそうです(笑)。



*ケガ情報

8/24
・Koujirou Kashiwazaki 1塁手(44 ヴィラ・クララ・サンダーボルツ)

 膝内側側副靭帯損傷 全治7か月。60日間のDL(故障者リスト)に登録。
画像

メジャー16年目の大ベテラン選手。
通算2446安打、率289、本520(歴代3位)、打点1554(同4位)、盗塁10、長打率539。

44歳という高齢ながら、今季は本塁打・打点ともチーム2位の成績を挙げるなど奮闘しておりました。
残念ながら、8/20の試合で走塁中にやっちゃいました。


・Mitsuhiro Saga 投手(26 甲府ワイナリーズ)
 肩の炎症 全治4か月。60日間のDL(故障者リスト)に登録。

 メジャー期間5年目、12年から先発転向。
 通算51勝38敗、1セーブ、15ホールド、防 4.27、奪三振380。
 今季は19試合に先発して、9勝4敗、防 3.68、奪三振53、QS%=57。


次の記事


前の記事

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
Yuya、完全試合達成 [VLPB 架空野球リーグ レポ 9月その1] 架空と現実の雑記帳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる