架空と現実の雑記帳

アクセスカウンタ

zoom RSS 13季 地区シリーズ [VLPB 野球 プレーオフ・レポート その1]

<<   作成日時 : 2016/05/31 22:23   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

13年(野球シミュ暦)シーズンのプレーオフが開幕。まずはディビジョナル・プレーオフ(地区シリーズ)が始まりました。リーグ決勝シリーズに勝ち上がるのはどのチームなんでしょうか。

【野球シミュ暦13年 9/25〜10/3】


・第1戦 9/25
画像


ヴィラ・クララは2回裏、2死2塁から相手センターのエラーで1点を先制した。6回裏には、2死3塁で6番 Shiflett (31)のライト線へのタイムリーヒットが出て、2−0とした。

投げては、先発の Alonzo (32)が9/8以来の完投で、今季初となる完封勝利をマークした。


徳島 ○   東海  ●
湘南 ●   ヴィラ ○


台南 ●   甲府  ●
琉球 ○   プエル ○



・第2戦 9/26
画像


台南ドラゴンズは1回表に連続ヒットで1死2・3塁とチャンスを広げると、4番 Martunez (24)のライトオーバーのタイムリー2塁打で2点を先取した。

一方、琉球は2回裏に暴投で1点を返すと、試合中盤に2番 Isoya (27)・5番 Mendez (27)のソロ本塁打が飛び出すなど、5−4と1点リードして9回を迎えた。

台南は9回表、琉球守護神・Ikegami (24)をとらえる。
連続ヒットで1死2・3塁とすると、2番 Corringham (27)の3遊間を破る2点タイムリーで、あっという間に6−5と逆転に成功した。

ところが、ドラマはこれで終わらず。
その裏、琉球はヒットと送りバントで1死2塁とチャンスを広げると、2番(途中出場)Okudera (31)がすかさずショートオーバーの適時打を放って同点に追いつく。さらに、3番 Otokawa (29)がライトスタンドに特大アーチを放りこみ、琉球が劇的なサヨナラ勝ちを収めた。

なお、琉球先発の Kikuchi 投手(35)は、この試合台南打線から15個の三振を奪って、サリーグプレーオフ新記録を樹立した。


徳島 ○●   東海  ●●
湘南 ●○   ヴィラ ○○


台南 ●●   甲府  ●●
琉球 ○○   プエル ○○



・第3戦 9/28
画像


徳島は2回裏に9番 Esparza (25)の内野ゴロの間に1点を先制した。その Esparza は、5回にもレフトにソロ本塁打を放って打点を挙げて、チームも2−0とリードして前半戦を終えた。

湘南は直後の6回表に2番 Oomoto (41)が右中間にヒットを放って、1塁走者を迎え入れて、1−2とした。しかし、徳島先発の Durston (26)の球威のある155キロの直球を中心とした投球の前に打線はチャンスらしいチャンスは作れなかった。

Durston は8回を投げて被安打3、失点1、奪三振10をマークして、勝ち投手になった。


湘南 ●○●   ヴィラ ○○●
徳島 ○●○   東海  ●●○


プエル ○○○   琉球 ○○○
甲府  ●●●   台南 ●●●



・第4戦 9/29
画像


☆プエルト・プラタ、サリーグ決勝へ


1−1で迎えた6回表、プエルト・プラタは7番 Ukada (27)がライトへ勝ち越しソロ本塁打を放った。Ukada は8回にも2塁に走者を置いて右中間に2ランを打ち、チームの勝利をグッと引き寄せた。

投げては、先発の Kawayama (23)が8回を投げて甲府打線をヒット5本の1失点に抑える好投を見せた。

勝ったプエルト・プラタは4連勝で、サイバーリーグ決勝シリーズへと駒を進めた。



☆琉球4連勝で、サリーグ決勝へ


3連敗で王手をかけられた台南ドラゴンズは、1回裏に1死満塁から5番 Takayama (27)の犠飛で1点を先制した。

台南はチームの勝ち頭で今季19勝の Fujikage 投手(36)で必勝態勢。

ヒットが出るものの、得点につながらなかった琉球は、その Fujikage を5回にとらえた。
2番から始まったこの回、1死満塁として内野ゴロの間に同点に追いつくと、四球で満塁になった後、8番 Vloet (34)がレフト前にしぶとく落として、2−1と一気に勝ち越した。

琉球は、先発の Brandini (31)が7回1失点で投げきると、8回裏は Kaiga (41)ーBachman (23)ーMatsuzuka (27)の3投手をつぎこみ、9回はクローザーの Ikegami (24)で締めくくった。

接戦を制した琉球が4連勝でサリーグ決勝に進出した。

台南は主軸の Medina 外野手(25)のケガによる欠場が響いた。
その Medina は翌日復帰の予定だったが、チームがまさかの4連敗で出番なく今季が終わった。



湘南 ●○●○   ヴィラ ○○●○
徳島 ○●○●   東海  ●●○●


プエル ○○○○   琉球 ○○○○
甲府  ●●●●   台南 ●●●●



・第5戦 9/30
画像


☆ヴィラ・クララ、スリーグ決勝へ


3勝1敗と王手をかけたヴィラ・クララが先制した。
1回表、2死2塁で4番 Auriol (38)の3塁手左を破るヒットで2塁ランナーが先制のホームを踏んだ。さらに、四球で1・2塁として6番 Anraku (27)のレフト前タイムリーで2点目を追加した。

一方、前回VLPB王者の東海は2回裏に、7番 Ooi (26)のソロ本塁打で1点を返す。

その後、ヴィラ・クララが4回と6回に得点を挙げて突き放しにかかると、東海も6番 Kuwae (39)が2打席連続アーチを放つなど懸命に追いすがった。

しかし、先手を取りつづけたヴィラ・クララが1点差のまま逃げ切り、勝利。4勝1敗でスポーツリーグ決勝へコマを進めた。



湘南 ●○●○○   ヴィラ ○○●○○
徳島 ○●○●●   東海  ●●○●●


プエル ○○○○   琉球 ○○○○
甲府  ●●●●   台南 ●●●●



・第6戦 10/2
画像


徳島先発の Durston (26)は第3戦に続いて好投。2本のソロ本塁打を浴びたものの、湘南打線から10個の三振を奪うなど被安打6で8回を投げぬいた。

勝った徳島は3勝3敗として逆王手をかけた。



徳島 ○●○●●○   ヴィラ ○○●○○
湘南 ●○●○○●   東海  ●●○●●


プエル ○○○○   琉球 ○○○○
甲府  ●●●●   台南 ●●●●



・第7戦 10/3
画像


徳島、スリーグ決勝進出


1−1で迎えた7回表、均衡は徳島の8番 Hampden (32)のソロ本塁打で破れた。さらに、1死2・3塁で相手外野手のエラーで1点を勝ち越し。さらに内野ゴロの間にもう1点を追加して4−1とした。

8回裏に1点を返された徳島だったが、9回表に1死1塁で2番 Sonogami (25)の2塁打で1点。続く Migisawa (32)のダメ押しとなる2ランも飛びだして、熱戦にケリをつけた。

勝った徳島は、スリーグ決勝でヴィラ・クララ・サンダーボルツと対戦する。



徳島 ○●○●●○○   ヴィラ ○○●○○
湘南 ●○●○○●●   東海  ●●○●●


プエル ○○○○   琉球 ○○○○
甲府  ●●●●   台南 ●●●●



*プレーオフ組み合わせ


徳島ロングホーンズ vs ヴィラ・クララ・サンダーボルツ

琉球ドルフィンズ vs プエルト・プラタ・バッカニアーズ



☆その他の主なニュース


*契約

9/28
・Kagemune Ataku 投手(24 下関ディアーズ)
 5年総額$3130万(31.3億円)で契約延長(14〜18年)。

・Hideyasu Masuhira 三塁手(25 札幌ベアーズ)
 5年総額$4100万(41億円)で契約延長(14〜18年)。

・Yasutoshi Kumakura 投手(27 鳥取サイクロンズ)
 年俸$750万(7.5億円)で1年延長(14年)。

・Teruo Itajima 一塁手(26 高知モナークス)
 5年総額$4100万(41億円)で契約延長(14〜18年)。

・Hideki Ukada 外野手(27 プエルト・プラタ・バッカニアーズ)
 年俸$600万(6億円)で1年延長(14年)。

・Ernesto Medina 外野手(25 台南ドラゴンズ)09年ドラ1くん
 年俸$600万(6億円)で1年延長(14年)。

9/29
・Takenobu Kunda 投手(29 エトルリアBC)

 年俸$850万(8.5億円)で1年延長(14年)。

9/30
・Tomoya Guuji 捕手(30 甲府ワイナリーズ)

 年俸$850万(8.5億円)で1年延長(14年)。

10/1
・Juan Jose Valencia 投手(27 徳島ロングホーンズ)

 年俸$850万(8.5億円)で1年延長(14年)。

10/3
・Kunitada Okinaka 三塁手(29 エトルリアBC)

 年俸$700万(7億円)で1年延長(14年)。

10/4
・Arihito Nishimi 一塁手(35 東海グリフィンズ)

 最大3年総額$3750万(37.5億円)で契約延長(14〜16年)。ただし、3年目はベスティングオプション(2年目530打席クリアが条件)。



*ケガ情報

9/29
・Sven Reijnen (29 ヴィラ・クララ・サンダーボルツ)

 腹斜筋の肉離れ 全治5週間。当初はDL(故障者リスト)に登録しない方針だったが、10/1に15日間のDL(故障者リスト)に登録。

 右中間の飛球キャッチの際に痛めた模様。
 メジャー通算、1589安打、率313、本97、打点629、盗塁148。
 今季は、全156試合に出場して、率311、本15、打点84、盗塁13。



次の記事


前の記事

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
13季 地区シリーズ [VLPB 野球 プレーオフ・レポート その1] 架空と現実の雑記帳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる