架空と現実の雑記帳

アクセスカウンタ

zoom RSS ドラ1くん 成長記 Vol.3 [VLPB 架空リーグ 月間レポート 7月番外編]

<<   作成日時 : 2016/05/07 22:39   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

将来のスター候補生の成長過程を見守っていこうという例のコーナー。ドラフト全体1位(完全ウェーバー制のドラフトで、1番最初に指名された選手)にスポットを当てています。今回の Vol.3 は、13年(野球シミュ暦)の前半戦を終えての彼らの動向チェックです。


☆ドラ1くん(全体1位)たちの前半戦


(上から07年〜)

☆07年 Yorinao Yoriuchi 投手(24 仙台フェニックス)
 22試合に先発して10勝3敗、防 3.22。
 エースとして、チームトップの勝ち星と防御率。QS%(クォリティースタート率)=.682もチームトップ。


☆08年 Takanao Ueda 投手(27 神戸バイキングス)
 21試合に先発して8勝9敗、防4.43、QS%=.476。ローテ3番目で、勝ち星はチーム2位タイ。
 4月は5勝1敗、防 2.36 の好成績も、5・6月は不調でそれぞれ1勝しかできなかった。


☆09年 Ernesto Medina 外野手(24 台南ドラゴンズ)
 96試合に出場して、率 .317、本31、点84、盗塁5をマーク。
 本塁打数はサリーグ1位で、昨季(12年)記録した自己最多37まであと6本と迫る。
 3番を任されているが、クリーンアップでは文句なしの成績で打線を引っ張っている。


☆10年 Yukihito Tokida 投手(22 東京エレファンツ)
 21試合にリリーフ登板して、3勝2敗2ホールド。
 試合を締めくくったのは9回。セーブ機会3回のうち、失敗1。引き継ぎ走者をのべ16人背負い、生還を許したのは6人。 


☆11年 Ryuusei Miyato 捕手(21 鳥取サイクロンズ)
 開幕2戦目に代打で起用されて、メジャー初打席初安打をマークしたが、4/1にAAA倉吉に降格。
 メジャーでは5試合の出場にとどまり、7打数2安打、打点2。
 AAAでは76試合に出場して、率 .303、本10、点40、盗塁0をマーク。


☆12年 Tony Vazquez 投手(19 鳥取サイクロンズ)
 AAA倉吉。
 AAAでは先発と中継ぎを経験中。34試合に登板して4勝5敗4セーブ5ホールド。


◇12年 Amita Inamura 二塁手(22 エドモントン・オイルサンズ)
 40人枠に登録されるも開幕はマイナー。
 7/6にメジャー昇格(前の記事)。1試合の出場で3打数1安打。 
 AAAでは82試合に出場して、率 .280、本7、点43、盗塁9をマーク。

 (元ネタは、神スイングでお馴染みの稲村亜美さんです)



VLPB   次の記事   前の記事


ドラ1成長記   次の記事   前の記事

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ドラ1くん 成長記 Vol.3 [VLPB 架空リーグ 月間レポート 7月番外編] 架空と現実の雑記帳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる